【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【IT業界のエンジニアの種類】「システム開発系エンジニア」の4つの種類と仕事内容【現役SEが解説】

ソフトウェア開発のイメージ ITエンジニアについて
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは、「IT業界のシステム開発系エンジニアの種類と仕事内容」についてです。
 

この記事では、

  • 「IT業界のシステム開発をするエンジニアの種類には、どんなものがあるの?」
     
  • 「システム開発系エンジニアの仕事内容は、職種ごとにどんな違いがあるの?」

といった疑問にお答えしています。

 

あなたは、「システム開発」と聞くと、どんな仕事内容を思い浮かべますか?

 

世の中には、たくさんのシステムが動いていますが、これらのシステムは「システム開発」を得意とするエンジニアの手で生み出されています。

 

今回は、たくさんあるエンジニアの職種の中でも、「システム開発を得意とするエンジニアに具体的にどんな種類があり、どんな仕事内容なのか」といった、「システム開発系エンジニア」についてご紹介していきます。

 

この記事の概要

この記事の概要は、以下のとおりです。

 

・対象読者:「IT業界のシステム開発系エンジニア」に興味がある人

 

・この記事を読むと:「システム開発系エンジニアの4つの種類・仕事内容」が分かる

 

 

no-img2
Shio
現役SEの僕が、「システム開発系エンジニア」の4つの種類・仕事内容をご紹介します。

 

IT業界・エンジニアの仕事に興味がある人は、参考にどうぞ。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。
(エンジニア歴は10年以上)

 

・主な開発スキルは、Java、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

・経験した業務は、企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

 

no-img2
Shio
文系からITエンジニアになって苦労したことから、「未経験の人にも分かりやすい解説」を心がけています。

 

スポンサーリンク

【IT業界のエンジニアの種類】「システム開発系エンジニア」の4つの種類と仕事内容【現役SEが解説】

Appleのデスクトップパソコンが置かれた作業机

 

それでは、「システム開発系エンジニア」の4つの種類と仕事内容について、ご紹介していきましょう。

 

具体的な職種の説明をする前に、まずはじめに、「システム開発系エンジニアがどんなエンジニアなのか?」ということから説明していきます。

 

「システム開発系エンジニア」とは?

それでは、「システム開発系エンジニア」とは、いったい何をするエンジニアなのでしょうか?

 

「コンピューターシステム」には、電子機器本体の動きを制御する「組込みシステム」というものと、コンピューターのOS上で動作する「ソフトウェア」の、大きく2つの種類が存在します。

 

no-img2
Shio
「システム開発系エンジニア」は、こういったシステムの設計から開発・リリースといった、「システム開発に必要な一連の作業」を、主な仕事内容とするエンジニアのことです。

 

世の中では色々な種類のシステムが利用されていますが、「どんな業界の、何を目的としたシステムか」によって、エンジニアに求められるスキルや開発手法、業務内容は異なってきます。

 

「システム開発系エンジニア」は、顧客からの様々な要望をまとめて機能として実装し、顧客の満足するサービスを提供する「開発のスペシャリスト」と呼べる存在です。

 

「システム開発系エンジニア」の4つの種類と仕事内容

ノートパソコンに向かってプログラミングをする人

 

では、「システム開発系エンジニア」には、どんな種類があり、仕事内容はどういったことをしているのでしょうか?

 

ひとことで「システム開発」と言っても、システムの開発をするためには、製品が完成するまでにたくさんの工程があります。

 

例えば、

  • 顧客の要望を整理して、実現可否の検討・精査を行う「要件定義」。

  • 求められた機能について、実現方法を検討してソフトウェアの仕様書を作成する「設計工程」。

  • 仕様書の内容を高い技術で実装し、プログラムを組み上げる「開発工程」。

  • 開発したソフトウェアの品質を保証するために、様々なケースを想定した動作確認を行う「テスト工程」。

 

などの工程があります。

 

IT業界では、「プロジェクト」という単位で仕事を管理し、集まったチームメンバーで作業を分担して仕事を進めます。

 

そして、それぞれのエンジニアの仕事内容は、エンジニアの種類や、担当する工程によって大きく異なります。

 

ここからは、「システム開発系エンジニア」の中でも、特に代表的な「4つの職種」と「仕事内容」をご紹介していきます。

 

no-img2
Shio
以下の4つの「エンジニアの種類・仕事内容」について、ご紹介します。

 

  1. プログラマー
  2. エンデベッドエンジニア
  3. テストエンジニア
  4. システムエンジニア

 

①「プログラマー」

ノートパソコンに表示されているプログラミング言語

 

「システム開発系エンジニア」の1つ目の種類は、プログラマーです。

 

プログラマーとは、コンピューターに「計算などの処理」を行わせるための指示内容を記述した「プログラムの開発」をするのが、主な仕事内容のエンジニアです。

 

「プログラムの開発」では、コンピューターに指令を出すための「プログラミング言語」という特殊な言語を用いて作成されます。

 

コンピューターの制御を行う「OS」や、特定の処理を行うために開発された「アプリケーションソフト」などの「ソフトウェア」は、複数の「プログラム」の集合体です。

 

そのため、世の中のシステムは、たくさんのプログラマーの尽力で開発されていることになります。

 

no-img2
Shio
プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に従って開発を行い、「設計書の仕様どおり」にプログラムを完成させます。

 

 

プログラマーの仕事は、システムエンジニアから提供された設計書を見ながら開発するのが一般的です。

 

しかし、小規模なシステム開発の場合など、参加するプロジェクトの規模や状況によっては、「設計書の作成」から「プログラムの開発」、「動作テスト」までの、広い範囲の仕事を担当することもあります。

 

IT業界は、技術進歩のスピードが速いのが特徴です。

 

プログラマーには、新たなプログラミング言語や開発ツールに対応していくための「柔軟性や好奇心」、「向上心の強さ」が必要となります。

 

プログラマーの仕事は、自分の作ったプログラムを目の前で動かしてみることで、「モノづくりの楽しさを肌で感じることができる」のが良いところです。

 

そのため、自分の作成したプログラムが世の中の役に立っている実感や、やりがいを感じる人におすすめの仕事です。

 

②「エンデベッドエンジニア」

電子基板

 

「システム開発系エンジニア」の2つ目の種類は、エンデベッドエンジニアです。

 

エンデベッドエンジニアは、「電化製品本体を制御するプログラムを、ハードウェアに組み込む」ことを主な仕事内容とするエンジニアです。

 

「エンデベッド」とは、日本語で「組込み」という意味の言葉で、エンデベッドエンジニアは名前の通り、「組込みエンジニア」という意味になります。

 

「制御プログラムを基板などの電子機器に組み込む」ことから、この名前で呼ばれています。

 

エンデベッドエンジニアもプログラマーと同じように、仕様書の指示内容に従ってプログラムを組み込みます。

 

no-img2
Shio
例えば、「パソコンの電源ボタン」など、ハードウェアの動作を制御する処理を実装していきます。

 

エンデベッドエンジニアは、「ハードウェア本体の制御を行うソフトウェアを開発する」という仕事内容です。そのため、「基板装置や電気に関する専門的な知識」が必要な職種となっています。

 

エンデベッドエンジニアもプログラマーと同じく、「システムエンジニアが作成した設計書に沿って、ソフトウェアの開発を行う」のが一般的です。

 

しかし、手掛けるプロジェクトの規模によっては、「設計書の作成」から「動作確認」までの、広い範囲の仕事を担当することもあります。

 

「システムを開発する」という意味では、プログラマーに近い職種ですが、ハードウェアの動作をコントロールする機能を開発するため、どちらかというと製造業に近い仕事です。

 

エンデベッドエンジニアは、地道な作業も多い職種ですが、自分の手で一つ一つ成果を積み重ねて行ったり、新たな製品を生み出していく事に興味がある人におすすめの職種です。

 

③「テストエンジニア」

白いノートパソコンの上に置かれたチェックリスト

 

「システム開発系エンジニア」の3つ目の種類は、テストエンジニアです。

 

テストエンジニアは、「プログラマーが開発したプログラム」の「動作確認テスト」や、品質向上を目的とした「高度な製品テスト」を主な仕事とするエンジニアです。

 

世の中に流通しているシステムには、様々なものがあります。

 

なかでも、医療・金融関連のシステムなどの「重要な情報を管理するシステム」の場合、少しでも計算処理を誤ったり、処理に不具合が生じた場合には、社会的な大問題につながる可能性があります。

 

このような事から、ハードウェア・ソフトウェアの品質を高く保つことが、非常に重要になります。

 

システムの品質を高めるためには、「テスト専用のチーム」を設けてテスト項目のチェックを行い、バグと呼ばれる不良の摘出をすることが大切です。

 

小規模なプロジェクトの場合は、プログラムの作成からテスト工程までを一貫してプログラマーが担当する場合もありますが、「大規模システム」や「処理の正確性が求められるシステム」の場合には、テストエンジニアで構成された「テスト専門のチーム」が編成されます。

 

テストエンジニアが専任で「テスト工程」を担当する事で、「不良の摘出効率の向上」につながります。

 

また、プログラマーは開発作業に注力できるようになるので、「開発チームの生産性の向上」や「ミスの低減」が図れ、製品の品質を高く引き上げることができます。

 

④「システムエンジニア(SE)

黒板に書かれたアイデアを指さすビジネスマン

 

「システム開発系エンジニア」の4つ目の種類は、システムエンジニア(SE)です。

 

システムエンジニア(SE)は、顧客要望を聞いて「システム化の要件整理」を行ったり具体的にどのような技術・方法で要望を実現するか検討して「システムの設計書」を作成をしたり、顧客先への「システムの導入や、導入後の保守サポート」をするのが、主な仕事内容です。

 

システムエンジニアは、プロジェクトの「要件定義」から「導入完了・保守作業」までの全工程にかけて、幅広い業務を担当します。

 

no-img2
Shio
プログラマーに指示を出すための「設計書」を作成するためには、高い「プログラミングの知識」と、「顧客先の業務知識」が必要となります。

 

「大規模なシステム開発」の場合には、設計書を作成して以降はプログラマーが開発を行う場合がほとんどですが、「小規模プロジェクト」の場合には、システムエンジニアが自らプログラム開発を行う場合もあります。

 

no-img2
Shio
ひとことでシステムエンジニアといっても、担当する仕事内容に明確な定義はありません。

そのため、「所属する会社によって、システムエンジニアが担当する仕事内容が異なる」というケースが多いです。

 

例えば、「システム設計書の作成」作業以外にも、「チーム内の開発作業の進捗管理」や、「開発されたプログラムのテスト」、顧客先への「システム導入作業」、「導入後のアフターフォロー」など、システムの導入・保守作業に関わる「総合的なサポート」をするのが一般的です。

 

プログラムなどの「技術に関する知識」が必要なのはもちろん、顧客先での打ち合わせや、要望事項の整理・分析を行うことが多いです。

 

そのため、技術力だけでなく、問題の発見力、分析力、解決力、コミュニケーション力といった、「総合的な能力」が求められる仕事です。

 

プログラムの開発だけでなく、大きなプロジェクトに総合的に携わりたい方にはお勧めの職種です。

 

まとめ

以上、今回は「システム開発系のエンジニア」の4つの種類と仕事内容についてご紹介しました。

 

システム開発を行うには、効率を求めたロジカルな思考だけでなく、顧客の漠然とした要望やイメージを適切に読み取って、仕様に落とし込む柔軟性が求められます。

 

no-img2
Shio
顧客の要望をイメージ化して打合せをしたり、一からシステム開発に携われるのが、「システム開発系エンジニア」の面白いところです。

 

誰かのイメージを形にしたり、細部にこだわったモノづくりに興味がある方は、ぜひ挑戦してはいかがでしょうか?

 

IT業界のエンジニアの種類・仕事内容をわかりやすく紹介【現役SEが解説】
あなたは「IT業界のエンジニア」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?「プログラマー」や「システムエンジニア」といった名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的にどんな種類があり、仕事内容はどういったものがあるかご存知でしょうか?今回は、IT業界で活躍する「エンジニアの種類・仕事内容」について解説します。

 

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

ITエンジニアについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました