【最適なエージェントが分かる!】「エージェント診断」実施中

プログラマーとシステムエンジニアの違いって何?【仕事内容と平均年収を解説】

ペンを持って構える金髪のビジネスウーマン ITエンジニアについて
スポンサーリンク

こんにちは!
システムエンジニアのShioです。

 

あなたは「プログラマー」と「システムエンジニア」の違いって何か、知っていますか?

 

最近は「プログラミングを勉強して、エンジニアを目指してます!」という人をよく見かけますが、「実はプログラマーとシステムエンジニアの違いが分からない・・・」って人も、意外と多いと思います。

 

そこで今回は、仕事内容や平均年収など、「プログラマー」と「システムエンジニア」にどんな違いがあるのかご紹介します。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

エンジニア歴は10年以上。主な開発スキルはJava、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

 

スポンサーリンク

「プログラマー」と「システムエンジニア」って、何が違うの?

青色に光るパソコンのキーボード

それでは、「プログラマー」と「システムエンジニア」の違いについて見ていきましょう!

「プログラマー」と「システムエンジニア」は、どちらもシステム開発に携わる仕事ですが、どういった違いがあるのでしょうか?

 

no-img2
Shio

「どっちも似た仕事じゃないの?」という人もいそうですが。

わざわざ違う職種で呼び分けているので、仕事内容にも違いがあるはずですよね?

 

違いを知るために、まずは「プログラマー」と「システムエンジニア」がどんな仕事なのか、確認していきましょう

 

①「プログラマー」とは?

パソコンを操作する女性

まずは「プログラマー」について説明していきましょう。

「プログラマー」とは、「プログラミング言語」を使ってコンピューターに指示を与える「プログラム」を作る人のことです。

 

「プログラマー」は「システムエンジニア」から提供された設計書をもとにして、「プログラム」の作成と動作テストを行います。

 

「システムの規模」によって、役割が変わることも

システムの設計書は、中規模以上のシステムでは「システムエンジニア」が作成するのが一般的です。

ただし、小規模なシステムの場合には、「システムエンジニア」と役割を分けずに「プログラマー」が設計書を作るケースもあります。

 

システムの規模以外にも、業界や会社などで「プログラマー」の役割が違ったりもするのですが・・・。

基本的に「プログラマー」=「プログラムを作る人」と覚えておきましょう。

 

no-img2
Shio

「プログラマー」は、開発現場で実際に「プログラムを作る」人です。

社内での開発作業がメインなので、クライアント先に出向く機会は少ないです。

 

②「システムエンジニア」とは?

チームで打合せしながらパソコン作業をする人たち

続いて、「システムエンジニア」についてご紹介します。

「システムエンジニア」は、クライアントの要望に対して、要件定義から導入後のサポートまで、総合的に担当する技術者のことです。

 

「システムエンジニア」の仕事は、以下2つの時期で内容が変わります。

  1. 「システム開発時」
  2. 「システム導入後」

 

①「システム開発時」の役割

「システム開発時」には、クライアントの要望からシステム設計書を作り、「プログラマー」への指示と、開発作業の進捗管理を行います。

 

「プログラム」が完成すると、それぞれの「プログラマー」が作った複数の「プログラム」を組み合わせて、システム全体が正しく動作するかテストし、クライアント先に導入します。

②「システム導入後」の役割

「システム導入後」には、システムの稼働状況を確認し、ソフトウェアやハードウェアを含めた「システム全体の保守作業」を行います。

 

改善すべきところが見つかった場合には、プログラムの修正やリリースを行い、システムが安定して稼働できるように努めます。

 

no-img2
Shio

「システムエンジニア」は、システム開発から導入後のサポートに至るまで、幅広い業務を担当します。

「プログラマー」と比べると、社外を出歩く機会が多い職種です。

 

クライアントとの打合せに加えて、システム化に向けた情報収集や実地調査、データ分析が必要なケースもあります。

このため、「システムの知識」だけでなく「クライアント側の業務知識」も求められる職種です。

 

 

※エンジニアの職種に興味のある人は、以下の記事がおすすめです。

あわせて読みたい

 

おすすめ【業務内容別】ITエンジニアの5つの職種パターン

 

 

 

大きな違いは、「業務範囲の広さ」と「平均年収」

POINTと書かれた紙を指さす矢印マーク

「プログラマー」と「システムエンジニア」の仕事は説明できたので、続いては2つの職種の「具体的な違い」について解説していきましょう。

 

大きな違いは、以下の2つです。

  1. 「業務範囲の広さ」
  2. 「平均年収」

 

それでは、順番に解説していきます。

①「業務範囲の広さ」の違い

「プログラマー」と「システムエンジニア」の違いの1つ目は、「業務範囲の広さ」です。

 

先ほど仕事内容を説明したので分かった方も多いと思いますが。

2つの職種を比べると、「システムエンジニア」の方が「広い範囲の業務を担当している」ことが分かります。

 

例えば、システムの開発から保守までは、以下のような流れで作業が進みます。

※実際はもっと細かい工程に分けられますが、説明のためにざっくり分けています。

  • 要件定義
  • システム設計
  • システム開発
  • 動作テスト
  • 導入
  • 稼働維持・保守・機能改善など

 

これらのうち、「プログラマー」は「システム開発」と「動作テスト」の2つを担当しますが、「システムエンジニア」はすべての工程を一貫して担当します。

 

no-img2
Shio

「システムエンジニア」は、上流工程からプロジェクトに関わってシステム化を担当する、「プログラマー」の「上位職」です。

 

要件定義やシステム設計などの上流工程は、プログラミングのスキルに加えて、業務知識も必要になります。

 

そのため、「プログラマー」として数年の開発経験を積んでから、「システムエンジニア」にキャリアアップするのが一般的です。

 

 

②「平均年収」の違い

「プログラマー」と「システムエンジニア」の違いの2つ目は、「平均年収」です。

 

IT業界に限った話ではないですが、コンサルティング業務などの上流工程の作業ほど、給料が高くなる傾向があります。

「システムエンジニア」は要件定義などの上流工程を担当し、さらに稼働後の保守作業など、広い範囲の作業をカバーすることからも、「平均年収」は「プログラマー」よりも高くなっています。

 

no-img2
Shio
政府統計データの「賃金構造基本統計調査」によると。

「システムエンジニア」の「平均年収」は、「プログラマー」よりも「100万円以上も高い」・・・という結果が出ています。

同じエンジニアですが、大きな差があるみたいですね。

 
 
 
※ちなみに、「プログラマー」と「システムエンジニア」の「平均年収」については、下の記事でもっと細かく解説しています
 
①他の職種と比べた「年収額ランキング」
②「プログラマー」の年代ごとの「年収額」
③「システムエンジニア」の年代ごとの「年収額」
 
の3つのテーマで記事を書いているので、興味のある方はご参考にどうぞ。
 

 

まとめ

以上、今回は「プログラマー」と「システムエンジニア」の違いについてご紹介しました。

 

いろいろと説明しましたが、

 

  • 「プログラム開発」に特化したのが「プログラマー」

  • 業務経験を積んで「より広範囲な業務ができる」のが「システムエンジニア」

と覚えてもらえれば良いかと思います。

 

no-img2
Shio
何か特殊なジャンルの開発スキルがあったり、フリーランスとして独立すれば、「プログラマー」でも高い年収が実現できるかもしれませんが・・・。

「企業勤めのエンジニア」という意味では、「システムエンジニア」の方が年収が高くなっています。

そんな訳で、「将来エンジニアに転職して稼ぎたい!」という人は、「システムエンジニア」を目指すのが良いのかなと思います。

 
未経験からエンジニアを目指すなら!
「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

ITエンジニアについて
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました