【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

【どの年齢でいくら稼げる?】プログラマーの年代別「平均年収額」

青色に光るパソコンのキーボード IT業界の基礎知識
スポンサーリンク

こんにちは!
エンジニアのShioです。

突然ですが、あなたは「プログラマー」の仕事にどんなイメージを持っていますか?

「仕事がむずかしそう」とか、「給料が高そう」とか、そんなイメージを持っているでしょうか?

「プログラマー」に興味がある人の中には、

・「プログラマーって、どの年齢でいくら稼げるの?」
・「男性と女性で、年収額にどのくらいの差があるの?」

というのが気になっている人もいるんじゃないでしょうか?

そんな疑問にこたえるために、「プログラマー」の年代別の年収額について、調べてまとめてみました!

この記事では、

  1. 「 プログラマー全体」の平均年収はいくら?
  2. 「プログラマー(男性)」の年代別の年収額
  3. 「 プログラマー(女性)」の年代別の年収額
  4. 「 男性と女性プログラマー」の年収額の差はどのくらいか?

という4つのポイントに分けて、まとめた結果をご紹介していきます!

スポンサーリンク

① 「プログラマー」の「平均年収額」

まずはじめに、プログラマー全体の平均年収を見ていきましょう。

この記事では、政府統計データの「賃金構造基本統計調査」を参考に「プログラマー」の推定年収額を算出しました。

※この記事を書いている現時点(2020年2月時点)の最新版データ、「H30年」の調査結果を元に平均年収額を算出しています。

その結果、「プログラマー」の平均年収額は以下のとおりでした。

■「プログラマー」の「平均年収額」
・プログラマー(男性):429.4万円
・プログラマー(女性):378.3万円

参考賃金構造基本統計調査

ご覧のとおり、同じ「プログラマー」でも、男性の方が50万円ほど年収額が高くなっているみたいです。

それでは、年代ごとの年収額はどのくらいの違いがあるのでしょうか?

ここからは、男性と女性別に、それぞれの年代で年収額がどうなっているのか見ていきましょう。

② 「プログラマー(男性)」の年代別「平均年収額」

まずは男性の方から、年代別の年収額を見ていきましょう。

※ぱっと見で分かりやすくするために、表とグラフでご紹介していきます。

下の表に、各年代の男性プログラマーの年収額の情報をまとめています。

平成30年プログラマー(男性)の年代別年収額

参考賃金構造基本統計調査

オレンジ色の行が、男性プログラマーの年収が一番高くなっている年代です。

この表を見る限り、男性プログラマーは、55歳~59歳までの定年あたりの年代で、一番年収が高くなるようです。

平均年収の最高額は、729.3万円程度まで伸びるみたいです。

年代別の年収額の情報を、もう少し見やすくまとめてみましょう。
下の図は、先ほどの年代別の年収額の表をグラフ化したものです。

平成30年プログラマー(男性)の年代別年収額グラフ

参考賃金構造基本統計調査

このグラフを見ると、男性プログラマーの年収は、35歳頃まで右肩上がりに伸びていくようです。

その後、35歳~49歳まではほぼ横ばいの年収がつづき、50歳~定年まぎわにグンと上昇する、という結果になっています。

60歳以降は、定年をむかえることもあってか、年収額は400万円までダウンするみたいですね。

③ 「プログラマー(女性)」の年代別「平均年収額」

それではつづいて、女性プログラマーの年代別の年収額を見ていきましょう。

※こちらも表とグラフでご紹介していきます。

下の表が、各年代の「女性プログラマー」の年収額の情報をまとめたものです。

平成30年プログラマー(女性)の年代別年収額

参考賃金構造基本統計調査

オレンジ色の網掛け部分が、「女性プログラマー」の年収が一番高くなる年代です。

この表のとおり、「女性プログラマー」の年収は50歳~54歳までが一番高く、491.7万円が最高額という結果になりました。

次は、女性プログラマーの年代別の年収額をグラフで確認してみましょう。

下の図は、先ほどの年収額の表をグラフ化したものです。

平成30年プログラマー(女性)の年代別年収額グラフ

参考賃金構造基本統計調査

このグラフを見ると、「女性プログラマー」の年収は30歳頃まで右肩上がりに伸びていくようです。

その後、30歳~44歳までは400万円ほどの年収額で横ばいになっています。

45歳からは年収が500万ほどにアップし、定年までは同じくらいの年収額をキープする結果となりました。

定年の影響からか、60歳を過ぎたあとは、男性と同じく年収額が大きくダウンするみたいですね。

④ 「プログラマー(男女)」の「年代別」年収比較

ここまでは、「プログラマー」の年収額を男性、女性別にみてきましたが、

ここからは、「男性と女性プログラマーの年収額をくらべると、どのくらいの差があるのか?」という観点で見ていきたいと思います。

下の図は、先ほどの男性、女性プログラマーの年代別年収額グラフをひとつにまとめたものです。

平成30年プログラマー(男性、女性)の年代別年収額比較グラフ

このグラフから読み取れた違いについて、ポイントを確認していきましょう。
※グラフ内の青い線が男性の年収額、赤い線が女性の年収額の推移です。

このグラフを見ると、29歳までの年収額は、男性も女性もほとんど同じように右肩あがりになっているようです。

30代~44歳までは年収額に差が出はじめますが、45歳~49歳には再び同じくらいの年収に戻っています。

50代以降になると、また年収額に差が出始めるようです。
男女の年収額でいちばん差が出るのは、55歳~59歳の年代で、270万近くの差が出る結果となりました。

調査してみた感想

ここまでに、「プログラマー」の年代別の年収額について調べた内容をまとめてみましたが、けっこうおもしろい結果になりましたね。

男女ともに30歳くらいまではほとんど同じ年収額で推移していたのが、30代から差が開きはじめ、定年のころには270万もの差になってしまうのは、僕としても予想外の結果でした。

僕もはじめは「男女で多少は差が出るんだろうなー。」くらいの感覚で調べていたのですが、270万の差って・・・インパクトすごいですね。

30歳くらいから男女の年収額に差ができる理由について少し考えてみましたが。

これは結婚や子育ての影響が大きいんじゃないかなと思います。

結婚や子育てって、これまでとくらべて生活スタイルが大きく変わるイベントですし。

僕のまわりでも、だいたい30代くらいで育児休暇をとったり、時短勤務をする方が多くなってるので、あながち間違ってはいないかなと思ってます。

「平均年収額」だけで見ると、最終的には男女で大きな差が出てしまってますが、IT業界は他の業界とくらべると柔軟な働きかたができる会社が多いです。

「自分の生活スタイルにあった仕事ができる」というのはけっこうポイント高いと思うので、プログラマーはおすすめの職業だと思います。

まとめ

この記事では、プログラマーの年代別の「平均年収」についてご紹介しました。

ご紹介した内容をざっとおさらいすると、「プログラマーの平均年収」は以下の通りでした。

■「プログラマー」の「平均年収額」
・プログラマー(男性):429.4万円
・プログラマー(女性):378.3万円

参考賃金構造基本統計調査

「プログラマーって、どの年齢でいくらの年収なんだろう?」という疑問から情報をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

この記事でまとめた情報が、ITエンジニアに興味を持つきっかけになるとうれしいです。

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました