【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「Step3:情報収集」のポイントについて

図書館で情報収集する女性 「事前準備期間」のスケジュールと対策
スポンサーリンク

「事前準備期間」の3つ目のステップは「情報収集」を行う期間です。

転職活動においては、転職先の業界や企業の情報収集をいかに的確に行い、正確な職場イメージを持って転職活動が行えるかが重要なポイントとなってきます。

今回は、実際に転職活動を行う際の指針の一つとなる、「Step3:情報収集」のポイントについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

情報収集の重要性

転職活動を成功させるためには、興味のある業界や企業、職種についての「正確な情報が収集出来ているか」が重要なポイントとなります。

将来働きたい業界や企業、なりたいエンジニアのイメージが最初から明確に決まっている場合は無用な心配になるかもしれませんが、業界や職種について誤解していたり、調査不足でイメージしきれていない仕事内容もあるかもしれません。

転職後のギャップを無くしてスムーズに転職先に順応するためにも、具体的な活動を始める前に、業界研究や企業研究などを通して、しっかりと情報収集をしておくのが無難と言えます。

また、転職先の業界や企業に関する情報は、一般的な企業説明会でも収集することは可能ですが、企業側から発信された情報だけを頼りにしているようでは、十分な情報量を集めたとは言えません。

事前の情報収集が不十分だったために、イメージしていた仕事内容と実際の職場にギャップがあった場合には、転職後に後悔する結果となってしまいます。

こうした仕事イメージのギャップは、転職活動の満足度を大きく左右する事にも繋がりますが、事前のちょっとした行動で未然に防ぐことが可能です。

ここからは、転職活動時に収集すべき情報の種類と、情報収集の方法についてご紹介して行きます。

 

■「Step3:情報収集」のイメージ図

転職活動のStep3:情報収集のイメージ図

 

収集すべき「4つの情報」

転職活動の際に収集すべき情報には、大きく分けると「業界情報」「企業情報」「職種情報」「求人情報」の4つの情報があります。

転職活動を終わらせた後には、仮に未経験からの転職の場合でも、業界や企業、職種の情報を熟知している前提で仕事を振られるのが一般的です。

そのため、あらかじめ転職先の「業界情報」「企業情報」「職種情報」についての理解を深めた上で、自分に最適な「求人情報」は何かを検討しておく必要があります。

エンジニアの転職活動では、まず最初に「業界情報」を収集・研究してIT業界の大まかなイメージを掴んでから、各業界に属する「企業情報」を把握し、続いて現場で活躍する「エンジニアの職種情報」を調べるといった具合に、徐々に興味のある内容に落とし込んで情報収集と研究をしていくのがベストです。

興味のあるエンジニアの職種について真っ先に調べたい気持ちも分かりますが、いきなりピンポイントで職種から調べてしまうと、各業界の特徴や違いが曖昧なまま転職活動を進めてしまうことにもなりかねません。

業界や企業の研究を行い、携わりたい仕事のイメージが明確になった上で、求人情報の収集をすることで、ギャップを持つことなく転職先に順応できる可能性が高まります。

ここからは、4つの情報を収集する際のポイントについてご紹介します。

 

【情報①】「業界情報」の収集と研究

情報収集の手始めとして、まずはIT分野で活躍をしている各業界の情報収集から開始していきましょう。

業界情報は最も情報の粒度が大きい情報のため、比較的情報が集めやすく、各業界が取り扱う仕事についてのイメージを付けやすいのが特徴です。

この段階で、しっかりと各業界の違いをイメージしておき、自分が最もやりたい仕事がどの業界に属しているのかを把握しておくことが重要となります。

また、未経験の業界に挑戦する場合には、業界研究と並行して、自分がIT分野の仕事のどのような部分に興味をひかれているのか、興味のあるジャンルや理由を明確にしておきましょう。

業界研究では、新聞、書籍、インターネットなどから情報収集を行うのが一般的ですが、業界の情報を体系的に理解する為には、専門の書籍を利用するのがおすすめです。

各業界の概要については多くの出版社から業界研究本が出版されているため、まずは自分に合ったものを1冊決めて熟読し、業界の概要を把握するのが効率的です。

 

【情報②】「企業情報」の収集と研究

IT業界の各業界の特徴や違いについてイメージが出来てきたら、続いて各業界内の企業研究に進んでいきましょう。

挑戦したい業界を明確に決めている場合には、1つの業界に絞り込んで調査をしてみても良いですが、まずは各業界の代表企業にどんなものがあるのかを調べてみて、特に興味のある業界の企業や事業内容について掘り下げていく方法が、情報をまんべんなく確認できるためおすすめです。

企業研究を行う際には、企業ホームページや書籍等、多くの情報源がありますが、各業界に参加する企業の概要や規模感について客観的に知る方法として、「会社四季報」を活用するのが情報の信頼性が高くおすすめです。

 

【情報③】「職種情報」の収集と研究

IT業界の各業界や企業について理解が深まってきたら、続いて職種についての調査を行います。

単にIT業界のエンジニアになりたいと言っても、エンジニアには複数の種類が存在し、業界や企業によってエンジニアの働き方は大きく異なります。

エンジニアとして理想の活躍をする為には、各エンジニアの仕事内容や働き方といった、職種についても十分に研究しておく必要があります。

エンジニアの職種について調べる際にも、インターネットや書籍に頼るのが効率的です。

近年のインターネットの普及によって、ネット上に多くの情報が飛び交っているため、代表的なエンジニアの職種や仕事内容については、インターネット上である程度調べる事が可能です。

ただし、インターネットで情報を検索する場合には、情報収集に時間が掛かってしまう場合があります。

エンジニアの職種について短時間に効率良く情報収集をするには、転職情報サイトの説明を読んだり、職種研究の専門書籍など、専門性の高い情報サイトや書籍を利用するのがおすすめです。

 

【情報④】「求人情報」の収集と研究

業界や企業、職種の研究が出来たら、いよいよ企業の求人情報の収集に入って行きます。

企業の求人情報は、企業のホームページや説明会でも入手出来ますが、インターネットやエージェント等の様々な媒体から情報収集が行えます。

興味のある業界や企業についてより多くの情報を収集する為には、イベントに参加したり、エージェントを活用するなど、自分から積極的に多くの情報媒体に触れるように心掛けておきましょう。

また、求人情報を調べる際には、採用の条件や人材に求めるスキル等の情報を確認し、自分の強みや今後の仕事で活用していきたい内容と合致しているのかを確認する事が重要となります。

多くの求人情報を収集して、自分の強みが最も活かせる企業が見つけられるように注意して行動しましょう。

 

求人情報収集の「6つの方法」

各企業の求人情報を収集する方法には、転職フェアやエージェントなど様々なものがあります。

転職活動では即戦力が求められるという性質から、出来るだけ短期の間に決着をつけるべき場合が多く、自分に合ったタイミングで最適な求人を見つける必要があります。

その為、転職活動を行う際には、より短期間で自分にとってのベストな転職先が見つけられるように、利用できるものは全て活用するようにしましょう。

ここでは、求人情報を収集する際に役に立つ、「情報収集の6つの方法」についてご紹介していきます。

 

【方法①】転職情報サイト/求人サイト

転職情報サイトや求人サイトは、多くの業界の求人情報を掲載しているサイト型の情報提供媒体です。

会員登録の際に希望の業界や職種などの希望条件を設定しておく事で、希望の条件に合致した求人情報がチェックでき、求人情報の検索から内容確認、エントリーまで実施できます。

情報収集からエントリーまでをネット上で実施できるため、仕事の合間や帰宅後のスキマ時間を有効活用して情報収集が行えるため非常に便利です。

転職情報サイトは、幅広い業界の情報や企業が求める人材イメージを収集したい場合におすすめの情報収集の方法の1つです。

 

【方法②】転職エージェント

転職エージェントは、優秀な人材を求める企業に提携したエージェント企業に登録を行い、自分の能力や希望条件に合致した求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは、求人を求める企業と提携しており、適切な人材の紹介が成立した時点で企業からエージェントに対して支払いが行われるシステムを採用しています。

このため、求職者は無料でサービスを受ける事が出来ます。

エージェント企業と提携した企業の情報がメインで紹介されている事から、転職サイトなどで一般公募が行われていない非公開の求人情報も扱われているなど、一般の求人よりも好条件の求人情報が提供される点が特徴です。

転職エージェントでは、専門の転職コンサルタントがアドバイスをしてくれたり、希望条件に合う求人情報を優先的に紹介してくれたりと、転職希望者に嬉しいサポート体制が整っています。

また、最近では、ITエンジニアに特化した転職エージェントも多数発足されていることから、エンジニアへの転職を検討されている方には、特におすすめの情報収集方法となっています。

 

【方法③】転職フェア

転職フェアは、転職サイトやエージェント、業界企業などのさまざま団体が主催して開催される転職希望者向けのイベントです。

転職フェアの趣旨やメインの業界などにもよりますが、多くの企業が参加する事から、効率的に情報収集を行う事が出来ます。

具体的にどの企業にエントリーするか絞り切れていない場合や、企業研究の際に一度に多くの企業情報を収集したい場合に参加すると、業界や企業の情報を比較する事が出来るため、おすすめです。

転職フェアに参加するもう一つのメリットとして、その場で企業の採用担当者との個別面談を行って、企業に対する質疑応答が行える点があります。

直接企業の担当者から情報収集が行えるまたとないチャンスですので、興味のある業界や企業が参加するフェアには、積極的に利用するように心掛けましょう。

 

【方法④】ハローワーク

ハローワークとは、国が運営する職業紹介を行う事業者のことです。

国によって運営されている事業のため、転職希望者は完全無料でサービスの利用が出来、窓口での相談や自己分析、面接対策などの様々なサポートを受ける事が出来ます。

全国各地に支店があるころから、多くの求人情報を取り扱っており、インターネットでも求人情報を確認する事が可能です。

国営ということもあり、民間の求人紹介サイトとはひと味違った求人情報が掲載されている事もあるため、情報収集の幅を広げる意味でも一度足を運んでみると良いかもしれません。

 

【方法⑤】企業の個別ホームページ

企業の個別ホームページは、企業自体のホームぺージの「求人情報」ページを定期的に参照して、情報収集を行う方法です。

自分にベストな転職先を見つけるためには、出来るだけ多くの方法で幅広く求人情報を探すのが理想ですが、自分が気になる企業が決まっている場合には、まずは気になる企業のホームページから求人情報を確認して、中途採用の募集が行われているか確認してみましょう。

 

【方法⑥】友人/知人の紹介

転職活動においては、友人や知人からの紹介で転職先を見つけるケースも少なくありません。

私たちが普段意識していないだけで、自分が希望している業界や職種で、ちょうど人材を求めている企業が身近にあるかもしれません。

そういった可能性を見落とさない為にも、興味のある業界で働いている知人がいる場合には、積極的に連絡を取って話を聞いてみるようにしましょう。

求人情報が手に入らなくても、実際に現場で働いている人からの情報は、業界研究や企業研究に役に立つ貴重な情報となります。

情報収集の際には、細かい情報も取りこぼす事が無いように、知らない事や興味がある事には積極的に飛び込んで情報の収集を行うように心掛けましょう。

 

まとめ

今回は、「事前準備期間」の「情報収集」のポイントについてご紹介しました。

転職活動における情報収集と研究を行う際には、可能な限り多くの情報を仕入れるのが鉄則です。

転職情報サイトなどが扱う求人情報には、転職先の企業が求めるスキルや経験が記載されている事も多いため、掲載情報を細かくチェックする事で、企業の求める人材像を具体的にイメージしやすくなります。

このような事から、1つの情報媒体に頼るのではなく、多くの情報源から情報を収集する事で、転職活動の成功率を引き上げる事が出来ます。

転職活動時には、出来るだけ多くの情報源から情報収集を行い、自分のスキルや経験、価値が最大限に活かせる環境を見つるように心掛けましょう。

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

「事前準備期間」のスケジュールと対策
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました