【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

何から始めるべき?ITエンジニアの転職スケジュールについて

複数のカレンダーの上に置かれた砂時計 「事前準備期間」のスケジュールと対策
スポンサーリンク

ITエンジニアへの転職をする際には、まずはやるべきことを明確にしてスケジュールを立て、計画的に行動することが重要となります。

では実際に、ITエンジニアへの転職にはどのくらいの期間が必要となり、何をする必要があるのでしょうか?

今回は、ITエンジニアへの転職に必要な期間とスケジュールについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

転職に必要となる期間について

まず、転職活動を行う際にはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

一般的な転職活動の場合には、「3ヶ月~6ヶ月」の期間で転職活動をする人が多いようです。

転職スケジュールを立てる際のポイントは、転職活動の期間が間延びして気持ちまでだらけてしまわないように、短期間に集中して活動を行うよう心掛けることが重要となります。

転職スケジュールを立てる際の目安期間として、まずは「3か月」を目途に一通りのスケジュールを組んでみて、自己分析の状況や情報収集の進み具合によって微調整を行うのがスケジュール作成のポイントです。

自分がやりたい事や目標、入社を希望する企業のイメージが明確になっている場合には、集中して転職活動を行う為に「3か月」程度の期間でスケジュールを組むのが良いでしょう。

また、自己啓発や自分のスキルアップを図った上で転職を行いたいという方の場合は、事前準備の期間を十分に設けて「6か月」前後の期間でスケジュールを組むのがおすすめです。

一般的な転職活動のスケジュールは、以下の図の流れに沿って進んでいきます。

 

一般的な転職スケジュールの流れ(3か月の場合

転職活動時の一般的なスケジュール

 

この図のとおり、転職活動の期間を大きく分けると「事前準備期間」と「実践期間」の2つの期間に分けられます。

ここからは、「事前準備期間」と「実践期間」でどのような事を実施するのかご紹介して行きます。

 

「事前準備期間」で行うこと

「事前準備期間」は、転職のスケジュール作成や自己分析、情報収集を行い、目標や要望を明確にして活動準備を行う期間です。

Step1:計画の作成」で全体を見通した活動計画を立案し、「Step2:自己分析」で自分の要望やこれまでの業務経験の整理「Step3:情報収集」では、業界や企業に関する情報の収集を行います。

また、「事前準備期間」の最後のステップに当たる「Step4:応募資料の作成」では、「Step2」と「Step3」で整理/収集を行った情報を元に、転職を希望する企業への応募資料の作成を行います。

「事前準備期間」は、自分の内面と向き合い、企業に求める「要望事項」や自分の「価値基準」を見直して、これから先のエンジニアとしての方向性を決定づける重要な機会です。

これから行う転職活動の成否は、この期間で作り上げた計画に掛かっていると言っても過言ではありません。

そのため、「事前準備期間」では手を抜かずに綿密な計画を立てるようにしましょう。

 

「事前準備期間」の詳細な解説記事はこちら

「事前準備期間」の流れについて
エンジニアへの円滑な転職を行うためには、転職活動で必要な作業の洗い出しと整理を行い、具体的なスケジュールを立案した上で、自己分析や情報収集などの事前準備をしっかり行うことが重要なポイントとなります。 今回は、転職活動に向けた「事前準備期間」の各段階の作業の流れと概要についてご紹介して行きます。

 

「実践期間」で行うこと

「実践期間」は、希望する企業へのエントリー実施から内定を貰うまでの活動と、現在の会社を退職して新企業への入社を行うまでの活動期間となります。

まず、「実践期間」の最初のステップとなる「Step5:エントリー」で希望企業への応募を行い、「Step6:面接」期間で企業担当者との面接を実施します。

「Step7:活動~内定」では、実際に内定を貰うまでの転職活動を継続して行きます。

希望通りの条件の企業で働けるように理想の転職を行うためには、効率良くより多くの企業を受けて時間を有効に使う事が重要となります。

また、内定後を貰ったあとには「Step8:内定後の手続き」として、現在働いている企業での引継ぎ等の退社準備や、新たにエンジニアとして勤務する会社への入社準備を行います。

転職活動では、内定を貰ったら終りではなく、退職に伴う処理や、内定後の手続きも考慮にいれてスケジュールを組んでおく必要がある事を覚えておきましょう。

 

「実践期間」の詳細な解説記事はこちら

「実践期間」の流れについて
エンジニアへの転職活動における「実践期間」では、「事前準備期間」で作成したスケジュールや情報を活用して、実際の転職活動を実施していく期間です。 今回は、転職活動における「実践期間」ではどのような活動を行う必要があるのか、各段階の作業の流れと概要についてご紹介していきます。

 

無理のないスケジューリングが成否のポイント

一般的に、「3ヶ月」程度のスケジュールを組む場合、前半の「事前準備期間」で2週間程度、後半の「実践期間」で2ヶ月半程度の期間を目安にしてスケジュールを組むと良いでしょう。

なお、転職活動では思いがけない出来事で計画通りに進まないケースが多い為、スケジュールを組む際には余裕を持った計画を立てる事を心掛けましょう。

短期間で転職を成功させようと、あまりにも短い期間でスケジュールを組んでしまったがためにスケジュール通りに予定が進ず、焦りから自分にとってベストではない転職先を選んでしまう事にもなりかねません。

転職期間は、エンジニアとしての活躍の場を決めるだけでなく、自分の価値観や仕事観を見直すせっかくの機会です。

転職先とのミスマッチが起きてしまわないように、自分の要望をまとめるのに時間が掛かりそうな場合は「6か月」の期間でスケジュールを組みなおす、無理のないスケジューリングを心掛けましょう。

 

まとめ

今回は、ITエンジニアが転職する際の活動期間や、転職活動中の作業内容といった、転職活動のスケジュールについてご紹介しました。

皆さんにとってのベストな転職を行う上で、作業内容を精査して余裕を持ったスケジューリングを行う事は非常に重要なポイントとなります。

無理なく最適なスケジュールを作成出来れば、転職の成功率が格段に上がるのは間違いありません。

各作業の完了予定日を定めて、理想の達成時期から逆算して転職計画を立てるなど、効果的なスケジュール作成が出来るように心掛けましょう!

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

「事前準備期間」のスケジュールと対策
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました