【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【IT業界のエンジニアは何位?】職種別「平均勤続年数」ランキング

笑顔でグッドサインをする4人の外国人ビジネスパーソン IT業界の基礎知識
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

ちょっと質問ですが、あなたはITエンジニアの「平均勤続年数」がどのくらいか知っていますか?

IT業界のエンジニアって、「若い人が多い」とか「転職がしやすい」みたいなイメージを持っている人も多い気がしますが、ふと、「平均的な勤続年数ってどのくらいなんだろう?」というのが気になったので、エンジニアの勤続年数について調べてみました。

この記事では、ITエンジニアと他の職種の「平均勤続年数」にどのくらいの違いがあるかについて、ランキング形式でご紹介していきます。

スポンサーリンク

ITエンジニアの「平均勤続年数」

まずは、ITエンジニアの「平均勤続年数」について確認していきましょう。

今回は「職種別」のランキングなので、「プログラマー」と「システムエンジニア」の2つの職種を見ていきたいと思います。

元ネタとなる職種別の「平均勤続年数」の情報は、政府統計データの「賃金構造基本統計調査」を参考にさせてもらいました。

※この記事を書いている現在の(2020年2月時点)の最新版は、「平成30年度の調査結果」となります。

データを確認したところ、「プログラマー」と「システムエンジニア」の「平均勤続年数」は以下のとおりでした。

■ITエンジニアの「平均勤続年数」

・プログラマー 6.3年

・システムエンジニア 11.8歳

参考賃金構造基本統計調査

こちらの結果をご覧のとおり、「プログラマー」と「システムエンジニア」の勤続年数には、5.5年の差があるみたいです。

僕の感想として、プログラマーの「6.3年」は勤続年数としては短い印象をうけましたが、
この「プログラマー」と「システムエンジニア」の勤続年数は、どのくらいの順位にランクインするのでしょうか?

つづいて、職種別の「勤続年数ランキング」を確認していきましょう。

職種別「平均勤続年数」ランキング

ランキングのイメージ画像

それではここからは、「平均勤続年数」のランキングをご紹介します。

このランキングは、「平成30年賃金構造基本統計調査」のデータを参考に、129種類の職種別の「平均勤続年数」をランキング形式にまとめたものです。

今回は、「勤続年数が長い職種=上位」となるように、「平均勤続年数の昇順」で順位を紹介していきます。

職種別「平均勤続年数ランキング」(129位~66位)

まずは、「平均勤続年数ランキング」の後半部分(129位~66位)から見てみましょう。

「平均勤続年数ランキング」の後半は、勤続年数が3年~11年までの職種をまとめています。

下のグラフが、後半部分のランキング結果です。

職種別平均勤続年数ランキング129位~66位

参考賃金構造基本統計調査

グラフの赤枠で囲んでいるところを見てもらえば分かるとおり、左端に「プログラマー」の名前が出ています。

「プログラマー」のランキング結果は、全129の職種のうち第122位でした。

さきほど「プログラマー」の平均勤続年数は「6.3年」とご紹介しましたが、他の職種とくらべてもかなり短い部類に入るようです。

では、「システムエンジニア」はどのくらいの順位にランクインしたのでしょうか?

ランキングの続きを見ていきましょう。

職種別「平均勤続年数ランキング」(65位~1位)

つづいては、「平均勤続年数」ランキングの前半(65位~1位)をご紹介していきます。

前半部分は、11.3年~20.5年までのランキング結果をまとめています。

下のグラフが、前半部分のランキングです。

職種別平均勤続年数ランキング65位~1位

参考賃金構造基本統計調査

グラフの赤枠で囲んでいるところが、「システムエンジニア」のランキング結果です。

このグラフを見るかぎり、前半グループの職種としては、他とくらべて勤続年数が短い部類に入るようです。

気になる「システムエンジニア」の順位は、全129の職種のうち第48位でした。

※ちなみに、ランキングの1位は「電車運転士」の20.5年でした。2位の「左官」とくらべて3.5年もの差をつけて、堂々の第1位となりました。

ランキングの感想

ここまでに129位~1位までのランキングをご紹介してきましたが、「プログラマー」の「平均勤続年数」が、他の職種よりもダントツに短いのに驚きました。

特に、1位の「電車運転士」とくらべると「14.2年」も開きがあるのにびっくりです。

逆に「システムエンジニア」(11.8年)は、全職種の平均値「11.0年」に近い数字で、全体からみてもそれなりに勤続年数が長い部類に入っていたのも、なかなか面白い結果だったと思います。

「プログラマー」の勤続年数が短い理由を自分なりに考えてみたのですが、下の2つの理由があるんじゃないかと思います。

  1. 他の職種とくらべて転職しやすい環境なので、気軽に転職してしまうため。
  2. 「プログラマー」→「システムエンジニア」へとキャリア変更するケースがあるため。

上に書いた2つの理由から、結果的に「プログラマー」は勤続年数が短くなるんじゃないかなと考えてます。

まとめ

今回の記事では、ITエンジニアの「平均勤続年数」をランキング形式でご紹介しました。

もう一度ランキング結果を振返ると、「ITエンジニアの平均勤続年数」は以下の通りでした。

■ITエンジニアの「平均勤続年数」

・プログラマー:6.3年(第122位)

・システムエンジニア:11.8年(第48位)

ここまでで、「IT業界、エンジニアの平均勤続年数がどのくらいなのか?」という疑問から調べてみた結果をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「プログラマー」の勤続年数が短いことに驚いたり、「システムエンジニア」の勤続年数が全体の平均値に近い結果だったりと、いろいろと思うところがあったと思います。

このランキングの情報が、IT業界やエンジニアに興味をもつきっかけになってくれたら嬉しいです。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました