【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

実は自由度が高い!ITエンジニアの「働きやすさ」について

おしゃれなオフィスで働く4人のプロジェクトメンバー ITエンジニアについて
スポンサーリンク

IT業界の仕事のイメージとして「残業時間が長い」「休みが取りづらい」「仕事がきつい」などのハードワークなイメージを持たれている方も少なくありません。

しかし、IT業界の多くの企業は、エンジニアが働きやすい環境を整えるために様々な制度を取り入れて「自由度の高い職場づくり」を積極的に行っている事はご存知でしょうか?

今回は、エンジニアの仕事の「自由度の高さ」と「働きやすさ」についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

エンジニアのための「自由度の高い職場環境づくり」

ノートパソコンを操作する人

エンジニアの仕事は「プロジェクト」単位で作業が進んでいくため、いつ忙しくなるか事前に分かりづらい部分があります。

また、納期の直前や緊急性の高い仕事が発生した場合には、長時間の労働や即時の対応が求められるケースがあるため、不規則な生活リズムになる可能性も少なからずあります。

一方で、エンジニアの仕事は常に「クリエイティブさ」や「正確さ」が求められる仕事です。

エンジニアがいつでもモチベーションを高く保ち、パフォーマンスの高い仕事が行えるように「働きやすい環境を整える」ことが企業にとって非常に重要な課題となっています。

このような背景から、エンジニアがより快適に自由な働き方ができるように、革新的なオフィス環境や働き方を導入している企業が増えています。

ここからは、「自由度の高い職場づくり」のために、近年のIT企業で導入され始めた、5つの働き方の制度についてご紹介していきます。

出勤時間が自由に決められる「フレックスタイム」制度

エンジニアの「自由度の高い働き方」の1つ目として、「フレックスタイム」制度の導入があります。

IT企業は「プロジェクト」単位で作業管理を行うため、受け持つ仕事ごとに作業量や勤務時間が大幅に異なるという特徴があります。

このような仕事の特徴から、IT企業では各個人の働きやすい時間帯に合わせて出勤時間の調整が行える「フレックスタイム」を導入する企業が増えてきています。

「フレックスタイム」は、約8時間の1日の勤務時間のうち「コアタイム」と呼ばれる主要な勤務時間内に会社に出勤すれば、自分の都合に合わせて出勤時間を前倒しにしたり、遅めの出勤時間にずらして勤務が行える制度です。

「コアタイム」の前後2時間~3時間程度の時間、出勤時間を前倒しにしたり後ろ倒しに調整が出来るため、朝方のライフスタイルで早く出勤して早く帰宅したい人にも、通勤ラッシュを避けた遅めの出勤をしてのんびり働きたいという人にも嬉しい、非常に融通の利く便利な勤務スタイルです。

常に高いパフォーマンスを求められるエンジニアにとって、自分のペースで仕事が出来るのは非常に重要なポイントとなるため、多くのIT企業がこの「フレックスタイム」制度を取り入れています。

自由な場所で働ける「テレワーク」制度の導入

「自由度の高い働き方」の2つ目には、「テレワーク」制度の導入があります。

こちらの制度も、「フレックスタイム」と同様に社員が柔軟に仕事が行えるように、近年導入され始めた制度です。

「テレワーク」制度とは、「サテライト」オフィスや「在宅勤務」など、通常のオフィスとは離れた遠隔地で、自分の出勤しやすい場所を選んで働けるシステムのことです。

「サテライトオフィス」は、自社の本部とは離れた場所に仕事が出来る拠点を作り、業務上問題が無い場合は、自分の好きなタイミングで好きな場所に出勤して仕事が行えるという新しいオフィスのスタイルです。

一般的に、「サテライトオフィス」は大都市の主要都市周辺にいくつかの拠点となる事務所が用意され、自宅から出勤しやすい拠点に通う事で通勤時間をより少なくし、ストレスフルに仕事が出来るようになっています。

一方の「在宅勤務」は、個人単位で完結する仕事などを自宅で行える制度のことです。

「在宅勤務」は、「ワークライフバランス」が重視され始めたことや、チャットやSkypeなどを利用した電子会議、TV会議の技術が発達した事から導入された制度です。
近年の技術進歩により、いまや場所にこだわることなく、任意の場所で仕事が出来る環境が整いつつあります。

このことから、各々の家庭の事情や業務の状況に応じた勤務場所を、自分で選んで自由度の高い働き方が出来るようになっています。

「在宅勤務」は、小さな子供の世話や高齢な家族を介護しながら働かなければならない方を対象として、時間の融通が利きづらい人でものびのびと働けるように「ワークライフバランス」に配慮した制度となっています。

「1時間単位」での有給取得制度の導入

「自由度の高い働き方」の3つ目には、「1時間単位」などの小規模単位での有給取得制度の導入があります。

一般的な有給の取得制度として、午前のみ、午後のみの半日単位で取得出来る会社は少なくないと思いますが、こちらの制度は、近年の「働き方改革」に伴って導入され始めた制度で、有給休暇を1時間単位に分割して取得出来るというものです。

例えば、午後に1時間だけ私用で外出をしたい場合や、家庭の事情などで1時間早めに退社をしたい場合に、1年間に与えられた有給休暇の範囲内なら、1時間単位で細かく刻んで休暇を取得出来るシステムになっています。

「フレックスタイム」や「サテライトオフィス」が適用されているだけでも、これまでの日本企業の勤務体系と比べてかなり自由度が高いですが、この1時間単位の有給取得と組み合わせる事で、平日に私生活で行える事の幅がぐんと広がります。

このように、ITエンジニアの仕事は、時間や場所にとらわれずに作業が出来るのが特徴となっています。

「クールビズ」の導入など、カジュアルに働ける環境の整備

「自由度の高い働き方」の4つ目として、「クールビズ」などのカジュアルな服装で働ける制度の導入が挙げられます。

近年のIT業界では、「スーパークールビズ」や「私服通勤」の制度を導入する企業が増えてきています。

「クールビズ」は、地球温暖化の対策として数年前から導入された制度で、上着やネクタイの着用を行う必要がなく、半そでシャツなどの服装で勤務が出来る制度ですが、この「クールビズ」の制度を強化した、近年着目されている制度に「スーパークールビズ」というものがあります。

「スーパークールビズ」とは、夏季の特に気温が上昇する一定期間に限定して、ポロシャツやチノパンなどの「クールビズ」よりもカジュアルなスタイルで仕事を行う事を許可した制度です。

これらの制度は、元々は環境問題や企業の電気代削減のために導入された制度ですが、OA機器が密集しているIT企業内のオフィスでは「室内温度が高くなりがち」なため、カジュアルなスタイルで勤務出来るのは非常にありがたいことです。
また、WEB業界など先進的なシステムを導入している企業では、「私服通勤」が可能な会社も出てきており、IT業界の企業では、カジュアルな服装で快適に働ける環境が整っています。

カジュアルなスタイルで仕事を行うと開放的な気分になれ、自分らしくのびのびとした気持ちで仕事を行うことが出来ます。

クリエイティブな作業を行うエンジニアにとって、リラックスした気分で仕事が行えるかは非常に重要なポイントとなるため、これらはエンジニアに持ってこいの制度となっています。

「ワークライフバランス」を重視した各種制度の導入

「自由度の高い働き方」の5つ目には「ワークライフバランス」を重視した「勤務制度」や「休暇制度」の導入が挙げられます。

近年の企業では、社員の「ワークライフバランス」を重視した社内制度の改善が重要な課題となって来ています。

このため、育児や介護が必要な社員など、通常よりも就労を行うのが難しい社員も安心して勤務や休暇がとれる制度を積極的に導入する企業が増えてきています。

IT業界でも同様に「ワークライフバランス」を重視する企業が増えており、「育児休暇」や「介護休暇」など、企業を支える社員が仕事と家庭を両立できるように、積極的に制度を導入しています。
また、ひと昔前までは女性が取得するという考え方が一般的だった「育児休暇」も、近年では男性も自由に取得出来る環境が整ってきています。

このように、近年では、仕事だけでなくプライベートも充実させて満足度の高い人生が送れるように、「仕事の自由度」と「働きやすさ」の向上に努めるIT企業が増えてきています。

まとめ

今回は、ITエンジニアの「自由度の高さ」と「働きやすさ」についてご紹介してきました。

IT業界はハードワークを行うイメージを持たれがちですが、積極的に新しい制度を採り入れる事で、自由度が非常に高く、働きやすい職場環境の整備が行われています。

プロジェクトの繁忙期には忙しくなることも当然ありますが、IT業界には「忙しさを補って余りあるほど自由度の高い勤務制度」が整っています。

また、長期の勤務を行った場合には長期の休暇を取れる制度を取り入れている会社もあるなど、忙しい反面で確実に休めるように配慮が行われています。

このように、IT業界の仕事は「働くときはしっかりと働いて、休む時は長期の休みを取りたい」という人や、「生活スタイルや毎日の仕事出勤スケジュールを自分のペースで行いたい」方に非常にオススメの仕事です。

エンジニアの勤務制度について興味がある方は、希望する企業が取り入れている勤務制度について調べてみると良いでしょう。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

ITエンジニアについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました