【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【プログラミングの2大種類】「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」の特徴

青色に光るパソコンのキーボード プログラミング言語
スポンサーリンク

こんにちは!
システムエンジニアのShioです。

 

プログラミングの初学者にありがちなのが、「種類が多くてどれを選べば良いか分からない・・・」という悩みですよね。

 

プログラミング言語はいろいろな種類があるので、何を勉強すべきか悩むところですが。

「処理の仕組み」という点で見ると、実は2種類に大別されるのはご存知でしょうか?

 

2つの特徴を把握しておけば、プログラミング言語を選ぶ時にも役立ちます。

 

ということで今回は、「プログラミング言語」の2大種類である、「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」の特徴についてご紹介します

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

エンジニア歴は10年以上です。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

 

スポンサーリンク

「プログラミング言語」の2つの種類

プログラミングを勉強する時のお約束といってもいいのが、

・「Javaは処理が速いからおすすめ。」
・「PHPは簡単に記述できるからおすすめ。」

といったアドバイスです。

 

はじめてプログラミングを勉強する人は、「言語ごとに処理スピードが違うの?」と思うかもしれませんが、こういった違いは、使用する言語の「処理方式の違い」から来ています。

 

no-img2
Shio
「処理方式」によって、プログラミング言語にどんな違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」

「プログラミング言語」には、JavaやPHP、C言語などたくさんの種類がありますが、「処理方式の違い」という意味では、実はたった2つの種類に大別できます

 

その2つの種類というのが、「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」です。

  1. 「スクリプト言語」
  2. 「コンパイラ言語」

 

この2つの言語の違いは、「コンピューターがプログラムを処理するタイミング」にあります。

違いは「コンパイル」のタイミング

プログラムは、人間からコンピューターへの指示を記述したもので、コンピューターがプログラムを実行する時には、「コンパイル」という処理を行います。

「コンパイル」とは、人間が書いたプログラムを「機械語」と呼ばれる「コンピューターが解釈して実行できるコード」に変換して処理することです。

 

「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」は、プログラムを「コンパイル」するタイミングに大きな違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

①「スクリプト言語」とは?

「スクリプト言語」は、プログラムを1行ずつ読み込んで「機械語」に変換して処理するタイプの言語です。

「スクリプト言語」の特徴は、「コンパイラ言語」と比べて単純な構文でプログラムが書けることで、比較的短い記述量でプログラムを組む事ができます。

 

「スクリプト言語」の代表的なものには、

  • JavaScript
  • Python
  • PHP
  • Ruby

などがあります。

 

no-img2
Shio
プログラムの構文が簡単なので、はじめてプログラミング言語を勉強する人にはおすすめの言語です。

 

メリット

「スクリプト言語」のメリットは、

  • 構文が単純なので、比較的簡単にマスターできる
  • 少ない記述量でプログラムが組め、開発スピードが速い
  • コンパイルが不要なので、すぐに実行できる

といったものがあります。

デメリット

一方のデメリットは、

  • プログラムの実行速度が遅い
  • 大規模なシステムや、複雑な処理の開発には向かない
  • コンパイルしないので、スペルミスの事前チェックができない

といったものがあります。

②「コンパイラ言語」とは?

「コンパイラ言語」とは、「プログラミング言語」で記述されたソースコードを、「コンパイルで機械語に変換してから実行」するタイプの言語です。

「コンパイラ言語」の特徴は、事前にコンパイル処理を行うのでプログラムの処理速度が速いところです。

 

「コンパイラ言語」の代表的なものには、

  • Java
  • C#
  • C言語

などがあります。

 

no-img2
Shio
処理速度が速く、複雑な処理に向いているので、大規模なシステム開発におすすめの言語です。

 

メリット

「コンパイラ言語」のメリットは、

  • 事前にコンパイルするので、実行速度が速い
  • 複雑な処理や大規模開発に向いている
  • コンパイル時にスペルミスの事前チェックができる

といったものがあります。

デメリット

「コンパイラ言語」のデメリットは、

  • プログラム改修のたびにコンパイルが必要
  • 構文が複雑なので、プログラムの記述量が多くなる

といったものがあります。

「まとめ:進みたい業界、作りたいサービスに合った言語を選ぼう」

以上、今回は「プログラミング言語」の2つの種類、「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」についてご紹介しました。

 

「スクリプト言語」と「コンパイラ言語」の特徴をざっくりまとめると、

  1. 「スクリプト言語」は、簡単にプログラムが組めるが、処理スピードが遅い。
  2. 「コンパイラ言語」は、処理スピードは速いが、開発に手間がかかる。

という感じです。

 

たまにSNSなどで「どのプログラミング言語がいいのか?」という議論を見かけますが、利用目的、進みたい業界、作りたいサービスによって、言語ごとに向き不向きがあります。

 

プログラミング言語を選ぶときには、自分が働きたい業界、作りたいシステムがどんなものかをしっかりイメージして、条件に合った言語を選ぶようにしましょう。

 

no-img2
Shio
以下の記事では、「世界で人気のプログラミング言語」をご紹介しています。

「どんな言語が人気なのか知りたい方」や、「言語選びでお悩みの方」は参考にしてみてください。

 

 

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

プログラミング言語
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました