【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

【Javaの開発におすすめ】フリーの開発環境3選(現役SEが選ぶ)

木の机の上にあるノートパソコン 開発環境
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

あなたはJavaの開発をする時、どんな環境でプログラミングしていますか?

 

システムの開発をする時には、プログラムのコーディングやコンパイル、デバッグなど、工程ごとにいろいろなツールを使う必要があります。

でも、いちいち別のツールを準備して使うのは面倒だし、「ひとつのツールで効率よく開発する方法ってないの?」と考える人も多いと思います。

 

そこで今回は、Java開発の効率をあげてくれる、おすすめの「統合開発環境」を3つご紹介していきます

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

エンジニア歴は10年以上。主な開発スキルはJava、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

 

スポンサーリンク

「統合開発環境(IDE)」とは?

ノートパソコンに向かってプログラミングをする人

大規模なシステム開発するのに必須といって良いものが、「統合開発環境」です。

「統合開発環境」って何?

という人もいると思うので、どんなものか説明しておきます。

 

「統合開発環境」とは、英語では「Integrated Development Environment」と呼ばれるツールのことです。略して「IDE」とも呼ばれています。

どんなものか簡単に説明すると、「システム開発に必要なさまざまなツールを、ひとつにまとめたもの」です。

 

システムの開発では、

  • プログラムのコーディングをする「テキストエディタ」
  • プログラミング言語で書かれたソースを機械語に変換する「コンパイラ」
  • 複数のオブジェクト、ライブラリを結合する「リンカ」
  • プログラムの不具合を見つける「デバッガ」

など、さまざまなツールを使います。

 

昔は工程ごとに別のツールを使っていましたが、作業のたびにツールを使い分けるのは時間も手間もかかります。

そこで、システム開発がより便利に、効率的にできるように、これらのツールをひとつの環境にまとめて使えるようにしたものが「統合開発環境」です。

Javaにおすすめの開発環境

それではここからは、Javaの開発におすすめな「総合開発環境」をご紹介します。

 

実際に僕がシステム開発で使ったことがあるもの、仕事でもよく名前を聞くものの中から「特におすすめなもの」を3つご紹介していきます。

  1. 「eclipse(イクリプス)」
  2. 「IntelliJ IDEA(インテリジェイ アイディア)」
  3. 「NetBeans(ネットビーンズ)」

 

それでは、順番にご紹介していきます。

①「eclipse(イクリプス)」

eclipse-Pleiades公式ページ画像

公式ページhttps://mergedoc.osdn.jp/

 

おすすめの「統合開発環境」の1つ目は、「eclipse(イクリプス)」です。

「eclipse」は、1998年にIBMカナダが、Javaのアプリケーション開発を目的として作った無料のオープンソースソフトウェアです。

 

発表されてからの歴史が長いこと、世界でのシェア数が多いことから、
実装されている機能数、拡張プラグインが豊富で、Java向けの統合開発環境としてとても優秀です。

※この「eclipse」自体もJavaで開発されています。

 

Java向けの開発環境として作られましたが、プラグインを導入することで、
C言語やCOBOL、JavaScript、PHP、Python、Rubyなど、さまざまな言語のアプリケーションの開発に利用できます。

 

no-img2
Shio

僕も仕事のシステム開発は、この「eclipse」を使っています。

「eclipse」は、長い間たくさんの人に使われているので、
ネットで検索すればすぐに使い方が調べられます。

プログラミングは分からないことが出て行き詰まることも多いですが、
すぐに答えが分かるという点から、「eclipse」は初心者の人におすすめです。

いまJavaの勉強をしている人も「eclipse」を使ってテキストを進めれば、
Javaと一緒に「統合開発環境」の使い方もマスターできるので、思い切ってチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

②「IntelliJ IDEA(インテリジェイ アイディア)」

IntelliJ IDEA公式ページ画像

公式ページhttps://www.jetbrains.com/ja-jp/idea/

 

おすすめの2つ目は、「IntelliJ IDEA(インテリジェイ アイディア)」です。

「IntelliJ IDEA」は、チェコのJetBrains社が2000年に開発した「統合開発環境」です。

 

「開発者の生産性を最大限に引き出す」ことを目的として作られており、Javaの「統合開発環境」として、世界的に人気を得ています

こちらは、有償版の「Ultimate Edition」と、無償版の「Community Edition」の2種類が提供されています。

※無償版の「Community Edition」はオープンソースのソフトウェアです。

 

利用している人が多いので、行き詰まった時でもネット検索で解決策が見つけやすく、初心者におすすめの開発環境です。

③「NetBeans(ネットビーンズ)」

NetBeans公式ページ画像

公式ページhttps://ja.netbeans.org/

 

最後におすすめするのは、「NetBeans(ネットビーンズ)」です。

「NetBeans」は、アメリカのサン・マイクロシステムズ社が開発した、オープンソースの「統合開発環境」です。

 

最初にリリースされたのは1999年で、2010年にサン・マイクロシステムズ社がオラクル社に買収されて以降は、オラクル社が中心となって開発を続けています。

※Javaの他にも、C言語やJavaScript、PHPなどのプログラミング言語にも対応しています。

 

この「統合開発環境」のいちばんのポイントは、Java言語のリリース元のオラクル社が開発しているところです。

Java言語を開発している会社が作っているので、Javaがアップデートされた場合でも、どこよりも早く対応してくれ、いつでも最新のバージョンでJavaの開発がおこなえます。

まとめ

以上、今回はJavaの開発におすすめな「統合開発環境」を3つご紹介しました!

 

いろいろなツールが合わさっているので、Javaの開発に慣れていない人は、最初は機能が多くて戸惑うかもしれません。

しかし、この「統合開発環境」を使いこなすことで、プログラミングの効率がグンと上がるため、はやい段階で慣れておくのが良いと思います。

 

no-img2
Shio

それぞれのツールで使い勝手が異なるので、まずは自分にあうものがどれなのか試してみるのが良いと思います。

「まだ使ったことがない」という人は、便利なのでぜひ活用してみて下さい!

 

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

開発環境
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました