【利用者別に解説】「IT業界に強い」転職エージェントランキング

【RPAツールとは?】プログラムとの違いや目的・効果を解説

デスクトップパソコンのイラスト IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
 

この記事では、

  • 最近「RPAツール」という言葉をよく聞くけど、RPAとはどんなものなの
  • RPAはプログラムとはどう違うの?
  • RPAツールを使う目的や効果って、どんなものがあるの? 

といった疑問にお答えしています。

 

 

【対象読者】
「RPAツール」について知りたい人

 

【この記事を読むと】
「RPAツールとプログラムの違い、目的と効果」が分かる

 

 

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは「【RPAツールとは?】プログラムとの違いや目的・効果」についてです。

 

あなたは、「RPA」という言葉を聞いたことがありますか?

 

最近では「働き方改革」や「業務効率化」とセットで紹介されることも多いので、「聞いたことがある!」という人もけっこういると思います。

 

でも、「RPAとは何なの?」「プログラムと何が違うの?」といった疑問を持つ人も多いんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、最近注目されている「RPAツール」について解説していきます。

 

この記事を読むことで、RPAツールのプログラムとの違いや、導入の目的と効果が分かります。そして、RPAによる業務効率化がスムーズにできるようになるでしょう。

 

RPAツールに興味のある方は、参考にどうぞ。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。
(エンジニア歴は10年以上)

 

【主な開発スキル】

Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

【経験した業務】
企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

 

 

\ 見ておきたい記事 /

IT業界に強いおすすめのエージェントランキング

 

 

スポンサーリンク

【RPAツールとは?】プログラムとの違いや目的・効果を解説

クエスチョンマークと人形

 

それでは、RPAツールについて解説していきます。

 

この記事では、以下の3つの内容を解説していきます。

  1. RPAとはどんな意味?
  2. RPAツールの導入目的と効果
  3. RPAツールの3つの特徴【プログラムとの違いや、使いやすい理由とは?】

 

それでは、順番に解説していきます。

①RPAとはどんな意味?(「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略)

パソコンに向かって作業をするロボット

 

まずはじめに、「そもそもRPAとは何なのか?」という基本的なところからご紹介していきます。

 

no-img2
Shio
アルファベット3文字で「RPA」と言われても、何のことだかピンとこないですよね?
 

ということで、まずは「RPA」という言葉の意味からご紹介しましょう。

 

Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)

「RPA」というのは、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」という英語の略称です。

 

no-img2
Shio
日本語にすると、「ロボットによる処理の自動化」という意味になります。

 

つまりRPAツールとは、「人間がやっている処理をソフトウェアロボットで自動化して、業務改善ができるツール」ということです。

 

②RPAツールの導入目的と効果

Appleのデスクトップパソコンが置かれた作業机

 

RPAツールの意味について分かったところで、続いては「RPAを導入する目的と効果」をご紹介していきます。

 

RPAツールの導入目的

RPAツールを導入する目的は、「業務の自動化と効率化」を図ることです。

 

no-img2
Shio
特に、業務のルール・処理パターンがシンプルな「定型業務の自動化」が主な目的になります。

 

最近はどの業界も人手不足になってきているので、単純作業は自動化しつつ、より重要度の高い作業に人員が割けるように工夫する必要があります。

 

RPAツールを使うことで業務効率が改善するので、積極的に活用していくのがおすすめです。

 

RPAツールの導入効果とメリット

それでは、RPAツールを使うとどんな効果やメリットがあるのか見ていきましょう。

 

no-img2
Shio
RPAツールの効果には、以下のようなものがあります。

 

■RPAツールの導入効果・メリット

  • 低コストで導入できる
  • 業務プロセスの自動化により、人手がいらなくなる
  • 機械的に処理を行うので、入力間違い・入力漏れが防げる
  • 大量データでも短時間で効率よく処理ができる

 

今まで人がやっていた作業を「ツールで機械的に実行できる」ので、人手がいらなくなるのはもちろん、処理スピードの向上やミスの低下も期待できます。

 

データ入力などの「定型業務」が自動化できる

例えば、RPAツールの自動化に適している作業の代表例に「データ入力」作業があります。

 

これまでは、データ入力作業はデータ数が多いと入力に時間が掛かるため、たくさんの人を雇う必要がありました。

 

また、人の手で処理をしていると、どうしても入力間違い・入力漏れなどのミスが発生してしまいます。そのため、入力内容のチェックも実施するなど、人手と時間が必要な作業でした。

 

no-img2
Shio
しかし、RPAツールを使えば、こういった定型業務の自動化が簡単にできるようになりました。
 
「データ入力」作業の大半は、単純な繰り返し作業です。

 

そのため、RPAツールに処理ルールを登録しておくことで、誰でも簡単に自動実行できるようになりました。

 

さらに、RPAツールならロボットが機械的に処理してくれるので、入力ミスの心配もほとんどすることがなくなり、

 

データ入力などの定型業務を「RPA」ツールで自動化すれば、業務の手間を減らし、作業にかかる時間やコストの削減につなげることができます。

 

no-img2
Shio
実際に、数百時間~数千時間の作業時間の短縮を実現している企業もあります。

 

③RPAツールの3つの特徴【プログラムとの違いや、使いやすい理由とは?】

POINTと書かれた紙を指さす矢印マーク

 

ここまでに、RPAツールの意味や、導入する目的と効果についてご紹介してきましたが、「自動化するだけなら新しくプログラムを組んだり、システム化すれば同じことができるんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

 

そこで、プログラムとの違いや、使いやすい理由といった「RPAツールの3つの特徴」をご紹介します。

 

たしかに、処理を自動化するだけなら、プログラムを組んでシステム化すれば同じことができます。

 

no-img2
Shio
でも、一からシステムの開発をした場合は、かなりのお金や時間、労力がかかってしまいますよね?

 

RPAツールは、業務の自動化を「誰でも簡単」に「短い時間」で実現できるように工夫されています。そのため、プログラムを組んでシステム化するよりも、ずっと楽に「業務の自動化」が実現できます。

 

no-img2
Shio
RPAツールが使いやすいと注目される理由として、以下3つの特徴があります。

 

  1. プログラムを組んだりシステム化しなくても業務の自動化ができる
  2. 既存のシステムやドキュメントに手を加える必要がない
  3. 現場の人(業務担当者)が自動化の仕組みを作れる

 

それぞれ順番に解説していきます。

 

【特徴①】プログラムを組んだりシステム化しなくても業務の自動化ができる

RPAツールの特徴の1つ目は、プログラムを組むスキルや専門的な知識がなくても、誰でも簡単に業務の自動化ができることです。

 

no-img2
Shio
製品ごとに操作方法に多少の差はありますが、どの製品も簡単な操作で、「フローの作成」と「処理の自動化」ができるようになっています。

 

ユーザーの画面操作を記録することも可能!

例えば、RPAツールの便利な機能のひとつに「ユーザーの画面操作を記録する」機能があります。

 

これは、「ユーザーがパソコン上のアプリケーションを動かす手順をRPAツールで記録しておくことで、同じ操作を再現させる」という機能です。

 

no-img2
Shio
録画みたいな機能ですね。

 

この機能で記録しておけば、「処理の手順」がRPAツール内で「アクションリスト」として保存されます。これを実行させることで、誰でも簡単に「業務の自動化」ができます。

 

no-img2
Shio
単純な作業の自動化ならすぐに実現できるので、プログラムを組んだりシステム化をするよりも簡単に、業務の自動化ができます。

 

【特徴②】既存のシステムやドキュメントに手を加える必要がない

RPAツールの特徴の2つ目は、「いま使っているシステムやドキュメント資料をそのまま利用して、業務の自動化ができる」ことです。

 

no-img2
Shio
新しいシステムを導入する時によくある話なのですが、「既存の他のシステムに手を加えたり、特殊な設定をしないと動かない」という状況になることはしばしばあります。

 

しかし、RPAツールなら「既存のプログラムやシステム、ドキュメント資料に手を加える必要もなく、そのまま使用できるので導入がしやすい」というメリットがあります。

 

RPAのロボットがシステムの処理を代行してくれる

もし一からプログラムを組んだりシステム化をする場合には、APIと呼ばれる特殊なインタフェースを使って機能を新しく実装したり、設定を考え直したりといろいろな手間がかかります。

 

一方、RPAツールは「あなたが普段やっているのと同じパソコン操作を代行するだけ」なので、いまあるシステムや資料を改修したり、特殊な設定をしなくてもすぐに利用できるのが良

いところです。

 

no-img2
Shio
システムの機能やドキュメントを見直す必要もなく、「いまある資源をそのまま活用できる」ので、さまざまな業務の効率化に効果を発揮します!

 

③現場の人(業務担当者)が自動化の仕組みを作れる

RPAツールの特徴の3つ目は、実際に業務を担当している「現場の人が自動化の仕組みを作れる」ところです。

 

no-img2
Shio
一般的に、新しいシステムを導入する時には「システム管理部門」が主体となり、機能の選別をします。

 

「システム管理部門」が主導になるとメジャーな処理を優先的に選ぶ傾向にあるので、現場のニーズにそぐわない機能になってしまうことも少なくありません。

 

no-img2
Shio
しかし、RPAツールなら現場の人が主導になって業務改善ができます。

 

 

RPAツールは現場のユーザーが気軽に試せる!

RPAツールは「誰でも操作がしやすい」ので、パソコンに詳しくない現場のユーザーでも気軽に試すことができます。

 

のため、現場のユーザーが主導になった業務プロセスの自動化と改善ができます。

 

時間もコストもあまりかけずに試せるので、従来とくらべて「処理の自動化」のハードルを大幅に下げることができるのも良いところです。

 

まとめ

以上、今回はRPAツールの解説と、導入目的と効果、プログラムとの違いといった内容についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

このツールをうまく活用すれば、定型的な業務を自動化して、作業時間・コストを大幅に削減することも可能です。

 

あなたもこの機会に定型業務の見直しと、RPAツールを使った自動化を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

【分かりそうで分からないを解消】知識なしから分かるIT業界の基礎知識
この記事では、分かりそうで分からない「IT業界の基礎知識」を解説しています。あなたは「IT業界」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?「何となくイメージできるけど、具体的にどんな業界か分からない」という人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、知識なしの人でも分かるようにIT業界の基礎を簡単に解説しています。

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

IT業界の基礎知識
スポンサーリンク
IT業界アンテナ
タイトルとURLをコピーしました