【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【エンジニアとしての適性をチェックしよう!】「エンジニア適性検査」の代表的な種類と特長について

ノートパソコンで仕事をする人 転職ノウハウ
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは、「エンジニアの適性検査」についてです。
 

この記事では、

  • 自分がエンジニアに向いているか知る方法には、どんなものがあるの?
     
  • エンジニアの適性検査には、どんな種類や特徴があるの?

といった疑問にお答えしています。

 

この記事のポイント

この記事のポイントは、以下のとおりです。

 

・「エンジニアに向いているかチェックする方法」を知りたい人

 

・「エンジニアの適性検査」の種類と特徴が分かる

 

 

今回のテーマは、「エンジニアの適性検査」についてです。

 

IT業界やエンジニアの仕事に興味を持っている人は、

 

・「自分ってエンジニアに向いているのかな?」

 

と不安に感じる人もいると思います。

 

そんな方には、プログラマーやエンジニアの「適性検査」を受けてみるのがおすすめです。

 

そこで今回は、IT業界のエンジニアになりたい方におすすめの、「エンジニア適性検査の種類と特長」についてご紹介していきます。

 

「自分がエンジニアに向いているのか気になっている」人は、参考にどうぞ。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

 

エンジニア歴は10年以上。

 

【主な開発スキル】

 ・Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

【経験した業務】
 ・企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、
  研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

スポンサーリンク

「エンジニアの適性検査」とは?

山積みされた書籍の上に置かれたメガネ

エンジニアの適性検査とは、性格や思考パターンが「エンジニアに向いているかどうか?」という適性を診断するための検査の事です。

 

性格診断テストやSPIなどの試験を受験した事がある方は、そういった試験に近いものと考えてもらえば、イメージしやすいかと思います。

 

「エンジニアの適性検査」は、システム関連の会社などで特に活用されており、新入社員の筆記試験でも利用されるケースも多く見られます。

 

適性検査で出題される問題には様々なものがありますが、大きく分けると
性格や行動パターンなど、エンジニアとしての仕事への向き合い方を診断するタイプと、数列や処理内容を検討して、「論理的な思考力」を測るタイプの2つのタイプがあります。

 

  1.  本人の性格や行動パターンといった、仕事や問題との向き合い方に関するタイプの試験
  2. 数列の規則性やパターンを読取り、論理的な解決方法を作成するタイプの試験

代表的な「エンジニア適性検査」

パソコンを見ながら談笑する3人の男性

「エンジニア適性検査」には色々なものがありますが、システム開発会社などのIT企業で特に利用されている有名なものとして、

 

  1. 「ATPP」
  2. 「CAB」
  3. 「GAB」

 

の3つの種類があります。

 

それぞれ順番に紹介していきます。

①ATPP

「ATPP」とは、コンピューターメーカーとして世界的に有名なIBMが作成/提供している、エンジニア向けの適性検査です。

 

この試験の特徴は、数列を用いた問題や数学など、数字を使ってロジカルな回答を求める問題が出題されるポイントです。

 

システム開発やプログラミングを行うのに必要な「論理的思考力」をはかるように出来ています。

②CAB

「CAB」は、世界最大級の人事アセスメント/コンサル企業のSHL社が作成/提供する適性検査です。

 

この試験は、IT企業の採用試験でよく利用されており、特に計算や法則性、暗号などの問題により、「論理的な思考力」を測定する試験となっています。

 

システムエンジニアやプログラマーとしての適性チェックを主な目的として作られています。

③GAB

「GAB」は、先ほど解説した「CAB」と同じく、SHL社が作成/提供する「適性検査」です。

 

この試験は、言語や計算能力などの、一般的な社会人としての能力や適性を測定するテストで、様々な企業の採用試験で利用されています。

 

社会人としての適性を測定するテストですが、エンジニア採用の筆記試験でもよく利用されています。

スポンサーリンク

「適性検査」が無料で受けられるサイト

エンジニアの適性検査は、就職活動の採用試験として受けたり、対策本などを利用する事で挑戦する事が可能ですが、オンラインで無料でエンジニアの適性検査を受けられるサイトもいくつか存在します。

 

IT業界の仕事にチャレンジしてみたい方や、エンジニアとしての適性をチェックしてみたい方は、以下のサイトで無料診断に挑戦してみるのをおすすめします。

マナラボ

「マナラボ」とは、就職や転職活動で役立つビジネスマナーや情報を発信するサイトです。

 

「マナラボ」で公開されている「適性検査」では、「CAB」形式のエンジニアの「適性検査」が無料で受けられます。

 

「暗算」「法則性」「命令表」「暗号」の4分野の問題が出題されるため、エンジニア/プログラマー向けの「適性検査」を受けてみたい方におすすめです。

 

3分で力試し!エンジニアやプログラマーの適性がわかる『CABテスト』 | マナラボ
非エンジニアのあなたもチャレンジ!

一般財団法人 エンジニアリング協会

「一般財団法人 エンジニアリング協会」が公開している「適性検査」は、「性格診断」タイプの「適性検査」です。

 

あなたの性格や価値観、思考パターンがエンジニアに向いているかを診断できます。

 

「マナラボ」と「エンジニアリング協会」の両方で公開されている「適職診断」を受けてみることで、「論理的思考力」と「性格診断」の両方の側面から適性のチェックが行えます。

 

エンジニアの仕事に適性があるかチェックしてみたい方は、ぜひ2つのテストを受けてみることをオススメします。

 

適性診断 | 一般財団法人エンジニアリング協会(ENAA)
エンジニアリング協会は、産学官の密接な協力により技術立国日本のエンジニアリング産業の社会的プレゼンスを高めるとともに、会員の英知と技術を結集して持続可能な社会の発展に貢献いたします。

まとめ

今回は、エンジニアの「適性検査」の代表的な種類と特徴についてご紹介しました。

 

「適性検査」を受けてみることで、自分がエンジニアにどのくらい向いているのかを判断する材料が手に入るのでおすすめです。

 

IT業界の仕事に少しでも興味がある方は、今回ご紹介した無料の「適性検査」を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

このサイトでは、無料の「エージェント診断」を実施しています。
簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりのエージェントが分かります。

現役エンジニアの僕がIT業界に強いエージェントを厳選しているので
「未経験からエンジニアへの転職」でも安心です!

IT業界やエンジニアの仕事に興味がある方は、参考にどうぞ!

関連記事「あなたに最適なエージェントが分かる!」エージェント診断

 

 

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

転職ノウハウ
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました