【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「ハードウェア業界」の概要

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク

「IT」と聞くと、ソフトウェアやWEBページを真っ先にイメージする方も多いと思います。

しかし、どんなに便利なソフトウェアも、操作性の高いハードウェアが無ければ機能を最大限に利用する事は出来ません。

時代の流れにあわせて数々のデバイスを開発し続けるハードウェア業界は、IT業界の根幹を支えていると言っても過言ではありません。

今回は、主要な製品の種類や業界内の強豪企業など、ハードウェア業界の全体像についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ハードウェア業界とは?

ハードウェア業界は、パソコンやサーバーなどのコンピューター、ストレージや印刷機などの周辺機器、ネットワーク機器や家電、ゲームといった電子機器本体の製造と販売を主な業務とする業界です。

私たちの生活に身近なハードウェアには、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などがありますが、近年ではVR機器やドローン、3Dプリンターなどの新たなデバイスが開発され続けています。ハードウェア業界では製品の多様化と市場の拡大が進み、エンジニアはますます活躍の場を広げています。

ハードウェア業界で扱われる製品は種類が非常に豊富で、製品ごとに強豪企業やグループ、事業の展開方法などに違いがあります。

国内企業で特に多くの売上額を上げている有名な企業には、ソニー、日立、パナソニック、富士通など、国内大手企業が多数ランクインしています。

高度な技術力を誇る日本企業のハードウェアは世界的にも高い評価を得ていますが、世界的なシェアで見ると、アップルやデルなどの海外勢に押され気味な状況となっており、国内メーカーの今後の成長に期待が持たれています。

 

ハードウェア業界の代表製品

ハードウェア業界で扱われる製品は種類が実に豊富で、それぞれの業界ごとに参入企業の数や種類、強豪企業が異なります。

今回は、私達の生活内で身近なハードウェアの中から、特に代表的な製品である「コンピューター」と「タブレット端末」に焦点を当てて、業界を構成するメーカーや強豪企業の情報についてご紹介します。

 

コンピューター産業について

「コンピューター」という言葉をよく耳にしますが、IT業界で扱うコンピューターは大きく分けて2種類が存在します。

1つ目は、一般家庭や個人用の用途を想定して作られた「パソコン」。

2つ目は大企業や組織向けの大規模な業務処理を行う事を想定して作られた「サーバー」です。

■コンピューターの種類
・パソコン = 一般家庭用のコンピューター
・サーバー = 大企業や組織向けの大規模コンピューター

「パソコン」はデスクトップパソコンやノートパソコンなど、見たことがある人も多いと思いますが、「サーバー」は企業やデータセンターに設定される事が多いため、見たことがある人は少ないかもしれません。

どちらも同じ演算処理を行う機器を指しますが、それぞれ用途に応じてハードウェアの構成やスペックに違いがあり、多くの企業が製品に自社特有の特徴や機能を実装してしのぎを削っています。

ここからは、パソコンとサーバーのそれぞれの製品ごとの特徴と、参入している企業についてご紹介して行きます。

 

「パソコン」メーカーと強豪企業

「パソコン」産業では、個人向けのノートパソコンや、家庭用のデスクトップパソコンなどの一般家庭向けのパソコンをメインに製造する会社が活躍しています。

一般向けパソコンの国内でのシェアを見ると、NEC、富士通、東芝、VAIOが高いシェア率を誇っています。

国内シェアの第1位はNECとレノボが提携した「NECホールディングス」で、2位には富士通がランクインしています。

一方の世界シェアを見てみると、レノボ、ヒューレットパッカード、DELL、アップル、エイサーなどの海外企業が上位を占めており、日本の国内メーカーは海外勢に押され気味の状況となっています。

世界シェアでは中国製のレノボが1位を獲得しており、世界マーケットに対して圧倒的な存在感を見せつけています。

近年では、高性能な機器の流行と併せて、タッチパネルや薄型のポータブル端末や、台湾製のエイサーなどが提供する低価格端末も登場しています。

各メーカー製品は性能面での競争を行うだけでなく、各製品で機能に特徴を持たせたり、用途に併せて製品のバリエーションを増やし、幅広い顧客ニーズにも柔軟に対応を行っています。

業界全体を見ると、Windows XPのサポート切れによるコンピューターの一斉買い替えが行われた事とタブレット端末の流行に押され、近年のパソコン売上げは落ち込み気味な流れとなっています。

 

■一般PC業界のイメージ図

一般PC業界のイメージ図

 

「サーバー」メーカーと強豪企業

「サーバー」は、企業や政府、金融機関などのサービスを提供する大規模で高性能なコンピューターの事で、高性能な機器の製造を得意とするメーカーが多数参入しています。

国内メーカーで高いシェアを誇るのは富士通、NEC、日立製作所などで、国内でのシェア第1位は富士通となっています。

一方の海外勢は、アメリカ企業のヒューレットパッカード、DELL、IBM、レノボなどが世界シェアの上位を占めています。

世界シェアの第1位はアメリカのヒューレットパッカード、第2位はDELLがランクインしており、日本企業を大きく突き放して高いシェアを誇っています。

 

■サーバー業界のイメージ図

サーバー業界のイメージ図

 

「タブレット」メーカーと強豪企業

アップル社の「ipad」が発表されてから人気となった「タブレット端末」は、時代の流れと共に参入企業が増加し、世界各国のメーカーが入り乱れて製品開発を行っています。

国内企業の代表格はNECレノボコーポレーション、富士通、京セラ、パナソニック、ソニー、東芝など多くの大手企業が参入しているものの、海外勢の企業と比較すると今一歩届いていない状況が続いています。

一方の海外メーカーは、アップル、サムスン、レノボ、エイスースなどのメーカーが高いシェアを誇っています。

世界シェアの第1位はアップルで、他社とは大幅な差をつけた圧倒的なシェア率を誇っており、「タブレット端末」はアップルの独走状態と言えます。

タブレット業界内では、国内と海外シェア共にアップルが独占する結果となっています。

 

■タブレット業界のイメージ図

タブレット業界のイメージ図

 

業界の技術動向

ハードウェア業界は様々なタイプの新機軸商品が発表されており、今後も伸びていく見通しがされています。

特に、近年ではIoTの技術浸透により様々な製品がネットワークに接続される流れとなっており、これまで何気なく利用していた電化製品の機能拡張や、これまで見たことが無かった新サービスの考案と提供が期待されています。

また、VR(バーチャルリアリティー)やドローン、3Dプリンターなどのハードウェア業界がけん引する技術革新によって、社会のサービスレベルが格段に向上する兆しを見せています。

 

まとめ

今回はコンピュータとタブレット端末に焦点を当てて、ハードウェア業界についてご紹介しました。

ここ数年のパソコン市場では、タッチパネル式のパソコンやキーボードとディスプレイが取り外せる分離型ノートパソコンが登場するなど、ノートパソコンとタブレット端末の両方の良い部分を取り入れた「ハイブリッド製品」が登場してきており、市場や顧客ニーズの変化併せて新しい製品の開発が進んでいます。

国内シェアでは日本企業が奮闘しているものの、世界的なシェアという面では海外メーカーにいま一歩及んでいない分野が多くありますが、日本ならではの技術力を活かした独自路線で戦っている産業も多く、国内ハードウェア業界の今後の活躍に期待が持たれています。

数年後に控えた2020年の東京オリンピックでは、ロボットの活用が期待されている事や、IoTにより家電などの様々な製品がインターネットに接続されて機能が向上するなど、ハードウェア業界の製品開発と技術進歩は今後ますます白熱していく事が予想されています。

このように、ハードウェア業界は「最新の技術を活かして、国内の産業を牽引したい」という方におすすめの業界となっています。

最新の技術や製品に興味のある方は、ぜひハードウェア業界に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

■この記事の参考書籍:

日本経済新聞出版社 (2017) 『日経業界地図 2018年日本経済新聞出版社

  東洋経済新報社 (2017) 『「会社四季報」業界地図 2018年版』東洋経済新報社

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました