【利用者別に解説】「IT業界に強い」転職エージェントランキング

【分かりそうで分からないを解消】知識なしから分かるIT業界の基礎知識

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク

 

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio

この記事では、

・分かりそうで分からない、IT業界ってどんな業界なの?

・どんな仕事で、どんな職種が活躍しているの?

・知識なしでも分かるように、簡単に説明してほしい。

といった疑問にお答えしています。

 

突然ですが、あなたは「IT業界」と聞くと、どんな企業や技術を思い浮かべますか?

 

IT技術は日常生活で欠かせないものになっていますが、「IT業界がどんな業界で、どんな仕事をしているかイメージ出来ない・・・」という人も多いんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、分かりそうで分からない「IT業界の基礎知識」についてご紹介します。

 

 

この記事を読めば、IT業界の研究をするのに必要な「IT業界の基礎知識」が身に付きます。

 

「IT業界の基礎知識」を押さえておけば、IT業界のニュースやトレンドが理解しやすくなり、IT業界の就職・転職に役立つのでおすすめです。

 

IT業界の基礎知識を知りたい人は、参考にどうぞ。

 

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

 

\ 見ておきたい記事 /

IT業界に強いおすすめのエージェントランキング

 

 

スポンサーリンク

①分かりそうで分からない「IT業とは?

 

IT業界の分類や特徴といった細かいところを説明する前に、まずは分かりそうで分からない「IT」という言葉の意味から確認していきましょう。

 

「IT」ってなんの略?【Information Technology(インフォメーションテクノロジー)の略称】

日常生活の中で「IT」という言葉はよく耳にすると思いますが、あなたはどういう意味かご存知でしょうか?

 

これは英語の「Information Technology (インフォメーションテクノロジー)」の略称で、日本語に直訳すると「情報技術」という意味になります。

 

no-img2
Shio
「情報技術」と言われても、「ざっくりしすぎでイメージがつかない」という人もいますよね?

 

そこで、もう少し細かく解説していきましょう。

 

「IT業界」とは「情報技術を活用した製品・サービスを提供する業界」のこと

「IT」=「情報技術」という意味だとご紹介しましたが、具体的にどんなものが該当するのでしょうか?

 

no-img2
Shio
あなたは「情報技術」と言われると、どんなものをイメージしますか?

 

生活に身近なものだと、スマートフォンやノートパソコンといった電化製品をイメージする人も多いと思いんじゃないでしょうか?

 

no-img2
Shio
「電化製品」も答えとしては正解ですが、「情報技術」というのは、もっと色々な製品やサービスも含んでいます。

 

ここでいう「情報技術」とは、パソコン内で動作するソフトウェアやインターネットなどの通信技術も含めた、「情報処理にかかわる技術全般」を指しています。

 

つまり、IT業界とは、

  • 「情報処理にかかわる技術を使用した、製品・サービスを提供する業界」

ということになります。

 

no-img2
Shio
では、IT業界にはどんな企業やサービス、職種があるのでしょうか?

 

続いては、IT業界を知るのに押さえておくべき基礎知識をご紹介していきます。

 

②知識なしから分かる「IT業界の基礎知識」

Appleのデスクトップパソコンが置かれた作業机

 

ITの意味と業界の概要が分かったところで、押さえておくべき「IT業界の基礎知識」をご紹介していきます。

 

no-img2
Shio
文系・未経験など、知識なしの人でも理解できるように簡単に解説していきます。

 

ご紹介する「IT業界の基礎知識」は、以下のとおりです。

  1. IT業界の4つの分類
  2. IT業界の市場規模
  3. IT業界の平均年収
  4. IT業界の将来性、今後の動向
  5. IT業界で代表的なエンジニアの種類と職種
  6. IT業界のエンジニア・プログラマーのキャリアプラン
  7. ITエンジニアの必須スキル
  8. IT業界・最新トレンドの勉強におすすめの本
  9. 代表的なプログラミング言語
  10. IT業界で注目の最新技術

 

それぞれ順番に解説していきます。

 

①IT業界の4つの分類

 

ひとくくりに「IT業界」と呼ばれていても、実はその中にもいろいろな業界が存在しています。

 

no-img2
Shio

「具体的にどんな業界があるの?」という疑問が出そうなので、IT業界の分類についてご紹介していきます。

 

IT業界は「情報技術にかかわる製品・サービスを提供する業界」とご紹介しましたが、作っているものや提供するサービスによって、大まかにいくつかの業界に分類できます。

 

no-img2
Shio
「IT業界」を大まかに分けると、以下の4つの業界に分類できます。

 

  • 「ハードウェア業界」
  • 「ソフトウェア業界」
  • 「情報処理業界」
  • 「WEB業界」

 


「IT業界についてもっと知りたい」という人は、以下の記事もあわせて読むのがおすすめです!

IT業界の全体像を分かりやすく説明【4つの分類を図で解説】
この記事は、IT業界の全体像と4つの分類について解説しています。あなたは「IT業界」にどんな業界や企業があるかご存知ですか?「IT業界」という言葉はよく聞きますが、「具体的にどんな業界や企業があるのか分からない」という人も多いでしょう。今回は、IT業界の全体像と4つの分類について、図を使って具体的に解説していきます。

 

②IT業界の市場規模

 

no-img2
Shio
「IT業界の市場規模」について見ていきましょう。

 

IT業界の市場規模は、2021年までに「約18兆円」まで市場が成長する(支出額が増える)と予想されています。

 

これは2016年の実績と比べると、およそ「2兆円」もの大幅な市場成長をするということなので、これからエンジニアの活躍の場がますます広がりを見せることが予想できます。

 


「IT業界の市場規模」については、以下の記事で詳しく解説しています。

【実際はどの程度?】IT業界の「市場規模」と「平均年収」「平均年齢」について
さいきんはエンジニアを目指す方も増えてきていますが、IT業界の市場規模や、年収など、他の業界と比べてどのくらいなのかご存知でしょうか? 今回はエンジニアやIT業界に興味を持つ方のために、IT業界の「市場規模」、「平均年収」、「平均年齢」についてご紹介していきます。

 

③IT業界の平均年収

海に向かって両手を挙げる女性

 

no-img2
Shio
続いては、「IT業界の平均年収」がどの程度か見ていきましょう。

 

 

求人情報・転職サイトのDODAがおこなった調査「平均年収ランキング2017」によると、IT業界の平均年収は「466万円」で、「総合商社」に次いで「2番目に高い年収」という結果が出ています。

 

no-img2
Shio
2017年の「日本の平均年収」は432万円なので、他の業界と比べても稼げる業界と言えそうです。

 

高収入がもらえる他の業界と比べて、IT業界は文系・未経験の人でも入りやすい業界です。
そのため、「平均よりも高い年収が欲しい」と考えている人にはおすすめです。

 


「IT業界の年収」については、以下の記事で詳しく解説しています。

【実際はどの程度?】IT業界の「市場規模」と「平均年収」「平均年齢」について
さいきんはエンジニアを目指す方も増えてきていますが、IT業界の市場規模や、年収など、他の業界と比べてどのくらいなのかご存知でしょうか? 今回はエンジニアやIT業界に興味を持つ方のために、IT業界の「市場規模」、「平均年収」、「平均年齢」についてご紹介していきます。
稼げる仕事はどれ?職業別の年収ランキング【文系でもなれる職業を解説】
この記事は、男性・女性別の稼げる仕事ランキングをご紹介しています。誰でも稼げる仕事につきたいと考えるものですが、「どの職業でいくら稼げるの?」と疑問に思う人も多いでしょう。そこで今回は、129種類の職種ごとの年収ランキングを作成しました。男性、女性別の稼げる仕事ランキングや、文系でもなれる職業を知りたい人は参考にどうぞ。

 

④IT業界の将来性、今後の動向

カラフルな光の中を走る車

 

no-img2
Shio
続いては、「IT業界の将来性・今後の動向」について解説していきます。

 

ここ数年、日本国内では社内業務のシステム化、セキュリティー強化といった「IT化」を重要な課題とする企業が増えてきています。

 

このため、国内の「IT化のニーズ」が大幅に増えることで、ITエンジニアの需要も高まっていくと予想されています。

 

no-img2
Shio
IT業界の市場規模も年々拡大しているので、ITエンジニアの活躍の場は増えていきそうです。

 

また、日本では少子高齢化で人材の需給数が減少しているので、IT人材不足」が深刻な問題になると考えられています。

 

no-img2
Shio
下の図は、経済産業省の調査で「ITニーズの増加とIT人材不足」の推移を予測したものです。

 

 

出典:「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」経済産業省

 

経済産業省の「IT人材の不足規模に関する予測」によると、IT需要が高まっていく一方でIT人材不足も急激に進んでいき、このままいくと2030年までに最大79万人ものIT人材不足が発生すると予想されています。

 

こういった背景から、今後はITエンジニアを必要とする企業が増えていきそうです。

 

そのため、IT業界・エンジニアの仕事は「将来性のある仕事につきたい」と考えている人に特におすすめです。

 

no-img2
Shio
状況的に、未経験からITエンジニアを目指すのにベストなタイミングだと思います。

 

⑤IT業界で代表的なエンジニアの種類と職種

グラフを書いた黒板の前に立つ4人のビジネスパーソン

 

IT業界では色々なエンジニアが活躍しています。

例えば、システム開発ではシステムエンジニアやエンデベッドエンジニア。

 

インフラ関連だとサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアといった具合に、専門分野ごとに職種が分かれています。

 

no-img2
Shio
その他にも、以下のような職種があります。

 

IT業界の代表的なエンジニアの種類と職種

 

no-img2
Shio
同じITエンジニアでも、職種によって仕事内容にかなりの違いがあります。

 

そのため、IT業界の仕事やエンジニアに興味がある人は、自分がどの職種になりたいのかチェックしておくのがおすすめです。

 


「IT業界のエンジニアの職種についてもっと知りたい」という人は、以下の記事もあわせて読むのがおすすめです!

ITエンジニアの種類と適性を解説【文系にも分かるIT業界の職種一覧】
この記事では、「ITエンジニアの種類と適性【文系にも分かるIT業界の職種一覧】」をご紹介しています。 プログラマーやシステムエンジニアという名前は知っていても、具体的な仕事内容や、どんな人に適性があるか知らないという人も多いでしょう。そこで今回は、文系・未経験の人にも分かるように、IT業界の職種一覧をご紹介します。

 

⑥IT業界のエンジニア・プログラマーのキャリアプラン

チームで打合せしながらパソコン作業をする人たち

 

続いては、IT業界のエンジニア・プログラマーがどのようにキャリアアップしていくのかご紹介します。

 

エンジニアのキャリアプランは、大きく分けて以下の4つに分類できます。

 

  1. 「プロジェクトやチームの管理者」としてマネジメント職に進む
  2. 「開発のスペシャリスト」としてスキルを磨く
  3. 「IT関連の職種」にキャリアチェンジし、専門性を磨く
  4. 「フリーランスのエンジニア」として独立する

 

IT企業に勤めているエンジニアの場合だと、プログラマーからシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーと徐々にステップアップしていき、最終的にマネージメントを担当するのが一般的です。

 

no-img2
Shio
「プロジェクト管理をしたい」か「専門的なスキルを磨きたい」かの好みによっても違いが出てきます。

 

ITエンジニアのキャリアプランの立て方については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

⑦ITエンジニアの必須スキル

机の上に置いてあるノートパソコンとスマホ、ノート
 

IT業界のエンジニアには、色々なスキルと知識が求められます。

 

所属する業界や担当する職種によって多少の違いはありますが、どの業界のエンジニアにとっても重要な「5つの必須スキル」があります。

 

no-img2
Shio
ITエンジニアの必須スキルは、以下の5つです。

 

  1. 論理的思考力(ロジカルシンキング)
  2. 技術力
  3. 専門的な業務知識
  4. ドキュメント作成能力
  5. コミュニケーション能力

 

文系・未経験からエンジニアになりたい人は、上の5つのスキルを磨くように心掛けておくのがおすすめです。
 
 

「IT業界の求める人物像と必須スキル」については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

⑧IT業界・最新トレンドの勉強におすすめの本

テーブルの上に置かれた本とコーヒー

続いては、IT業界の勉強におすすめな本をご紹介します。

 

no-img2
Shio
僕がおすすめするのは、以下の4冊です。

 

  1. 「会社四季報」業界地図
  2. 日経業界地図
  3. ITナビゲーター
  4. ITロードマップ

 

ひとことで「IT業界」と言っても、実際にはいろいろな業界があります。

 

そのため、文系・未経験の人は、まずは「業界地図」でざっくりとIT業界の主要な企業について勉強していくのがいいでしょう。

 

no-img2
Shio
IT業界は、登場する業界や専門用語がたくさんあります。
一度にたくさんの情報をインプットするのは大変なので、IT業界の全体イメージを掴めてから、技術トレンドや今後の動向について調べていくのがおすすめです。

 

 

IT業界・最新トレンドの勉強におすすめの本については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

⑨代表的なプログラミング言語

ノートパソコンに向かってプログラミングをする人

 

no-img2
Shio
続いては、代表的なプログラミング言語をご紹介します。

 

システム開発は「エンジニアがプログラミングをして作るもの」というイメージを何となく持っている人も多いと思います。

 

しかし、プログラミングをするための「プログラミング言語」にも実はいろいろな種類があるというのはご存知でしょうか?

 

no-img2
Shio
代表的なものだと、以下のようなものがあります。
 
  • Java(ジャバ)
  • JavaScript(Javaスクリプト)
  • C言語(シー言語)
  • Python(パイソン)
  • PHP(ピーエイチピー)

 

プログラミング言語の種類によって、「得意な処理」や「開発に向いているシステム」に違いがあります。

 

no-img2
Shio
さらに、プログラミング言語は「処理の仕組み」という一面で見ると、「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」という2つの種類に分けられます。

 

そのため、プログラミングを勉強する時には、自分がどんなものを作りたいのかイメージしてから言語を選ぶのがおすすめです。

 

「代表的なプログラミング言語」と「スクリプト言語・コンパイラ言語」については、以下の記事で詳しく解説しています。

【2021年版】プログラミング言語の最新動向【人気の言語ランキングTOP10】
この記事では、2021年版「プログラミング言語の最新動向」をご紹介します。「プログラミングは自分の好きな言語を勉強するのが良い」という話はよく聞きますが、人気の言語が気になる人も多いと思います。今回は「GitHub」社の年次レポートを元に、世界の人気プログラミング言語10種と言語の特徴・人気の推移といった最新動向をご紹介します。
【プログラミング言語の種類】スクリプト言語とコンパイラ言語の分類と特徴
この記事では、プログラミング言語の種類と、スクリプト言語とコンパイラ言語の2つの分類・特徴をご紹介しています。プログラミング言語にはいろいろな種類がありますが、「処理の仕組み」という点ではたった2つに分類されるのはご存知でしょうか?今回は「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」の特徴とメリット・デメリットについて解説します。
 

⑩IT業界で注目の最新技術

人工知能のイメージ
 
IT業界は進歩のスピードが速いのが特徴です。そのため、最新技術やトレンド情報を積極的にチェックしておくのがおすすめです。
 
no-img2
Shio
最近で注目のIT技術には、以下のようなものがあります。
 
  • 5G通信
  • スマート農業(アグリテック)
  • キャッシュレス決済
  • 宇宙開発(宇宙ビジネス)
  • AI(人工知能)
 
文系・未経験の人がすべてに精通しておく必要はありませんが、どんな技術なのかくらいは知っておくようにしましょう。
 
 
「IT業界で注目の最新技術・トレンド情報」については、以下の記事で詳しく解説しています。
 
 

③知識なしの文系・未経験の人がIT業界で働くには?

ファイルを持って立つ女性

 
文系・未経験の人が一番聞きたいのは、「知識なしの文系・未経験でもIT業界で働けるの?」という質問でしょう。
 
結論としては、文系・未経験でもIT業界のエンジニアとして活躍できます。
 
no-img2
Shio
僕も文系・未経験でしたが、IT業界のエンジニアになれました。
 
理由や転職のポイントはいくつかあるのですが、

業界知識や踏むべきステップをきちんと押さえておけば、知識なしの未経験からでもIT業界で働けます。

 
 
no-img2
Shio
押さえておくべきポイントは以下の3つです。

 

  1. IT業界の現状(IT人材の採用状況)を知っておく
  2. IT業界の4つの分類、主な職種、年齢別の転職のポイントを押さえる
  3. 知識なしの文系・未経験でも採用されやすい狙い目の企業、言語を押さえる

 

詳しく説明していると長くなるのでこの記事では割愛しますが、

IT業界の採用状況や全体像、転職のポイントを把握しておくことで効率良く活動でき、ミスマッチも減らせます。

 

また、文系・未経験でも採用されやすい業界・プログラミング言語を選ぶことで、知識やスキルがなくてもエンジニアとして活躍できます。

 

no-img2
Shio
ポイントを押さえておけば、文系・未経験からでもIT業界で働けます。
 
 

「文系・未経験からエンジニアになるために必要なこと」については、以下の記事で詳しく解説しています。

【IT業界は入りやすい?】未経験からエンジニアになるために必要なこと【おすすめの企業や言語も解説】
今回の記事は、「文系・未経験からIT業界のエンジニアになるために必要なこと」をご紹介しています。「IT業界で働きたいけど、未経験から挑戦するにはハードルが高いかも?」と悩む人は多いと思います。そこで今回は「文系・未経験にとってIT業界は入りやすいのか?」「エンジニアになるのに必要なことは何なのか?」を解説します。
 
 

まとめ

以上、分かりそうで分からない「IT業界の基礎知識」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

文系・未経験の人でも、「IT業界の基礎知識」を押さえてしっかり準備しておけば、ITエンジニアとして活躍できます。

 

特に、IT業界で理想の活躍をするためには、それぞれの業界とエンジニアの働き方の違いをしっかりと把握しておくのがおすすめです。

 

no-img2
Shio
就職・転職活動のスタート前に、まずは自分が「どの業界」で「どんなエンジニアとして活躍したい」のかイメージしておきましょう!

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
IT業界アンテナ
タイトルとURLをコピーしました