【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

情報処理業界(SIer)の仕事内容と企業を解説【IT業界の研究に役立つ】

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回は、「情報処理業界の仕事内容と企業(SIer)」について解説します。

 

突然ですが、あなたは「情報処理業界(SI業界)」という言葉を聞いたことがありますか?

 

「情報処理業界(SI業界)」は「IT業界」の主要な業界の1つです。

 

日本の政府機関や大企業などの「大規模システム」が安定して稼働している裏側では、必ずと言っていいほど「情報処理業界(SI業界)」の企業が活躍しています。

 

しかし、この業界の仕事は一般消費者にあまり馴染みがないため、「初めて名前を聞く」という人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、そんな「情報処理業界(SIer)」に焦点を当てて、仕事内容や代表的な企業をご紹介したいと思います。

 

この記事では、

  • 「情報処理業界(SIer)」の仕事内容はどんなものなの?
     
  • 「情報処理業界(SIer)」には、具体的にどんな企業があるの?

といった疑問にお答えしています。

 

この記事のポイント

この記事のポイントは、以下のとおりです。

 

・対象読者:「情報処理業界(SIer)」に興味がある人

 

・この記事を読むと:「情報処理業界(SIer)の仕事内容と企業」が分かる

 

 

この記事を読むことで、あなたも「情報処理業界(SI業界)」の仕事内容と、具体的な企業が把握できます。そして、IT業界のどの分野に進むべきかの判断材料が見つかるでしょう。

 

「情報処理業界(SIer)」について知りたい人や、「IT業界に興味がある」という人は、参考にどうぞ。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

 

エンジニア歴は10年以上。

 

【主な開発スキル】

 ・Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

【経験した業務】
 ・企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、
  研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

スポンサーリンク

「情報処理業界(SIer)」の仕事内容【IT業界研究】

ペンを持って構える金髪のビジネスウーマン

それでは、まず初めに「情報処理業界」の仕事内容からご紹介していきます。

 

「情報処理業界」とは、大企業や政府などの「大規模システムの提案と開発、運用サポート」を行う業界です。

 

「情報処理業界」のシステム開発を行う会社は、「SI(システムインテグレーター)」や「SIer(エスアイアー)」と呼ばれます。

 

システム化の企画立案から導入後の保守作業まで、顧客先のシステムに対する幅広い業務を請け負います。

 

この業界に属する企業では、顧客からのIT化要望を聞きとった上で、業務面の把握とシステム化を行う機能の整理などのコンサルティング業務を担当すると共に、システムの開発と導入作業や、導入後の稼働維持作業まで担当するなど、顧客業務のIT化に関するトータルサポートを行います。

 

「情報処理業界」では、コンピューターメーカーなどの大手企業が受注した仕事を、機能や部品ごとに分割してグループ企業や中小企業に割り振ることで大規模なシステム開発を行っています。

 

このように、「情報処理業界」の仕事では、多くのグループ企業や下請け企業が開発したそれぞれの部品を組み合わせて、一つの大規模システムを完成させるという、「ゼネコン型」の働き方が業界の主流となっています。

 

IT業界の仕事は、しばしば「IT土方」などとゼネコンの働き方と似た呼び方をされることがありますが、これは「情報処理業界」の仕事の受注方法が「建設業界」と同様の仕事の進め方をしている事から来ています。

 

システム開発事業者の3つの種類

担当する業務内容には、稼働後の保守作業や問い合わせ業務も含まれることが多いため、単に製品の納品がゴールではなく、いかに顧客の要望に寄り添い、顧客先のシステムを安定して稼働できるかという点に注力する必要があります。

 

システム事業者である「SIer」は、企業の成り立ちごとに「メーカー系」「ユーザー系」「独立系」の3種類に分けられます。

 

メーカー系SIer

メーカー系の「SIer」は、大手コンピューターメーカーのIT部門が独立した企業のことです。

 

メーカー系の「SIer」は、親会社である大手メーカー企業やグループ企業のシステム開発を手掛ける事が多いため、「システム子会社」と呼ばれることもあります。

 

グループ内のシステム開発や保守作業を行う企業が多く存在しますが、企業ごとに得意とするジャンルや業務知識を蓄えている場合も多いため、グループ外企業に向けたサービスを提供する企業も存在しています。

 

ユーザー系SIer

ユーザー系「SIer」は、当初はコンピューターメーカーの顧客としてサービスを受けていた企業のIT部門が規模を拡大し、最終的に独立した企業のことです。

 

ユーザー系の「SIer」もメーカー系と同様に、本社やグループ企業のシステム開発や保守を担当する事が多くあります。

 

そのため、金融、製造、運輸、通信、商社などのうち、本社が手掛ける業務を得意分野とする企業が多い傾向にあります。

 

独立系SIer

独立系「SIer」は、独自路線で顧客のシステム化要件の整理やソフトウェアの開発を行う企業のことです。

 

メーカー系やユーザー系が親企業やグループ企業のシステム化をメインで行うのに対して、独立系の「SIer」は様々な企業を相手に仕事の提案や受注を行います。

 

大手の独立系「SIer」は、特定のジャンルに縛られることなく、金融、製造、運輸、通信、商社など、幅広い分野の案件を手掛ける企業が多く存在します。

 

一方で、規模の小さい独立系SIerの場合は多くの分野に対応することが出来ないため、いずれかのジャンルを専門分野として、特定の業務に特化した仕事を受注する企業が多くなっています。

 

「情報処理業界」の参入企業と強豪

「情報処理業界」で活躍する企業は、大きく分けると国内のメーカ系、ユーザー系、独立系「SIer」と、海外の外資系企業の4種類に分類できます。

 

メーカー系「SIer」の大手企業として、富士通マーケティング、NECソリューションイノベータ、日立ソリューションズ、東芝情報システムズなどが主体となって活躍しています。

 

また、国内有数のコンピュータメーカーという強みを活かし、サーバーをはじめとしたハードウェアの提供も含めた、総合的なサービス提供を行う企業が多くなっています。

 

ユーザー系「SIer」の大手企業には、NTTデータ、新日鉄ソリューションズ、野村総合研究所、伊藤忠テクノソリューションズなど、それぞれ専門分野の異なる幅広いジャンルの企業が参入しています。

 

ユーザー系の「SIer」は親会社の業種にとどまらず、独自の技術を活用して幅広いジャンルを手掛ける企業も存在しています。

 

独立系SIerの大手企業には、日本ユニシス、大塚商会、富士ソフトなどがあげられます。独立系は自由な顧客との取引を行って来た経歴から、様々なユーザーのニーズに応じた柔軟な対応を行えるのが特徴となっています。

 

また、国内マーケットに参入している外資系の企業には、IBMやヒューレットパッカード、アクセンチュアなど、アメリカの大手企業が多く参入しています。

 

情報処理業界では国内の案件を扱う事も多いため、日本の国内企業が活躍を見せ、業務の効率化などの組織課題の解決に貢献しています。

 

■情報処理業界のイメージ図

情報処理業界のイメージ図

 

業界の技術動向

現在の日本では、2020年に控えたオリンピックや「IoT」によるビッグデータの活用が求められるなど、システム化の需要が増加しています。

 

そのため、「情報処理業界」の市場は今後も市場規模の拡大が続く事が見込まれています。

 

近年の「情報処理業界」全体の共通課題として、「IoT」や「AI(人工知能)」「クラウド化」、「フィンテック」などの新技術への対応があげられます。

 

数年前までは、大手企業のシステム更新作業や各システムへのマイナンバーの対応に注力していた企業が多くありましたが、今後の流れとして「IoT」の導入と普及に伴う、ビッグデータの活用が一つのポイントとなっています。

 

「IoT」の分析ツールの開発が求められると共に、AI(人工知能)を活用したデータ分析と活用にも注目が集まって来ており、データと新技術を組み合わせる事で、いかに企業や組織が蓄積した情報を効率良く業務に活用できるかが注目されています。

 

また、従来はサーバーとソフトウェアをまとめ買いしてもらう事で、ハード面とソフト面、運用面のトータルサポートを行う大手企業が多く見られましたが、近年ではライセンス契約の形式を取り、サービスをWEB上で提供する「クラウド化」への対応が求められています。

 

あわせて、今後の新技術動向として、金融とIT技術の融合である「フィンテック」にも期待が集まってきており、情報処理業界内の各企業は最新技術への対応が急務となっています。

 

まとめ

大手企業の多様なIT化のニーズをくみ取り、IT戦略の立案から実現まで、トータルサポートを行うのが「情報処理業界」の主な業務です。

 

情報処理業界の仕事は、大規模なプロジェクトとなるため、システム全体からみるとほんの1部分の機能を開発する事も多いですが、一般社会で良く利用されている重要なシステムに携われるため、社会の役に立っている実感や、自分の開発したシステムが利用されている現場を目の当たりに出来る事も多いのが特徴です。

 

このように、社会の裏側を支える大規模システムの企画から導入後のサポートまで携わり、社会の役に立つ実感を味わいたい方や、最新技術や社会規模のシステムを扱いたい方にはお勧めの業界となっています。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました