【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【採用担当者はどこを見ている?】転職時に見られるスキルのポイント【年齢層ごとに解説】

右手の人差し指でサインを出す女性 転職時の注意ポイント
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは、「年齢層ごとに見られる、転職時のスキル」についてです。

 

突然ですが、あなたは転職活動に興味がありますか?

 

転職活動では、ゆずれない「条件の整理」や、「業界研究」などの事前準備が成否を分ける重要なポイントです。

 

その一方で、「企業側がどんな人材を求めているのか」、「採用後にどんな活躍を期待されているのか」といった、「採用担当者が見ているポイント」についても理解しておく必要があります。

 

そこで今回は、転職の際に「採用者が見ているスキルや、年齢層ごとの転職のポイント」についてご紹介していきます。

 

この記事では、

  • 採用担当者がチェックしている、年齢層ごとのスキルってどんなものがあるの?
     
  • 年齢層ごとのメリットやデメリットには、どんなものがあるの?

といった疑問にお答えしています。

 

この記事のポイント

この記事のポイントは、以下のとおりです。

 

・「転職希望者が見られる、年齢層ごとのスキルのポイント」を知りたい人

 

・「年齢層ごとにチェックされるスキルや、メリットとデメリット」が分かる

 

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

 

エンジニア歴は10年以上。

 

【主な開発スキル】

 ・Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

【経験した業務】
 ・企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、
  研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

スポンサーリンク

採用担当者は応募者のどんな点を見ているのか?

実際に転職活動を行う段階になると、「知らない事があったらどうしよう?」「資格は持っていないといけないのか?」というように、不安に感じることがたくさん出てきます。

 

転職活動では、個人の能力を見極めるために「これまでの業務経験」や「資格の有無」について当然見られることになります。

 

しかし、求める人材像やスキルの種類については、転職を行う業界や企業の特徴によってそれぞれ異なっているのが実情です。

 

企業の採用担当者は、単に応募者の能力を見るだけでなく、「この会社に入って活躍が出来るのか」や「会社のメンバーと馴染めるのか」といった、自社独自の評価基準と照らし合わせて総合的な適正を見極めています。

 

このことからも、転職活動の際にどの資格を取れば「100%採用してもらえる」といった明確な指標は存在しません。

 

しかし実のところ、転職活動の採用担当者は、転職希望者の年代ごとに「ある程度の共通的な評価基準」を持って応募者の能力チェックを行っています。

 

応募者に求められる「能力」は年代ごとに異なる

転職先企業の採用担当者は、「即戦力」となれる人材を求めています。

 

「即戦力」と聞くと、ビジネスマナーやマネージメントスキル、プログラミング技術など様々な能力をイメージすると思いますが、転職者の年齢や採用後に配属されるポジションによって、求められる「能力」や「即戦力」が意味するスキルの内容は大きく異なってきます。

 

例えば、20代前半で社会人経験の浅い人材に対しては第一線での活躍を期待される為、高度なマネージメントスキルを求めるのは現実的ではありません。

 

また、既に社会人経験が豊富な40代のベテラン層に対して、一から新技術やビジネスマナーを教え込むのも「人材の適切な活用」を行う上で得策とは言えません。

 

このように、「年齢」は転職者の「社会人経験」や「能力」とほぼ直結する要素のため、採用担当者から重要な判断基準として見られます。

 

年代ごとに採用担当者から注目されるポイントの傾向を的確に理解し、自分の能力を開発して対策を行ったり、アピールポイントを整理しておく事は、転職活動を有利に進める上で非常に重要なことです。

 

ここからは、年代ごとに採用担当者に期待されるポイントについてご紹介していきます。

 

年代別に求められる「能力」のポイント

それでは、ここからは企業が転職応募者に対して期待する能力について、「20代前半」「20代後半」「30代前半」「30代後半」「40代以降」の5つのグループに分けて、年代ごとに求められるポイントを確認していきましょう。

 

■年代別に求められる能力のポイント

年代別で転職時に求められる能力

 

20代前半のポイント

20代の転職、特に20歳~24歳までの20代前半の転職では、「若さ = ポテンシャル」と捉えて積極的に採用する企業が多いのが特徴です。

 

20代前半で転職を行う場合は前職での職歴が短いことから、他の年齢層と比較すると実務経験が乏しくなりがちです。

 

しかし、20代はこれから社会人として活躍していく機会がまだまだあることから、今後の伸びやポテンシャルに期待して採用を行い、積極的に教育を行って優秀な人材に育てようと考える企業が多く存在します。

 

また、この年代は数年間の社会人経験を持っている事から、新卒者を採用して育成する場合と比較して既にビジネスマナーやスキルを身に付けているため、現場への順応や社会人としての活躍がしやすい点が企業へのメリットとなっています。

 

実務経験が短くても、今後の伸び白や行動で未熟さをカバーが出来る点から、経験よりも意欲や向上心を評価してもらえるのがこの年代の特徴です。

 

この年代の方が転職を行う場合には、前職で自分が苦労した事や工夫した事などを積極的にアピールし、転職先の企業でどんな事をしたいのか伝えることで、採用担当者に可能性を感じ取って貰う事が重要となります。

 

20代後半のポイント

20代の後半(25歳~29歳) も、まだまだ新人としての伸び白が残っていると見られる世代です。

 

その為、20代前半の場合と同様に、ポテンシャルや業務知識の吸収力に期待されて採用をしてもらいやすい世代です。

 

この年代が20代前半と異なる点としては、より長い社会人経験を持つ事から、担当する業務や社会への理解がより深く、仕事に必要なビジネススキルも大方身についている事が挙げられます。

 

数年間の社会人経験を経ていることから、単純に先輩から教えられた事だけでなく、自分の業務経験と知識を掛け合わせることで、現場の状況に柔軟に対応出来る応用力を持つ人材の活躍が期待されます。

 

また、社会人の経験がまだ浅く前職の企業文化に染まりきっていない事から、会社の方針や先輩社員の指導を素直に学べる柔軟さが残っているため、30代以降の年齢と比べ、比較的教育が施しやすいというメリットも有しています。

 

この年代は、現場感をしっかりと備えつつも、これからの伸び白も十分に残った世代の為、転職者を求める企業からのニーズが多くなっています。

 

30代前半のポイント

30代の前半(30歳~34歳)の方が転職をする場合には、これまでの社会人生活で培ってきた知識や業務経験を活かした「即戦力」としての活躍が求められます。

 

この年代は、これまでの社会人生活で修得したビジネススキルを土台に、より専門的な技術を身に付け始める年代です。

 

30代以上の転職者には、単なる基礎的なビジネススキルだけでなく、特定分野への豊富な知識や高い技術力を活かしたプロジェクトへの貢献が期待されます。

 

そのため、企業方針や業務の流れを学ぶ事で、現場にスムーズに順応し、即座に実力が発揮出来る、応用力と柔軟性を持ち合わせた人材が必要とされる傾向にあります。

 

また、チーム管理などの管理業務を任される年代に近いため、過去にプロジェクトチームを率いて業務を遂行する機会を持っていなくても、業務経験をつむ事で、将来的にリーダーとして活躍できる素質を持った人材が求められます。

 

この年代は、現場に投入する事で「即戦力」となる人材が多いことから、20代の後半と同じく、転職者を求める企業からのニーズが最も多い世代の一つとなっています。

 

この年代の方が転職を行う際には、これまでの業務を通して培った知識や経験を活かすことで、過去のプロジェクト内で業務改善や工夫がいかに行えたかというプロジェクトへの貢献が出来たエピソードがアピールポイントとなります。

 

30代後半のポイント

30代の後半(35歳~39歳) の方が転職をする場合には、これまでの社会経験を通して学んできた知識や業務経験、ビジネススキルや技術力を活かした業務上の問題点改善やリーダーシップの発揮など、チームやプロジェクトに貢献できる能力が求められます。

 

この年代は、高い専門性を磨いて技術者として活躍をする人がいる一方で、組織内での年長者となる関係上、チームの取りまとめを行う機会が増え、マネージメントスキルを有する人材が求められる傾向にあります。

 

この年齢が現場で要求されるスキルも、技術的なものから管理者寄りのスキルにシフトしていく傾向にあります。

 

過去に自分が経験してきたプロジェクトの問題解決事例や手法を実際のマネージメントに活用する事で効率の良いプロジェクト管理を行い、部下を持った際に「この人の指示で仕事をしたい」と思ってもらえるように心がけて行動すると良いでしょう。

 

この年代の業務では、自身の過去の豊富な経験を活かすことで、転職先のプロジェクトに具体的にどんな貢献が出来るのか、どんな能力で「即戦力」となれるのかについてアピールするのがポイントです。

 

40代以降のポイント

40代以降(40歳~)の転職の場合では、これまでの豊富な社会人経験に裏づけられた業務知識や技術力、マネージメントスキルを活かし、転職先の組織が抱える課題の解決や、事業の効率改善などの活躍が期待されます。

 

この年代は、社会人の中でもミドル層に差し掛かり、今後組織内の年長者となって会社を牽引していく世代です。

 

その為、この世代には、現場で個人の能力を発揮するよりも、組織内でのプロジェクトの管理や事業方針の検討など、マネジメント層としての活躍が期待されます。

 

プロジェクトやチーム内の方針決めや各種問題への対処を的確に行うだけでなく、社内のメンバーを動かす事で、組織全体に大きな影響を与え、成果を挙げる能力が求められます。

 

この年代では、自分の専門知識や技術が今後の仕事でどのように活かせるのかを明確に示し、豊富な経験から転職先の組織に貢献できる事をアピールすると良いでしょう。

 

まとめ

今回は、各年代別に転職希望者が期待される能力についてご紹介しました。

 

ここまでにご紹介したとおり、転職活動を行う年代によって、企業の採用担当者が転職者に求める能力は大きく変わります。

 

転職活動に年齢が与える影響をザックリと表現すると、若い世代は「ポテンシャルや意欲を活かした転職」を行う事になり、年齢を重ねるにつれて「これまでの業務経験やスキルを活かした転職」となる傾向が強くなっていきます。

 

これは言い換えれば、「若い世代ほど未経験の業種や職種に挑戦しやすく、年齢を重ねるごとに、これまで経験した事が活かせる業界や業種で転職を行う事になる」という事です。

 

そのため、未経験の業種や職種に転職したい方は、「若いほど挑戦がしやすい」という事を覚えておき、早めに行動に移すように心がけておきましょう。

 

自分の年代が企業からどのような活躍を期待されているのかを正確に把握しておく事で、企業に対するアピールが行いやすくなります。

 

自分の年代で要求されるスキルを押さえたうえで、自分の社会人経験の中からどんな事がアピール出来るのか考えてみると良いでしょう。

 

転職市場の中で企業からのニーズが最も高いのが、20代後半(25歳~29歳)から30代前半(30歳~34歳)にかけての30歳前後の世代、いわゆる「アラサー世代」です。

 

この年代は、適度な職務経験から社会人としての基礎力を備えているのはもちろん、高度な技術や知識を用いた応用力も養っているため、まさに転職先の企業が求める「即戦力」となれる人材が豊富に存在するため、転職市場からすると宝の山といったところです。

 

もしアラサー世代の方で転職をしようか悩んでいる方は、自分が転職先市場の求める「即戦力」になれる世代なのだと自信を持ち、思い切って転職活動を始めてみるのも良いかもしれません。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

転職時の注意ポイント
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました