【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「退職前」と「退職後」のどちらにすべき?転職活動のタイミングについて

ノートを見て悩む女性 転職時の注意ポイント
スポンサーリンク

ITエンジニアになる覚悟を決めて、実際に転職活動を始める際に悩む事の一つに「転職活動のタイミング」という問題があります。

特に、アラサー世代の方は現在の職場で主戦力として活躍している方も多く、仕事の片手間で転職活動が出来るのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

現役で働いている方が、「退職前」と「退職後」のどちらのタイミングで転職活動を行うべきか悩むのは当然の事です。

今回は、そんなみなさんの悩みを解消するために「転職活動を行うべきタイミング」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

転職活動は「退職前」と「退職後」のどちらにするべきか?

転職活動を行うスタイルは人それぞれあるはずですが、転職活動を行うにあたり「退職前」と「退職後」のどちらで転職活動を行うべきか迷う方も多いと思います。

みなさんが置かれている環境はそれぞれ異なるため、一概にどちらが正解と言うのは難しいことです。

しかし一般的には、「現在の仕事を継続したまま」の方が精神的に余裕を保ったまま活動を行う事が出来ると言われています。

その理由としては、転職活動が完了する前に仕事を辞めてしまうと、自由な時間が増える半面、毎月の給料が無くなってしまうため、転職活動が長期化した場合には、「生活に支障が出たり、焦りに繋がってしまう」ケースが増えてくるからです。

しかし、転職活動を「退職前」に行う場合も、「退職後」に行う場合にも、それぞれのメリットとデメリットがあります。

自分に適したベストな転職タイミングを選ぶためには、「退職前」と「退職後」に転職を行う際の双方の特徴についてよく理解をしておく必要があります。

ここからは、「退職前」と「退職後」のそれぞれのタイミングで転職活動を行うメリットとデメリットについてご紹介してきます。

 

「退職前」と「退職後」の転職のメリットとデメリット

それでは、転職活動を行うタイミングによって、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まず「退職前」に活動を行うメリットとしては「資金面の不安を抱くことなく転職活動ができる」ことが挙げられます。

通常は、転職活動で新しい仕事を見つける間にも、日々の生活費を捻出しなければなりません。

もし転職活動時に仕事を辞めて無職になってしまうと、生活費の維持や転職活動の費用は、あらかじめ用意しておいた貯金から切り崩して捻出する事になります。

その際に、金銭的な体力がなくなってしまうと、上手く転職活動が行えなかったり、場合によっては転職活動を中断せざるを得なくなる場合もあるかもしれません。

「退職前」に転職活動を行う場合には、これまでと同じように固定収入が期待できる事から、金銭面の不安を感じることなく転職活動を行う事が出来ます。

反対に、「退職前」に転職活動を行うデメリットとしては、「これまで通りに日常業務を回す必要があるため、転職活動に割ける時間が少ない」事や、「ダラダラと転職活動を続けてしまい、本腰を入れづらい」という点が挙げられます。

もう一つの「退職後」に転職活動を行うメリットとしては、「退職により時間的な余裕が出来るため、転職活動に集中できる」ことや「自己分析や業界研究などに時間が割ける」ことが挙げられます。

仕事を辞める場合には、通常のサラリーマンと比較して「時間的な余裕が出来る」ため、働きながら転職活動を行う場合と比べて準備に多くの時間を割けるようになるのがポイントです。

一方、「退職後」に転職を行う際のデメリットには、「収入が無くなってしまうために生活面で支障が生じてしまう」ことや、「金銭面の心配から、転職時に焦りが出てしまう」ことなどが挙げられます。

 

■「退職前」と「退職後」のメリットデメリット

転職パターン メリット デメリット
退職前に活動 ・資金面の不安を抱くことなく転職活動ができる。

・金銭的な体力があるため、妥協せずに企業選びの時間が掛けられる。

・日常業務があるため、転職活動の時間が少ない。

・日々の生活に変化がない為、本腰が入れづらくなる。

退職後に活動 ・時間的な余裕から、集中して転職が行える。

・自己分析や企業分析など、事前準備に多くの時間が割ける。

・時間に融通が利くため、より多くの企業に応募できる。

・収入が一時的に無くなるため、短期間で転職出来ないと生活面に支障が生じる。

・思いがけず転職活動が長期化した場合、焦りに繋がってしまいがち。

・長期化した場合、企業からの印象が悪くなり選考で不利となる場合がある。

・焦りが出た結果、勢いで転職先を決めてしまう場合がある。

 

「自分に適したタイミング」を選択するのがポイント

このように、「退職前」と「退職後」の両方のケースで一長一短があるため、どちらのタイミングを選択するべきか悩む方も多いと思います。

しかし、転職のタイミングを検討する上で最も重要なのは、「どちらのタイミングがより自分に適しているか」についてしっかりと考える事です。

転職活動を行う際には、ついつい周りの人の意見を聞いてしまったり、流されてしまいがちです。

しかし、転職活動を成功させるためには「自分の金銭面の貯えがどの程度あるのか」、「どのくらいの期間で転職が出来そうか」をしっかりと吟味して、自分にとってベストな転職活動のタイミングを決めることが重要となってきます。

仕事を継続しながらの転職活動は時間の融通が利かないイメージを持たれる方が多く、仕事を辞めてからでないと転職活動が行えないと考える方も居ると思います。

しかし意外な事に、近年の転職では「退職前」に転職活動を行うケースが増えており、働きながらでもある程度の余裕を持って転職活動が行えている人が多いようです。

働きながらでもある程度の余裕を持って転職が出来る理由としては、転職先の企業側が面接時間を夜の時間帯に設定してくれたり、土曜日に対応してくれるケースも少なくないためです。

これは、企業側も貴重な人材を確保するために、調整できる部分は協力的に動いてくれる場合が殆どだからです。

十分な蓄えがあるなら話は別ですが、金銭的な余裕が無くなってくると焦りに繋がりやすくなります。

どっしりと構えて余裕を持って転職先を決めるためにも、働きながら転職活動を行った方が追いこまれることなくマイペースに作業が行えます。

もしどのタイミングにしようか悩んでいる方は、「退職前」に転職活動を行うのがおすすめです。

 

まとめ

今回は、「退職前」と「退職後」に転職活動を行うメリットとデメリットについてご紹介しました。

これまでご紹介した通り、転職活動を行う際には、自分の貯蓄の状況やどのくらいのスピード感で転職が行えそうなのかを吟味して「自分に適したタイミング」を選択する事が重要となります。

効率的な転職タイミングを選択するためにも、「退職前の転職」と「退職後の転職」のメリットとデメリットについてよく検討し、自分とってベストな転職のタイミングを選ぶように心掛けましょう。

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

転職時の注意ポイント
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました