【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

ITエンジニアの必須スキル5選

ロボットと話すビジネスマン エンジニアのスキルについて
スポンサーリンク

みなさんは、ITエンジニアのスキルと聞くと、どのようなものをイメージするでしょうか?

業界や職種によって求められるスキルに若干の違いはありますが、エンジニアに求められる共通的なスキルは、5つの種類に大別できます。

今回は、エンジニアの必須スキルについてご紹介します。

スポンサーリンク

エンジニアの5つの必須スキル

ITエンジニアに必要とされるスキルには、様々なものがあります。

緻密な設計や開発技術、顧客との折衝能力など、エンジニアとして活躍するためには多くのスキルを併用して仕事をこなす場合がほとんどです。

業界や構築するシステムの種類、担当する職種によって求められる能力に多少の違いはありますが、一般的に、ITエンジニアには以下のスキルが必要と言われています。

  1. 論理的思考
  2. 技術力
  3. 専門的な業務知識
  4. ドキュメント作成能力
  5. コミュニケーション能力

それでは、それぞれのスキルでどんな事が求められるのか、以下で順番に解説していきましょう。

①論理的思考

論理的思考(ロジカルシンキング)とは、物事や発生した事象に対して、筋道を立てて考える力の事です。

論理的な思考を鍛えることによって、社内での会議やプレゼン、クライアントへの説明の際など、様々なシチュエーションで話の筋道を立てて説得力のある話が出来るようになります。

このため、業務の多様化や複雑化が進んでいる現代では、論理的思考はビジネスパーソンにとって必要なスキルと言われています。

そんな社会人の必須ツールの一つとなっている論理的思考ですが、ITエンジニアにとっては、特に重要なスキルの一つと言えます。

意思決定のベーススキル

エンジニアの仕事では、顧客要望のシステム化の検討や設計、開発、テスト、問題発生時の原因特定や問題事項の切り分けなど、論理的な思考力を求められるシチュエーションが数多く存在します。

顧客の要望をどのように実現するのか、割り当てられる予算や人員はどの程度か、設計や開発工程での対応方法や妥当性の検討など、エンジニアは常に論理的な思考に基づいて仮説の検証と意思決定を行っていく必要があります。

エンジニアの仕事のほとんどが論理的思考をベースに展開していくため、このスキルの習得は避けては通れない道となり、大変そうだと考える人もいるかもしれません。

しかし逆に言えば、論理的思考を身に付けておくことで、様々な業務を矛盾無く円滑に進められるようになるので、身に着けておくと便利なスキルです。

また、「論理的思考を身に着ける=完璧に仕事をこなす」という意味ではないので安心してください。論理的な思考はあくまでも考え方の手法であって、実際の業務とは切り分けて考えておいて問題ありません。

実際の業務における開発作業や問題の切り分け、精査といった作業は、現場での業務知識や経験則も絡む部分もあます。これらは「仕事を通して学ぶ」という一面があるため、エンジニアになる前から心配する必要はそんなにありません。

まずは論理的思考の基礎力を磨いておく事に注力し、現場で収集した知識をすぐに活用できるように心掛けておきましょう。

論理的な思考は決して一朝一夕で養えるものではありませんが、自分から意識的に鍛える事で、能力を伸ばす事は十分に可能です。

論理的な思考に関する書籍も多数出版されており、案外手軽に調べたり挑戦する事が出来ます。

エンジニアを目指す方は、書籍を読んだりネットで調べてみて、転職活動の合間に積極的にスキルを伸ばしてみると良いでしょう。

②技術力

エンジニアに求められる能力の2つ目に、技術力があります。

IT業界のエンジニアは、クライアントが要求するシステム要件の整理やシステムの開発、環境の構築など、技術や製品に関する豊富な知識や実務能力が求められます。

具体的に必要となる知識の例としては、Javaなどのプログラミング言語や、HTMLを代表するWEB言語、SQLなどのデータベース言語などの開発技術に加え、サーバーや負荷分散装置といった環境構築に関する知識と実務能力など、多岐に渡ります。

まずは興味のある業界で活用されている技術について把握し、自分はどんな技術に興味があり、どんな知識を深めていきたいのかをイメージする事で、今後進んでいく専門分野を決めていくのが良いでしょう。

新技術をとりいれる柔軟さが大切

エンジニアにとって、自分の得意な分野の知識や開発スキルを持っておくことは大切な事です。しかし、多くのプロジェクトを手掛ける大手企業などに転職した場合には、プロジェクトごとに求められる開発技術や、導入環境の組み合わせが異なる事もしばしばあります。

そのため、自分の得意な分野だけに固執せずに、いろいろな開発言語や環境に向き合える柔軟さを持っておく事が大切です。

また、IT業界は新しい技術の発表や普及スピードが速いため、現場のベテランエンジニアでも日々新しい技術に直面し、勉強をし続けているという現実があります。

このような背景から、エンジニアとっては、どの技術を使用出来るかというよりも、新しい事を要求されてもめげずに挑戦できるマインドを持つ事が大切です。

こつこつと物事を勉強し、新しい技術について楽しみながら調べたり検証出来るエンジニアを目指して頑張りましょう!

③専門的な業務知識

エンジニアに求められるスキルは、論理的な思考や開発技術だけではありません。システム化を行う顧客先の業務知識を獲得しておく事も、エンジニアにとって重要なスキルとなります。

顧客先の業務効率が向上するシステムを開発する為には、システム化を行う顧客先業務の専門的な知識を有しておく事が必要不可欠です。

エンジニアが顧客の要望を理解して最良のシステムを構築する為には、業務知識をベースにしてシステム化が行える部分と行えない部分の整理と切り分けを行い、システムの仕様に落とし込んでいく必要があります。

システム化では、業務知識が必須

顧客先の業務を正確に把握して業務の効率向上を図るためには、システム化を行う対象の業務に関する専門的な知識を把握しておく必要があります。

顧客の要望事項を的確に洗い出し、本当に求める機能を盛り込む為には、仕様の検討と設計がきちんとされているかが重要となります。

その際には、プログラム開発知識だけでなく、その業界の技術の特性や顧客先業務のフローについて把握しておく必要があるのです。

システムの使い勝手にも影響

例えば、製造や輸送、金融などの大規模なシステムを構築する際には、業務のフローだけでなく、関連する法律や届け出の種類などを正確に把握する事で、顧客先の業務が抱える課題や効率化が行える部分の特定を行う必要があります。

業務知識が曖昧な状態で顧客からの要望整理を行ってしまうと、打合せの際に顧客との認識に誤りが生じてしまったり、業務内容を誤認したままで不要な仕様を盛り込んでしまう事もあります。

そのような事態を避けるためにも、エンジニアにとっては自分の得意な分野の業務知識を深めておく必要があるのです。

業務知識を深める事で、顧客とのやり取りが円滑になるだけでなく、システムの保守作業や問合せの対応を行う際にも、的確なサポートを行えるようになる為、その影響範囲と得られる効果は絶大です。

このように、エンジニアは開発技術だけが求められるわけではなく、優れたシステムの設計と開発、稼働を行う為には関連する知識を身に付ける事が大変重要となってきます。

業務知識に関しては、ネットや書籍で勉強する以外に、現場で少しずつ覚えていく事になりますが、転職を行う場合には、自分が経験した業界のシステム開発に携われる企業を選ぶ事で、これまでの自分の知識や体験を活かす事が可能です。

業務知識は一見するとエンジニアの仕事とは関係なさそうに感じるかもしれません。しかし、一朝一夕で身に付くものではない為、これまでの社会人経験を経て積みあげて来た業務知識は、エンジニアを志す者の立派な能力の一つと言えます。

未経験からエンジニアを目指す方は、未知の世界に飛び込むというイメージがつきものですが、自分の経験してきた特定の業界に関する企業に転職する事で、これまでの経験を活かした転職が出来るという事を、ポイントの一つとして覚えておくと良いでしょう。

④ドキュメント作成能力

エンジニアに求められる能力の4つ目に、ドキュメントの作成能力があります。

ワードやエクセルを活用したドキュメント作成は、ビジネスパーソンにとって当たり前の事だと思われる方もいるかもしれません。しかし、ドキュメント作成能力は、エンジニアにとって極めて重要な能力の一つです。

エンジニアの仕事において、社内のプレゼンや顧客への説明資料、システムに関する各種設計資料、プロジェクトの課題一覧表など、多くのドキュメントを作成する事になります。

そんな中で、誰が見ても必要な情報や、実装すべき処理内容が的確に伝わる資料を作れるかが、優秀なエンジニアとそうでない人を分ける基準のひとつとなります。

ドキュメントの見易さや説明の細かさを追及する事で、顧客やプロジェクトメンバーとの意思疎通のレベルを高く保つこと事に繋がり、円滑にプロジェクトを進める鍵となります。

イメージを伝える工夫

特に、製品の実体や処理ロジックが目に見えず、イメージしにくいシステムは、一般的な製造業と比べて、顧客に製品の処理内容を説明して理解を得るのは非常に難しい事です。

その為、顧客やプロジェクトメンバーにシステムの仕様や内部ロジックについて解説する際には、形の存在しないロジックや階層構造のイメージを図説化して説明するなど、出来る限り相手に分かりやすく伝える為に、表現の工夫を行う必要があります。

その為、エンジニアには、短時間で高品質なドキュメントを作成するだけでなく、イラスト等のイメージ図を含めた、誰にでも理解しやすいドキュメントを作成する能力が求められます。

これらの能力は、解説の分かりやすさやイメージ図の作成などのセンスが問われる部分があるので、時間を掛けて養っていく必要があります。

図解を用いた解説多数書籍が出版されていますので、日頃から積極的に磨きをかけるようにしておきましょう。

⑤コミュニケーション能力

エンジニアに求められる代表的な能力の最後の一つに、コミュニケーション能力があります。

エンジニアを目指している方のイメージでは、エンジニアは室内に篭って設計したり、システム開発ばかり行っているイメージが定着しているかもしれません。

しかし、実際のエンジニアの仕事では、顧客要望の整理や、プロジェクトメンバーへの開発方針の説明、チームメンバーとの課題の共有、問題発生時の顧客や関係者への情報共有など、日頃から多くの人とのコミュニケーションを取る必要があります。

開発時のコミュニケーションの重要さ

開発作業を行う際には、コミュニケーション能力は関係ないのでは?と思う方も少なからずいるかもしれません。

しかし、関係者とのコミュニケーションを怠ってしまうと、顧客の要望を誤って受取ってしまい、要望と異なる仕様の設計書を作ってしまったり、プログラマーへの指示が不明確な事により、誤解を持ったままでプログラムにバグを実装してしまう事にもつながりかねません。

自分から積極的に質問し、やるべき事を明確にした上で開発作業を行う事で、顧客ニーズに合致した良質な製品開発を行う事が出来ます。そのため、メンバー間や顧客とは、積極的にコミュニケーションを取っていく事が非常に重要となります。特に、疑問点に関してはあいまいにせずに、素直な気持ちで周りに質問を行う事が大切です。

分からない事について誰かに教えて貰うのは恥ずかしいと感じる人もいるかもしれません。しかし、不明点を曖昧にしてしまうと、後で多大な迷惑を掛けてしまう可能性もあります。疑問に思った時こそ質問のチャンスと考え、謙虚な気持ちで質問をしていきましょう。

疑問点や不明点がある場合には、まずは素直な気持ちで周りに質問するなど、周りの人と密に連絡を取り合って、円滑な仕事が出来るエンジニアを目指していきましょう。

まとめ

今回は、エンジニアにとっての5つの必須スキルについてご紹介しました。

IT業界のエンジニアを目指す方は、現場に配属されてから慌てないように、予め各スキルについて把握しておくように心掛けましょう。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

エンジニアのスキルについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました