【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【料金が高い?】プログラミングスクールのコストパフォーマンス【未経験者の挫折回避におすすめ】

談笑しながらパソコンを操作する3人の男女 プログラミングスクール
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは、「プログラミングスクールのコストパフォーマンス」についてです。
 

この記事では、

  • 「プログラミングスクールって気になるけど、料金が高くない?」

  • 「コストパフォーマンスって、実際どうなの?」

といった疑問にお答えしています。

 

この記事のポイント

この記事のポイントは、以下のとおりです。

 

・「プログラミングスクールが気になる人」向け

 

・「プログラミングスクールのコストパフォーマンス」が分かる

 

 

プログラミングスクールが気になっていても、「実際のところ、コストパフォーマンスってどうなの?」と考える人も多いと思います。

 

そこで今回は、現役エンジニアの僕が「プログラミングスクールのコストパフォーマンス」について考えてみました。

 

「プログラミングスクールが気になるけど、申し込みを悩んでいる・・・」

 

という人は、参考にしてみてください。

 

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

エンジニア歴は10年以上。

 

【主な開発スキル】

 ・Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

【経験した業務】
 ・企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、
  研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

 

スポンサーリンク

【料金が高い?】「プログラミングスクール」のコストパフォーマンス

「プログラミングスクールに興味があるけど、料金が高いし、コストパフォーマンスってどうなの・・・?」

 

と、気になる人も多いと思います。

 

確かに、プログラミングスクールは料金が「40万~50万」くらいするところが多いです。

 

特に、専門的なカリキュラムの場合は、「60万以上する」こともあるので、

 

「そんなに払うのはちょっと・・・」

 

と抵抗を感じる人がいるのも理解できます。

 

でも、僕の結論を先に言ってしまうと、

 

「プログラミングスクールはコストパフォーマンスが高いので、最短でエンジニアになりたいなら利用した方が良い」

 

と考えています。

 

「50万円」と言われると、高額に感じるかもしれません。でも、「エンジニアになってからのリターン」を考えると、それだけの価値はあります。

 

特に、「まったくの未経験からエンジニアになりたい人」は、「プログラミングスクールを利用した方が良い」とさえ思っています。

 

no-img2
Shio
これだけだと、

「何で高いコストを払ってまで、スクールを使うべきなの?」

と質問が来そうなので、もう少し詳しく説明します。

 

僕が「プログラミングスクールのコストパフォーマンスが高い」と考える理由には、以下の2つがあります。

 

  1. エンジニアは単価が高い(短期間でコストの回収ができる)
  2. たった数か月で効率的に学習できる(完全未経験からの独学は難しい)

 

それぞれ、具体的に説明していきましょう。

 

①エンジニアは単価が高い(短期間でコストの回収ができる)

理由の1つ目は、「エンジニアは単価が高いから(短期間でコストの回収ができる)」からです。

 

先ほど、「プログラミングスクールの料金は50万くらいする」という話をしましたが、エンジニアとしてのスキルをしっかり身に着ければ、1か月で50万円以上稼ぐことは可能です。

 

「そんなバカな・・・」と思うかもしれませんが、理由はとってもシンプル。

「エンジニアの単価がもともと高いから」です。

 

no-img2
Shio
突然ですが、あなたは「エンジニアの1か月の単価相場」ってどのくらいだと思いますか?

 

 

「システムエンジニア」を例に、企業規模ごとのざっくりした相場を出してみると・・・。

 

・中小企業だと、「60万~80万円」くらい。

 

・大企業だと、「80万~100万円」くらい。

 

になっています。

 

これを聞いて、あなたはどう思いましたか?

 

「そんなに高いの!?」と驚いたなら、あなたもエンジニアに転職すれば、年収アップが期待できます。

 

「専門的な知識やスキルが求められることもあって、IT業界内でのエンジニアの単価相場はかなり高い」んです。

 

no-img2
Shio

僕の職場でも、エンジニアの「1か月の相場は100万円くらい」です。

(ベテランの場合は、余裕で100万円以上します・・・。)

 

※ちなみに、経験年数が1~2年ほどの新米エンジニアでも、70万~80万円くらいで単価が設定されています。

 

僕も初めて聞いたときは驚きました・・・。

 

 

いま出した例はあくまで「企業勤めのシステムエンジニア」の相場ですが・・・。

 

「フリーランス向けの求人」を見ても、1か月で50万~100万円くらいの報酬がもらえる案件は、意外なほどたくさん掲載されています。

 

以上のように、「エンジニアは単価が高い」ので、しっかりとスキルを身に着けてエンジニアとして数か月働けば、スクールにかけた費用は回収できます

 

no-img2
Shio

スキルを身につけてエンジニアになれば、スクールの料金は短期間で回収できます。

しかも、今後の人生で稼ぐための「先行投資」と考えると、そこまで高くないかなとも思います。

(たった50万円で人生が変わるなら、むしろ安いですよね。)

 

「本気でエンジニアになって年収アップしたい」という人は、スクールの料金はそこまで心配しなくていいと思います。

 

②たった数か月で効率的に学習できる(完全未経験からの独学は難しい)

理由の2つ目は、「たった数か月で効率的に学習できる(完全未経験からの独学は難しい)」からです。

 

「なんだそれだけか・・・」と思ったかもしれませんが。

 

「短期間」で「効率的(確実)に学べる」というのはとても大事なことなので、未経験の人は特に真剣に考えて欲しいポイントです。

 

プログラミング未経験者が、独学で勉強するのはかなり大変

まず結論を言っておくと、「未経験の人が、プログラミングを勉強するのはかなり大変」です。

 

特に「独学での勉強」は僕はおすすめしていません。

 

独学で頑張るのはすごいと思いますし、個人的には尊敬しますが・・・。

 

まったくの未経験から独学でプログラミングを習得するのは、正直言ってかなり難しいです。

 

なぜなら、「変数の考え方」や「オブジェクトの概念」といった「プログラミングの基礎知識」は、テキストの解説だけではイメージしづらいからです。

 

no-img2
Shio
僕もはじめてプログラミングを勉強した時は、かなり手こずりました。

 

「それじゃあ、まったくの未経験の人はどうするべきか?」というと、答えは簡単。

 

「詳しい人に教えてもらう」のがベストです。

 

つまり、一番手っ取り早いのが「プログラミングスクールを利用する」ということです。

 

独学で勉強するのも良いけど、挫折したら意味がない

独学で勉強するのは良いですが、挫折してしまっては意味がありません。

 

no-img2
Shio
もしも「12か月かけてプログラミングを独学したけど、挫折してしまった・・・」という状況になったら、あなたが失うものってなんでしょうか?

 

「12か月という時間」でしょうか? 

 

それもありますが、「テキストやパソコンを購入したお金」や、「勉強にかけた労力」も失いますよね?

 

何より、スクールに通ってたった3か月勉強していれば、いまごろはエンジニアとして働いて、「毎月50万以上」稼げていたかもしれません。

 

プログラミングの独学で挫折してしまうと、「エンジニアとして働けていたはずの時間」や、「稼げていたお金」など、得られていたはずのたくさんの機会を失うことになってしまいます。

 

no-img2
Shio

いくつかのプログラミングスクールに取材させてもらって知った事ですが、プログラミングスクールの受講生には、

 

「独学でやれると思って勉強したけど、挫折しました」

 

という人がけっこう居るそうです。

 

独学で挫折してからスクールに通うと、少なくない「時間、お金、労力」を失ってしまうので、自信がない人は素直にプログラミングスクールで勉強するのをおすすめします。

 

 

プログラミングスクールを活用すれば、未経験からでも「必要なスキルが最短最速」で身につく

プログラミングスクールを利用すれば、スキル学習の時間をぎゅっと凝縮できます。

 

しかも、「まったくの未経験」からでも「稼ぐのに必要なスキルが最短最速」で身につけられるので、コストパフォーマンスはかなり高いと思っています。

 

no-img2
Shio

僕は「まったくの未経験者は、プログラミングスクールを利用するのがベスト」だと思いますが、あなたはどうでしょうか?

 

 

まとめ:プログラミングスクールはコストパフォーマンスが高い(まったくの未経験者は、スクールの利用がおすすめ)

以上、今回は「プログラミングスクールのコストパフォーマンス」についてご紹介しました。

 

もう一度記事の内容を振り返ると、僕が「プログラミングスクールのコストパフォーマンスが高い」と考える理由は、以下の2つでした。

 

  1. エンジニアは単価が高い(短期間でコストの回収ができる)
  2. たった数か月で効率的に学習できる(完全未経験からの独学は難しい)

 

プログラミングスクールは「費用が高い」と思われがちですが、スクールを利用してエンジニアになれば「短期間でコストの回収」ができますし、「お金を稼ぎ始める時期」を早めることができます

 

しかも、「50万円程度のお金」と「数か月の時間」を使うだけで、あなたの人生がより良い方向に進むと考えると、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

 

あなたもスクールの利用を悩んでいるなら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

プログラミングスクール
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました