【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「WEB系」エンジニアの4つの職種

ネットワークテクノロジーのイメージ図 ITエンジニアについて
スポンサーリンク

IT業界には、ソフトウェア開発やハードウェア環境の構築など、たくさんの仕事が存在しています。

そんなエンジニアの仕事の中でも、私たち一般消費者の生活に身近で、最もイメージしやすいものの一つとして、インターネット上で提供されるWEBサービスがあります。

「検索エンジン」や「ECサイト」を代表例とするWEBサービスは、「WEB系」エンジニア達の活躍によって作られています。

今回は、私たちが何気なく利用しているWEBサービスの裏側を支えている、「WEB系」エンジニアの職種についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「WEB系」エンジニアとは?

インターネットが普及している現在では、携帯電話やパソコンから、いつでもどこでも情報を検索出来るようになりました。

WEBサイトは、効率よく情報を収集する際の重要な手段として確立され、私たち現代人に無くてはならないものに成長しました。

雑誌などの紙媒体と比較した場合の「WEBコンテンツの最大の強み」は、リアルタイムでの情報発信が可能な点と、動画や音声などの様々な方法を用いた情報提供が行えることです。

「WEB系」エンジニアは、これら動画や音声、テキストといったオンライン上のサービスやコンテンツの企画や開発、デザインを担当するエンジニアの事を指します。

「WEB系」エンジニアの4つの職種

「WEB系」のエンジニアは、「企業のホームページ」や「WEBショップ」「ポータルサイト」など、ネット社会を支えるWEBページのデザインと作成を主な業務としています。

「WEB系」エンジニアの職種の代表的なものには、WEBディレクターやデザイナー、フロントエンドエンジニアなどがあります。

それではここからは、「WEB」系エンジニアの代表的な以下の4つの職種についてご紹介していきます。

■「WEB」系エンジニアの代表的な4つの職種

  1. WEBディレクター
  2. WEBデザイナー
  3. フロントエンドエンジニア
  4. バックエンドエンジニア

WEBディレクター

ノートパソコンのキーボードを入力する女性

WEBディレクターは、クライアントとの打ち合わせから要望事項を整理する要件定義作業、サイトの企画立案やスケジュールの作成、プロジェクトの進捗状況を管理を主な業務とするエンジニアです。

WEBディレクターは、WEBデザイナーやプログラマーなどのチームメンバーの予算計画やスケジュールの進捗管理を行うだけでなく、サイトのコンセプトを纏めたり、設計作業を行ってチームの取りまとめも行うため、システムエンジニアやITコンサルタントに近い立ち回りを行います。

また、チーム内や顧客先ではサイト作成の責任者としての活躍が求められるため、顧客との折衝能力や提案力が必要な職種となります。

顧客からの要望を整理したうえで、見やすさや機能性の高いデザインを行い、WEBサイトの画面構成の検討を行い、顧客の合意を取る事になります。

画面構成や色合いなどのデザインについて顧客と合意が取れ次第、コーディングをはじめとしたWEBサイトの作成を行う事になります。

WEBディレクターは、顧客とプロジェクトチームの橋渡し役となり、WEBサイトの作成を総合的に管理するポジションのため、それぞれの要望や意見を上手く取り込んだサイト作成が行えるように注意を行う必要があります。

WEBディレクターは、顧客先の調整やWEBサイトのデザイン決定など、WEB作成に総合的にかかわりたい人にお勧めの職業です。

WEBデザイナー

色彩とデザインについて議論するデザイナー

WEBデザイナーは、企業のホームページやWEBショップ、ポータルサイトなどのデザイン作成を主な業務とするエンジニアです。

WEBデザイナーは「明るい色で目立つサイトを作って欲しい」「自然色を用いたエコなイメージのデザインにして欲しい」といった、顧客からの要望を整理して、見やすく機能的なデザインを行ってWEBサイトの画面構成を検討します。

インターネットが普及した昨今では、単に機能性を向上させるだけでなく、見やすさや使いやすさといったデザイン性の高さを追求することも、ユーザビリティを向上させる重要なポイントの一つとなってます。

そのため、WEBデザイナーは顧客の要望に柔軟に対応出来るようになるために、様々なパターンのデザインに精通しておく必要があります。

WEB業界の仕事はその他のIT業界の仕事と同様に、パソコンの前で一日中作業をするイメージが強いですが、WEBデザイナーは顧客との打ち合わせを繰り返し行う場合が多くあります。

そのため、単純なデザイン能力や技術力だけでなく、コミュニケーション能力も求められる仕事です。

WEBデザイナーは、センスの高いサイトデザインの作成や、企業などのホームページ作成に興味のある方にお勧めの職種です。

スポンサーリンク

フロントエンドエンジニア

ノートパソコンにプログラミングを入力するエンジニア

フロントエンドエンジニアは、WEBサイト作成を担当するプログラマーの一つです。

フロントエンドエンジニアは、WEBデザイナーが検討したデザインに従って、WEBサイトで提供するサービスに必要な「技術の選別」と「サイト構造や実装方式を検討」して「コーディングを行う」のを主な業務とするエンジニアです。

WEBデザイナーがWEBサイトの見やすさや使いやすさといったデザイン部分を担当するのに対して、フロントエンドエンジニアは要望通りの画面表示や処理を行うためにはどんな構造のサイトにすべきかを検討し、WEBデザイナーの相談相手となり協力しながら、一つのWEBサイトを作り上げていきます。

特に、フロントエンドエンジニアは画面の表示部分など、WEBサイトの外部表示部分の処理をメインで担当します。

近年では、従来から存在するHTMLなどを利用した静的なWEBサイトだけでなく、JavaScriptを組み込んだ動的なサイトの作成が流行となって来ている為、フロントエンドエンジニアのニーズは増加傾向にあり、活躍の場がますます増えてきています。

他のクリエイターの相談役となり、技術的な要望や問題を解決するポジションのため、WEBデザイナーの「このページはこうしたい」という要望を叶えるのがフロントエンドエンジニアの仕事とも言えます。

この仕事もWEBデザイナーと同様に、画面のデザインや動作部分の製作に携わる事から、顧客先に出向いて打ち合わせする機会も多く、コミュニケーション能力が問われる仕事の一つです。

企画の段階からWEB作成に携わる事で、一から商品を作り上げていく実感が持てるため、顧客やクリエイターから感謝される喜びが感じられる仕事のため、WEBサイトを作る事でモノづくりをする実感や、人から感謝される実感を得たい人にお勧めの職種です。

バックエンドエンジニア

プログラミング言語とキーボード

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアと同様にWEBサイトの作成を行うプログラマーの事を言います。

一般的なシステムと同様に、WEBサイトを作成する際にも、通常のアプリケーションシステムと同様にサーバーを準備して処理を行う必要があります。

バックエンドエンジニアは、WEBサイトを利用するユーザーが普段は意識する必要がない、WEBアプリケーションの内部処理やデータベースの更新処理など、WEBサイトの裏側で行う処理のプログラム開発を行う事を主な業務とするエンジニアです。

フロントエンドエンジニアが「外部的な処理部分のロジック実装」を担当するのに対して、バックエンドエンジニアは「内部的な処理方式の検討や実装」を行うのが特徴となっています。

フロントエンドエンジニアの仕事は、WEBデザイナーやフロントエンドエンジニアの要求する画面処理の仕様を確認したうえで、いかにその処理を実現するかといった処理ロジックや実装方法を検討してコーディングを行うのが主な業務となります。

この仕事では、画面上からは見て取れない裏側の処理内容を主に担当する為、WEBシステムに関する知識と合わせて、アプリケーションサーバーやデータベース等のインフラ周りの知識に精通している必要があります。

フロントエンドエンジニアと比べると内部ロジック部分を担当するため、裏方のようなイメージは強くなりますが、フロントエンドエンジニアと共に、WEBディレクターやWEBクリエイターの相談にのり、技術的な実現方法を検討していきます。

この仕事は、要求された仕様を効率的に実現する実装方法を追求していく必要があるため、ひとつの物事をコツコツと追い求めることが出来る、職人気質の人にお勧めの職種です。

まとめ

今回は、IT業界の中でも、オンラインサービスの提供を主な業務とする「WEB系」エンジニアについてご紹介しました。

一般的なエンジニアは、プログラムの開発ばかりを行っている印象が強いですが、「WEB系」エンジニアの仕事は顧客先とのデザイン面の打合せなど対外的なやり取りを行うことも多く、消費者の目に留まりやすい性質から、一般の方にも比較的仕事内容がイメージしやすい職種とも言えます。

ホームページのデザインや、オンラインゲームの配信といったWEBコンテンツの作成に関心がある方は、「WEB系」エンジニアの職種を目指してみると良いかもしれません。

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

ITエンジニアについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました