【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【IT転職】未経験でも大丈夫!【自己PR・面接対策のポイント(年齢別)】

右手の人差し指でサインを出す女性 転職時の注意ポイント
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは、「IT業界への転職で、自己PRや面接の際に意識しておくべき(年齢別)ポイント」についてです。

 

突然ですが、あなたはIT業界やエンジニアに転職したいと考えたことはありませんか?

 

IT業界に限ったことではありませんが、転職活動では「未経験でも大丈夫かな?」「スキルや資格がないと転職できないの?」というように、不安に感じることがたくさん出てくるものです。

 

特に、未経験から転職したい場合には、「自分のどんなところをアピールすれば良いのか分からない・・・」という人も多いと思います。

 

そこで今回は、「IT企業の採用担当者が、転職希望者のどんなところを見ているのか、年齢別のポイント」をご紹介したいと思います。

 

この記事では、

  • 企業が求める「即戦力になる人材」って、どんなスキルがある人なの?
     
  • 企業の採用担当者は、応募者のどんなところを見ているの?

といった疑問にお答えしています。

 

この記事の概要

この記事の概要は、以下のとおりです。

 

・対象読者:「IT転職の自己PR、面接対策でアピールする内容で悩んでいる人」

 

・この記事を読むと:「採用担当者から見られる、年齢ごとのスキルや経験」が分かる

 

 

採用担当者にどんなところを見られているのか把握出来れば、自己PRや面接対策に活かすことが出来ます。

 

そして、未経験からの転職でも、あなたの良さをしっかり伝えるアピールポイントが見つけられます。

 

「未経験からIT業界に転職したい人」や、「自己PR・面接対策に悩んでいる人」は参考にどうぞ。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

 

エンジニア歴は10年以上。

 

【主な開発スキル】

 ・Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

【経験した業務】
 ・企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、
  研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

no-img2
Shio

年収額や業務経験など、僕のエンジニアとしての体験談はnoteにまとめています。

興味のある方は、参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク

【IT転職】未経験でも大丈夫!【自己PR・面接対策のポイント(年齢別)】

POINTと書かれた紙を指さす矢印マーク

それでは解説していきましょう。

まずは「企業の求める人材・スキル」とは、どんなものがあるのかご紹介します。

 

【IT業界未経験でも大丈夫?】企業が求める「即戦力になれる人材」とは?

企業の採用担当者が求めているのは、「即戦力」となれる人材です。

 

あなたは「即戦力」と言われると、どんなスキルをイメージするでしょうか?

 

社会人が求められるスキルと言えば、「ビジネスマナー」や「マネージメントスキル」、「プログラミングの開発スキル」など色々なものがあります。

 

no-img2
Shio
IT業界で求められるスキルだと「コミュニケーション能力」や「プロジェクト管理の経験」、「プログラミングの開発スキル」などが代表的ですね。

 

転職活動では、あなたの能力を見極めるために「これまでの業務経験」や「資格の有無」を見られることになりますが、採用担当者は、応募者のスキルや経験を見ているだけではありません。

 

その他にも、「この会社で活躍が出来そうか」、「会社のメンバーと馴染めるのか」といった、「独自の基準」も含めて総合的な適正を見極めています。

 

当然、転職したい業界・企業によって「即戦力となれる人材」のイメージは様々です。

 

そのため、「未経験者は採用されないの?」とか、「どんな自己PRをしたらいいのか分からない」と不安に感じる人も多いと思います。

 

しかし実のところ、企業の採用担当者は「転職希望者の年齢ごとに、ある程度の共通的な評価基準」を持って「即戦力になれる人材」をチェックしているのはご存知でしょうか?

 

年齢によって企業の求めるスキル・経験には違いがある

転職活動を始める前にまず知っておいて欲しいのが、「企業から見られる経験・スキルは、転職希望者の年齢によって違いがある」ということです。

 

「IT企業の採用担当者からは、開発スキルや資格ばかり見られている」と思っている人も多いかもしれませんが、企業が重視する経験やスキルは、実はあなたの年齢や配属されるポジションによって違いがあります。

 

例えば、20代の人と40代の人では、企業に求められるスキル・職務経験が全然違うので、同じことをアピールしても「採用担当者の心に響く自己PR」はできません。

 

自己PRの文章や面接で、どんなに自分の良さをアピールしても、採用担当者の期待と違うところを前面に押し出していては、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

 

「自分の年齢に期待されるポイント」を押さえてアピールすることで、無理なくあなたの良さを伝えられるようになります。

 

転職活動を有利に進めるためには、年齢ごとにどんなスキル・経験が求められるのかを把握しておくことが大切です。

 

特に、未経験からIT業界に転職したい人は、「自分の経験がどうアピール出来るか」を意識して自己PRを考えるのが良いでしょう。

 

【自己PR・面接対策に活かせる】転職の際に「年齢別に見られるスキル」

ホワイトボードにアイデアを書き出す人

それでは、転職の際に「年齢別に見られるスキル」についてご紹介します。

 

ここでは、転職希望者の年齢層を「20歳代」「30歳代」「40歳以降」の3つに分けて、採用担当者から見られるスキルをご紹介します。

 

年齢ごとに見られるスキルは、以下の図のとおりです。

 

■年代別に求められる能力のポイント

年代別で転職時に求められる能力

 

それぞれ順番に解説していきます。

 

「20歳代」のポイント

20歳代の場合は、主に「ポテンシャル」と「ビジネススキル」が重視されます。

20代の強みと言えば、何といっても「若さ」です。若いうちは「今後のポテンシャル」も評価基準のひとつになります。

企業としては、転職の場合は一般的な「ビジネスマナー」も既に習得しているので、新入社員を採用する場合と比べてコストは少なく押さえられます。

 

未経験の業界に転職する場合でも、歓迎される場合が多いです。

 

「30歳代」のポイント

30歳代では、「ポテンシャル」と「ビジネススキル」、「専門スキル」が主に求められる世代です。

 

この世代は、若手から中堅になる途中段階です。そのため、「ポテンシャル」と「ビジネススキル」に加えて、「専門スキル」も求められる世代になります。

 

この世代の人は、ある程度の社会人経験を持っている層なので、一般的な「ビジネスマナー」はもちろん、経験してきた業界の「業務知識」や「専門スキル」も有している人材が期待されます。

 

「40歳代」のポイント

40歳~50歳代以降では、「ビジネススキル」「専門スキル」「マネージメントスキル」が重視されます。

 

40歳以上の人が転職する場合には、数十年の社会人経験で培った「専門スキル」や「マネージメントスキル」が求められます。

 

no-img2
Shio
ざっくりと概要を解説すると、若い世代ほど「ポテンシャルや意欲を活かした転職」ができます。

年齢を重ねるにつれて、「これまでの業務経験スキルを活かした転職」となる傾向が強くなっていきます。

 

若い世代ほど「未経験の業界・業種」に挑戦しやすい(若さと今後のポテンシャルもアピールポイントのひとつ)

図書館で本を読む女性

ざっくりと年齢ごとに求められるスキルを解説しましたが、いかがだったでしょうか?

 

先ほども少し触れましたが、転職では「若い世代ほど未経験の業界に挑戦しやすく、年齢を重ねるごとにこれまで経験した事が活かせる業界での転職となる」傾向にあります。

 

そのため、未経験からの転職を考えている人は、「若いほど挑戦がしやすい」ことを覚えておき、早めの行動を心がけておきましょう。

 

あなたがもし未経験からの転職を考えていて、「自己PR」や「面接対策」に悩んでいるなら、「年齢ごとに期待されるスキル」と照らし合わせて、あなたの社会人経験でどんな経験がアピール出来るのか考えてみると良いでしょう。

 

no-img2
Shio

IT業界のエンジニアは「開発スキルが求められる」イメージが強いかもしれませんが、システム化する「クライアント先の業務知識」や、お客さんとの折衝能力も重要なスキルの1つです。

その為、未経験からITエンジニアになりたい人は、「コミュニケーション能力」や、「経験した業界の業務知識」もアピール材料になるのでおすすめです。

 

転職市場で最もニーズが高いのは、20代後半~30代前半の「アラサー世代」

ちなみに、転職市場の中で企業からのニーズが最も高いのは、20代後半(25歳~29歳)から、30代前半(30歳~34歳)にかけてのいわゆる「アラサー世代」です。

 

この年代は、10年前後の職務経験を通して、社会人としての基礎力を備えているのはもちろん、高度な技術や知識を用いた応用力も養っています。

 

企業が求める「即戦力」となれる人材が豊富にいるので、転職市場からすると「宝の山」とも言える世代です。

 

この記事を読んでいるあなたがもしアラサー世代で、転職をしようか悩んでいるなら、自分が「転職市場で最もニーズの高い世代」を意識して、強気の姿勢で転職活動をしてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ:「企業の求める人材」を意識した自己PRで、IT転職を成功させよう!

 今回は、IT業界への転職で、自己PRや面接の際に意識しておくべき(年齢別)ポイントについてご紹介しました。

 

転職希望者の「年齢」は、「社会人経験」や「能力」とほぼ直結する要素なので、採用担当者から「重要な判断基準」として見られています。

 

これまでにご紹介したとおり、転職する年齢層によって、採用担当者が求めるスキルには違いがあるので、事前に把握しておくことがおすすめです。

 

「あなたの年齢が企業からどのような活躍を期待されているのか」を把握しておけば、企業に対するアピールが行いやすくなるので、あなたもぜひ、IT転職の自己PR・面接対策に活用してみてください。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

転職時の注意ポイント
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました