【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「Step1:計画の作成」のポイントについて

サラリーマンの手の上の時計 「事前準備期間」のスケジュールと対策
スポンサーリンク

転職活動の「事前準期間」の最初の入り口となるのが、各作業のスケジュールを作成する「Step1:計画の作成」です。

転職活動を行う際には、この段階ではっきりと自分の目標を明確にして、自己分析の時間や情報収集などの転職活動に必要な時間を正確に設定できるかが、転職の成否を分ける勝負のポイントとなります。

今回は、転職活動の「計画の立案」時にどのような点に注意すべきかご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

転職計画立案のポイント

転職活動のスケジュールを立案する際には、今後に必要な作業と、それぞれの作業で必要な期間を具体的に把握できているかが重要なポイントとなります。

ここからは、転職活動のスケジュールを作成する際に検討するべき事や盛り込むべきポイントについてご紹介していきます。

 

転職活動で必要な各工程について

転職活動で必要となる工程には、主に「計画の立案」、「自己分析」、「情報収集」、「応募資料の作成」、「エントリー」、「面接」、「転職活動から内定」、「退社と入社手続き」の8つの工程が存在します。

転職活動時の際に意外と忘れがちなのが、内定通知を貰った後の手続きや期間についてのスケジュール確認です。この部分をないがしろにすると、転職活動のスタートを切る際にもたついてしまう事になってしまいます。

円満な転職が行えるように、内定をもらってから退職するまでに何をする必要があるのか、ざっくりとでも良いので事前に把握しておくことが重要になります。

転職活動の計画を立てる際には、各工程でどのような作業が必要となり、どの部分に力を注ぐべきかをしっかりと考えてスケジュールを作成する必要があります。

実際に転職活動を始めた後で後悔する事が無いように、事前に各工程について吟味しておくように心掛けましょう。

 

■「Step1:計画の作成」のイメージ図

転職活動のStep1:計画の作成イメージ図

 

転職活動の期間について

転職活動のスケジュールを立案する際に、注意しておくべき事の2つ目に、転職活動は短期間での勝負になるというポイントが挙げられます。

転職者の受け入れを行う企業は、常に現場で即戦力となる人材を求めています。

そのため、転職活動時で採用された場合には、短期間での入社が求められることになります。

一般的に、内定の通知を受けてから1~3か月程度の間に入社をするケースが多いため、内定を保留にするのは難しい事を知っておきましょう。

このような転職活動時の採用の特性から、転職を希望する企業への応募は時期を集中させて短期的に望むのが最も効率が良くなります。

このため、転職活動を行う際には、転職のゴールとなる時期を見定めて、3か月~6か月程度の期間でスケジュールを組むようにするのが理想的です。

転職スケジュールを立案する際の目安として、自分の理想とする条件やスキルが明確に見えている場合には3か月程度の期間で短期集中型の転職活動を行うのがおススメです。

一方で、自分のスキルや市場価値について考えてみて、自己研鑽が必要だと思った場合には、前半部分の自己分析の期間やスキルアップの期間をしっかりと取った6ヶ月程度の転職期間を設定するように心掛けましょう。

また、転職活動は思いもよらない事が起こり、スケジュールどおりに行かないのが基本です。

スケジュールを組む際には、期間を多めに確保して、余裕のあるスケジュール作成を目指し、必要に応じてスケジュールは修正していくようにしましょう。

 

資金計画の考慮について

転職活動の計画立案時に見落としがちなのが、「資金計画」を考慮に入れたスケジュールを組むということです。

転職活動を行う際には、各種書類の準備や交通費、宿泊費用など、転職先の立地や条件によって、活動に必要となる予算を考慮に入れておく必要があります。

時間面で万全なスケジュールが組めていたとしても、予算的に折り合いのつかない作業計画を立ててしまってはせっかくの転職活動で万全の動きが出来なくなってしまいます。

そのため、転職活動を始める際には、事前に何にどのくらいのお金が掛かるのか、自分にとって許容できる金額は幾らなのかといった予算情報を把握しておきましょう。

スケジュールを組む際に最低限考慮に入れておくべき出費の情報としては、転職先への交通費や、履歴書や写真などの提出書類、提出資料を送る為の送料、遠方へ出向く際の宿泊費用や食費などが主なものとして挙げられます。

また、もしも会社を事前に退職している場合には、これらの費用とは別に普段の生活費もあわせて支払う事になります。

満足のいく転職活動を完遂する為にも、転職活動の活動資金と生活費用を十分に賄えるだけの資金計画をしっかりと作っておく必要があります。

このように、転職活動を行うにはそれなりの出費が必要となる事をよく理解したうえで、費用面を考慮にいれた計画を立てるように気を付けましょう。

 

■スケジュールに盛り込むべき予算の情報

・提出書類、履歴書、写真代

・各種エントリー資料提出時の送料

・転職先訪問時の交通費

・遠征時の食費

・宿泊費用

・退職している場合は、転職成功までの生活費

 

まとめ

今回は、転職活動の最初の工程となる、「Step1:計画の作成」についてご紹介しました。

転職活動を成功に導くためには、適切な期間で適切な作業が行えるかカギとなります。

作業スケジュールに漏れがあったために慌ててしまうなどというのは、非常に勿体がない事です。

悔いのない転職活動が行えるように、事前に出来る計画と準備は怠らないように心掛けて行動しましょう。

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

「事前準備期間」のスケジュールと対策
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました