【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「システム開発系」エンジニアの4つの職種

ソフトウェア開発のイメージ ITエンジニアについて
スポンサーリンク

みなさんは、「システム開発」と聞くとどんな仕事内容を思い浮かべるでしょうか?

世の中にはたくさんのシステムが普及していますが、これらのシステムは開発業務を得意とするエンジニアの手によって生み出されています。

今回は、多くのエンジニアの職種の中でも、ソフトウェアなどの開発業務をメインで行う、「システム開発系」のエンジニアについてご紹介します。

スポンサーリンク

「システム開発系」エンジニアとは?

「システム開発系」のエンジニアは、システムの設計から開発、リリースまでの開発業務に従事するエンジニアを指します。

コンピューターのシステムには、電子機器本体の動作を制御するための「組込みシステム」や、コンピューターのOS上で動作して処理を行う「アプリケーションシステム」などの「ソフトウェア」の大まかな2つの種類が存在し、これらのシステムはエンジニアの手によって開発されます。

世の中では、色々な種類のシステムが利用されていますが、「どんな業界」の「何を目的とした」システムかによって、エンジニアに求められるスキルや開発手法、業務内容は異なってきます。

「システム開発系」のエンジニアは、顧客側からのさまざまな要望事項をまとめて機能として実装し、顧客の満足する製品を提供する「開発のスペシャリスト」と呼べる存在です。

「システム開発系」の4つの職種

一言で「システム開発」と言っても、システムの開発をはじめてから製品が完成するまでには、たくさんの作業工程があります。

例えば、顧客の要望を整理して、実現可否の検討や精査を行う「要件定義」。
求められた機能について、実現方法を検討してソフトウェアの仕様書を作成する「設計工程」。
仕様書の内容を高い技術で実現し、プログラムを組み上げる「開発工程」。
そして、開発したソフトウェアの品質を保証するために、様々なケースを想定した動作確認を行う「テスト工程」など、システムの開発を行う際には、様々な作業工程を経てソフトウェアが完成していきます。

これらの作業は「プロジェクト」と呼ばれるチームで分担して作業を行い、それぞれのエンジニアの仕事内容は、担当する工程やポジションによって大きく異なります。

ここからは、ソフトウェアの開発業務で活躍するエンジニアの中から、代表的な4つの職種についてご紹介していきます。

プログラマー

ノートパソコンに表示されているプログラミング言語

プログラマーは、コンピューターに計算などの処理を行わせるための指示内容を記述した「プログラム」の開発を主な業務とするエンジニアです。

「プログラム」はコンピューターに指令を出すための「プログラミング言語」を用いて作成されます。

コンピューターの制御を行う「OS」や、特定の処理を行うために開発された「アプリケーションソフト」などの「ソフトウェア」は、複数の「プログラム」の集合体で構成されており、多くのプログラマーの尽力によって世の中のシステムが開発されています。

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書の記述に従ってプログラム開発を行い、設計書の要求通りの仕様でプログラムを完成させます。

プログラマーの業務は、システムエンジニアから提供された設計書を参照して開発作業から着手する場合が一般的です。
しかし、小規模なシステム開発を手掛ける際など、参加するプロジェクトの規模や状況によっては、設計書の作成からプログラムの動作テストまでの広範囲な業務を担当することもあります。

IT業界は技術進歩のスピードが速いため、プログラマーには新たなプログラミング言語や開発ツールに対応していける柔軟性や好奇心、向上心の強さが必要となります。

プログラマーは、自分の作ったプログラムを目の前で動かしてみることで、モノづくりの楽しさを肌で感じる事が出来るため、自分の作成したプログラムが世の中の役に立っている実感や、やりがいを感じる人におすすめの職種です。

エンデベッドエンジニア

パソコンの基盤

エンデベッドエンジニアは、電化製品本体の制御を行うプログラムを、ハードウェアに組み込む事を主な業務とするエンジニアです。

「エンデベッド」とは日本語で「組込み」という意味で、その名の通り制御プログラムを基板などの電子機器に組み込むことから、この名称で呼ばれています。

エンデベッドエンジニアは、仕様書の指示内容に従って、パソコンの電源ボタンなど、各種ハードウェアを操作した際の動作を制御する処理を実装します。

エンデベッドエンジニアは、ハードウェア本体の制御を行うソフトウェアを開発するという仕事の性質上、基板装置や電気に関する専門的な知識が必要な職種となっています。

また、プログラマーと同様に、一般的にはシステムエンジニアが作成した設計書に沿ってソフトウェアの開発を行いますが、手掛けるプロジェクトの規模によっては、設計書の作成や動作確認も合わせて実施することもあります。

システムを開発するという意味ではプログラマーに近い職種ですが、ハードウェアの動作をより直接的にコントロールする機能を実装するため、製造業に近い業務を行うのが特徴です。

地道な作業も多い職種ですが、自分の手で一つ一つ成果を積み重ねて行ったり、新たな製品を生み出していく事に興味がある人におすすめの職種です。

テストエンジニア

白いノートパソコンの上に置かれたチェックリスト

テストエンジニアは、プログラマーが開発したプログラムのテストや、品質向上を目的とした高度な製品テストの実施を主な業務とするエンジニアです。

世の中に流通しているソフトウェアや電子機器は実に多くのものが存在しています。

なかでも、医療機器や金融関連のシステムなど、重要な情報を管理するシステムの場合には、少しでも計算処理を誤ってしまったり、処理に不具合が生じた場合には、社会的な大問題につながる可能性があります。

このような事から、近年ではハードウェアやソフトウェアといった製品の高い品質を保つことが重要なポイントとなっています。

品質の保証を行うためには、テスト専用のチームを設けてテスト項目のチェックを行い、バグと呼ばれる不良の摘出を実施して製品の品質向上を図ります。

小規模なプロジェクトの場合は、プログラムの作成からテスト工程までをプログラマーが一貫して担当する場合がありますが、大規模システムや処理の正確性が求められるシステムの場合には、テストエンジニアで構成されたテスト専門のチームが編成されます。

テストエンジニアがテスト工程を担当する事で、プログラマーが開発作業に注力できるため、開発チームの生産性向上やミスの低減が図れ、不良の摘出効率も向上するため、製品の品質を高く引き上げる事が出来ます。

システムエンジニア

黒板に書かれたアイデアを指さすビジネスマン

システムエンジニア(SE)は、顧客の要望を聞いてシステム化の要件整理を行い、要望に応じたシステムの設計書を作成して具体的にどのような方法や技術で要望を実現するのか、開発方法を決定する事を主な業務とするエンジニアです。

一言でシステムエンジニアといっても、システムエンジニアの担当する業務内容に明確な定義はなく、会社によって担当する業務範囲が異なる場合が多くあります。

システムエンジニアは、プロジェクトの要件定義段階から導入完了までの全工程で幅広い業務を担当し、設計を行うだけでなく、開発作業の進捗管理や開発されたプログラムのテストや導入作業、導入後のアフターフォローなど、システムに関わる総合的なサポートを担当する事が一般的です。

プログラマーに指示を行う設計書を作成するためには、高いプログラミングの知識と顧客先の業務の知識が必要となります。

大規模なシステムの場合には設計書を作成して以降はプログラマーが開発を行う場合が殆どですが、小規模プロジェクトなどの場合には、システムエンジニアが自らプログラム開発を行う場合もあります。

また、プログラムなどの技術に関する知識はもちろんの事、顧客先での打ち合わせや要望事項の分析などを行う場合も多く、技術力と問題の発見力、分析力、解決力、コミュニケーション力など総合的な能力が求められる職種です。

プログラムの開発だけでなく、大きなプロジェクトに総合的に携わりたい方にはお勧めの職種です。

まとめ

今回は、「システム開発系」のエンジニアの4つの職種についてご紹介しました。

ソフトウェア開発を行うには、効率を求めたロジカルな思考だけでなく、顧客の漠然とした要望やイメージを適切に読み取って、仕様に落とし込む柔軟性が求められます。

誰かのイメージを形にしたり、細部にこだわったモノづくりに興味がある方は、ぜひ挑戦してはいかがでしょうか?

 

未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

ITエンジニアについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました