【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

「マネジメント/コンサル系」エンジニアの2つの職種

ペンを持って構える金髪のビジネスウーマン ITエンジニアについて
スポンサーリンク

エンジニアがプロジェクトを成功させるために求められるスキルのイメージとして、高度な言語知識や、開発技術をあげる方は少なくないでしょう。

一方で、チームの進捗管理や顧客との折衝をメインとするマネジメントスキルや、顧客の抱える問題整理とITソリューションの提案といったコンサルティングスキルも、プロジェクトを成功させるためには外せない要素の一つです。

今回は、顧客折衝やプロジェクトの管理といったマネジメント業務や、顧客が抱える問題や要望に対するコンサルティング業務を得意とする「マネジメント/コンサル系」のエンジニアについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「マネジメント/コンサル系」エンジニアとは?

顧客要望をまとめて新たなシステムを導入する際には、単に流行の技術を用いたり最新のIT機器を設置するだけでは、十分な対応を取ったことにはなりません。

顧客に満足してもらえる最適なITソリューションの提案/システムの導入を行うためには、顧客が抱える問題点や要望、予算、スケジュール調整など、顧客を取り巻く環境や情報の整理と、顧客との調整が必要不可欠です。

「マネジメント/コンサル系」エンジニアは、顧客からの情報を整理して要件をまとめあげ、現実的に実現可能な具体的なITソリューションの提案や、仕様調整などの顧客折衝、プロジェクト全体の管理といった、プロジェクト全体の方針決定や管理を行うエンジニアのことです。

「マネジメント/コンサル系」エンジニアの2つの職種

顧客へのITソリューションやシステム化の提案を行う場合には、顧客が業務上で抱えている問題点や、システム化をする上でこだわりたいポイントの整理、その為に投資できる予算や期間の把握と調整など、様々な要素について検討する必要があります。

また、システム開発を行うためのプロジェクト管理についても、システム化に必須となる「顧客先の業務要件の分析」や、社内のプロジェクトを動かすのに必要な「体制の準備」と「予算建て」を行い、無理のない「スケジュールの立案」をする必要が出てきます。

「マネジメント/コンサル系」エンジニアは、このような要望事項や問題点の整理、調整を一手に引き受け、プロジェクト全体を成功に導くことをメインの業務としています。

ここからは、開発プロジェクトの全体管理や、顧客先業務の効率化、コンサルティングを主な業務とする「マネジメント/コンサル系」エンジニアの代表的な2つの職種についてご紹介します。

プロジェクトマネージャー

打合せスペースで打合せをする4人の社会人

プロジェクトマネージャーは、顧客との折衝や開発プロジェクトの全体管理を行い、プロジェクトが効率的に進行するようにマネージメントを行うことを主な業務とするエンジニアです。

プロジェクトマネージャーは開発チームの最上位の権限を持ち、進捗管理や問題分析など、責任者としてプロジェクトの全体管理を行います。

顧客との打ち合わせからシステム化要件の整理を行い、プロジェクト達成までの成果物の設定とスケジュールの立案、成果物の納品までの総合的な管理を行うことで、プロジェクトを成功に導くのがメインの仕事となります。

この仕事では、顧客先との調整を行うだけでなく、社内メンバーや関係各社との間に立って各種調整も担当し、一般的には、システムエンジニアとしての経験を積んだ後に、プロジェクトマネージャーとして活躍するケースが多くなっています。

プロジェクトの全工程を総合的にマネージメントするため、非常に責任が重いポジションですが、無事にプロジェクトを完了した際に得られる達成感も非常に大きいものがあります。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体の進捗管理やチームメンバーを纏めて一丸となって成功に導き、1つの物事をやり遂げる事にやりがいを感じる方におすすめの職種です。

ITコンサルタント

テーブルの上に置いてあるノートパソコンと資料に印刷されたグラフ

ITコンサルタントは、顧客先の抱える問題に対して、IT技術に特化したコンサルティングを行うことを主な業務とするエンジニアです。

この仕事では、顧客組織が抱えている問題を分析し、高度なIT技術の知識や経験を元にして明確な解決案を提示することが求められます。

一般的に、顧客はIT機器やコンサル技法に精通していない人が多いため、漠然とした顧客先の問題を数値分析してグラフなどに視覚化し、具体的な対策案と数値目標を立案して対策を行います。

通常のエンジニアは、顧客要望を整理してあるべき「製品像」を描いて、システムの開発や導入方針を考えるのに対して、ITコンサルタントの場合には、顧客の要望を元に、顧客ビジネス全体や、組織としてのあるべき姿を分析し、組織としての目標改善に必要となるシステム化方針を提案するのが主な仕事となります。

コンサルティングを請け負う際には、経営陣からは経営戦略や経営課題を聞くと共に、現場の従業員からは業務フローなどの詳細な情報を聞き取り、組織全体の実態を把握したうえで計画を立案して行きます。

この仕事は、顧客先の経営陣の目線に立って戦略を練る必要があるため、高い論理的思考力と提案力が求められます。

ITコンサルタントは、顧客が抱えている問題の根本的な原因はどこなのか、効率的な解決を行うにはどうすれば良いのかといった分析を行う事が多いため、問題の分析や効率化を得意とする人にお勧めの職種です。

まとめ

今回は、IT業界の「マネジメント/コンサル系」エンジニアの代表的な職種についてご紹介しました。

「マネジメント/コンサル系」エンジニアは、プログラミングを初めとした直接的な開発業務を担当する事はほとんどありませんが、プロジェクト全体の旗振りや顧客要望を受けた企画を担当するため、最新の技術や開発手法に精通した幅広い知識が必要となります。

また、プロジェクト全体の方向性の決定や、成否を分けるような大きな判断を行う機会も多いので、非常にやりがいのある仕事です。

IT業界の新技術を用いたソリューションに関する提案や、プロジェクト全体のかじ取りなど、大きな舞台で活躍したい方は、「マネジメント/コンサル系」エンジニアを目指してみるのも良いかもしれません。

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

【IT業界/未経験者向け】おすすめのエージェント3選
パソナキャリア

株式会社パソナが運営する「総合型の人材紹介サービス」。

これまでの支援実績は25万人、取引実績は16,000社にのぼる、転職エージェントの大手です。

IT/モノづくり関連のエンジニアや、営業向けの求人を多数取り扱っており、IT業界への転職サポートを強みのひとつとしています。

コンサルタントの親身なサポートに定評があり、「転職希望者」と「採用した企業」の利用満足度が高いため、IT業界が未経験の方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント

「マイナビグループ」が運営する、大手の転職支援サービス。

保有する案件のうち、「IT/通信系」の求人が全体の3割以上を占めており、IT業界への転職を希望する方にはおすすめです。

特に、「首都圏エリア」と「20代~30代向け」の求人を多く扱っているため、首都圏エリアへの転職と、第二新卒やアラサー世代の「若手向けのサポート」を得意としています。

ワークポート

東京/大阪を中心にサービスを行う総合型の転職エージェント。

総合型のエージェントですが、創業からの10年間は「IT業界専門」のエージェントとしてサービスを行ってきた実績から、IT業界への転職サポートを特に得意としています。

保有求人の8割がIT業界の案件で、求人紹介のスピードも速いため「短期間で多くの求人を紹介してもらいたい」方にはおすすめです。

「未経験者専用の支援サービス」や、完全無料で受講できる「初心者向けのプログラミングスクール」を開催しており、はじめてIT業界に転職される方への手厚いサポートも魅力のひとつです。

ITエンジニアについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました