【クリックだけで簡単!】「転職エージェント診断」

【AIとRPAの違いって何?】メリットと関係性、将来性を解説

パソコンに向かって作業をするロボット 最新の技術動向について
スポンサーリンク

こんにちは!

システムエンジニアのShioです。

 

no-img2
Shio
今回のテーマは、「AIとRPAの違い(それぞれのメリットや関係性、将来性)」についてです。

 

この記事では、

  • 「AIとRPAって、何が違うの?」
  • 「AIとRPAには、どんな特徴やメリットがあるの?」

といった疑問にお答えしています。

 

あなたは、「AI」や「RPAツール」といった言葉を聞いたことがありますか?

 

最近は「業務の効率化」を進める企業も増えているので、名前を知っている方も多いと思います。

 

僕もエンジニアとして働いているので、「AI」や「RPA」についてご紹介することも多いのですが、最近はユーザー側から「RPAって何なの? AIと同じものなの?」といった質問を受けることが増えてきました。

 

そこで今回は、「AIとRPAの違い」について解説していきます。

 

この記事の概要

この記事の概要は、以下のとおりです。

 

・対象読者:「AIとRPAの違い」について知りたい人

 

・この記事を読むと:「AI・RPAの違いとメリット」、「2つのソフトの関係性・将来の展望」が分かる

 

「AIとRPAの違いやメリット」、「2つのソフトの関係・将来性」を押さえておけば、最新のITニュースも理解できるようになります。

 

また、仕事で急に必要になった場合でも、あなたに最適なソフトウェアを選べるようになるので、知っておいて損はありません。

 

「AIとRPAの違い」について興味がある人は、参考にどうぞ。

 

この記事を書いた人

Shioのプロフィール画像

 

東京のIT企業でシステムエンジニアをしています。

エンジニア歴は10年以上。

 

・主な開発スキルはJava、JavaScript、HTML、CSS、COBOL、SQLなど。

 

・経験した業務は企画、設計、開発、導入、保守、ヘルプデスク、研修講師(プログラミング研修、システム操作研修)など。

 

文系からITエンジニアになって苦労したことから、未経験の人にも分かりやすい解説を心がけています。

 

 

スポンサーリンク

【AIとRPAの違いって何?】メリットと関係性、将来性を解説

Appleのデスクトップパソコンが置かれた作業机

まずはじめに、「AI」と「RPA」がどういうものなのか、それぞれの「言葉の意味」から確認していきましょう。

 

「AI(人工知能)」とは?

まずは「AI(人工知能)」から、言葉の意味を確認していきましょう。

 

「AI(人工知能)」というのは、英語の「Artificial Intelligence(アーティフィシャル・インテリジェンス)」という言葉の略称です。

 

英語名の頭文字2つを取って「AI」と呼ばれています。

 

「Artificial(人工的な)」と「Intelligence(知能・知性)」という意味の英語をつなげて、そのまま「人工知能」という意味になります。

 

no-img2
Shio
「AI(人工知能)」をひとことで表現すると、「人間の知能を、コンピューターで疑似的に再現した技術」のことを言います。
 

 

「RPA」とは?

それでは続いて、「RPA」についても確認していきましょう。

 

「RPA」の正式な名前は、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」といいます。

 

「RPA」という呼び名も、正式名称の頭文字3つから取られていて、これを日本語に訳すと、「ロボットによる処理の自動化」という意味になります。

 

no-img2
Shio
「RPA」ツールとは、言葉の意味のとおり「人の手でやっていた業務処理をロボットに任せて自動化する」ためのツールになります。

 

スポンサーリンク

 

「AI」と「RPA」って、何が違うの?

 

それでは続いて、この記事の本題となる「AIとRPAの違い」について説明していきましょう。

 

「AI」と「RPA」は同じものだと勘違いしている人はけっこういるようで、「どこが違うか、いまいち分からないんだけど・・・」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

no-img2
Shio
僕がエンジニアとして仕事をしている時にも、ユーザーの方から「AIとRPAって何が違うの?」と質問をされることがあります。

 

「AI」も「RPA」も「処理の自動化」をしてくれるソフトウェアです。そのため、IT技術に詳しくない人には、ほとんど同じものに見えてしまってるのかもしれませんが、「AIとRPAは違うもの」です。

 

この2つの違いを理解するには、それぞれのソフトウェアの特徴・メリットを知るのが一番です。

 

「AI(人工知能)」の特徴・メリット

机に向かって勉強する人工知能のイラスト

 

まずは「AI(人工知能)」の特徴・メリットを確認していきましょう。

 

先ほど、「AI(人工知能)」というのは「人間の知能をコンピューターで疑似的に再現した技術」とご紹介しましたが、「AIを使った自動化の特徴」は、「自己学習と自己判断」をしてくれることです。

 

no-img2
Shio
「AI(人工知能)」の最大のメリットは、「人間が指示を出さなくても処理の効率化ができる」ことです。

 

「AI(人工知能)」は、過去の処理内容を元に、より最適なパターンを学習・自己判断してくれます。

 

そのため、「単純処理をするソフトウェア」と比べて、より人間的で高度な処理が可能となっています。

 

「RPA」の特徴・メリット

RPAのイメージ(コンピューターを使うロボットのイラスト )

続いて、「RPA」の特徴・メリットをご紹介します。

 

先ほど「RPA」は「ロボットによる処理の自動化」を意味する言葉だとご紹介しましたが、このソフトウェアは、データ入力のような「定型業務の自動化」を行うのが特徴です。

 

no-img2
Shio
「自動化」と言われると、何でもできるような印象をうけてしまいがちですが、「RPA」が得意なのは、あらかじめルールが決まった「単純な反復作業」になります。

 

「RPA」の最大のメリットは、「簡単な定型業務」や「大量データの処理」、「反復作業」といった、「単純作業を自動化できる」ところです。

 

「RPA」で実行できる処理はシンプルなものだけなので、操作手順や入力ルールなどはあらかじめ人間が設定しておく必要がありますが、うまく活用することで業務上の様々な処理を自動化できます。

 

no-img2
Shio

「RPA」の導入を検討している方は、業務の自動化についていろいろと期待されていると思いますが、以下のようなことを事前に整理しておく必要があるので、注意が必要です。

  • 対象とする業務の選定
  • 業務内の自動化の適用範囲
  • 処理パターン
  • 利用データのパターン

 

 

※「RPAツール」の特徴やメリットなどは、以下の記事で詳しく解説しています。

 

関連記事【RPAツールって何?】意味やメリットなど、基礎知識を解説!

 

 

「AIとRPAの違い」は「自己学習・自己判断」の機能

マルとバツのふだを持つ女性

「AI」も「RPA」も「処理の自動化」をしてくれるソフトウェアですが、この2つの違いは、「自己学習」&「自己判断」の機能にあります。

 

  • AI=「自己学習」と「自己判断」をともなった処理の自動化ができる
  • RPA=「単純な処理」のみ自動化ができる

 

no-img2
Shio
「AI」は「自己学習・自己判断をともなった自動化ができるのに対して、「RPA」は「単純処理に特化した自動化ができる」という違いがあります。

つまり、「AIを使った自動化の方が、より高度な処理ができる」ということです。

 

「AI」は「人工知能」と呼ばれるだけあって、「RPA」よりも高度で人間的な動きができます。

 

たまに「RPAツールを導入すれば、何もしなくても勝手にやってくれるんでしょ?」と聞かれることがありますが、こういったイメージは、「AI(人工知能)」の方に当てはまります。

 

no-img2
Shio
「RPA」を「AI」と同じものだと勘違いしていると、「RPA」を導入した後で「想像していたものと違った!」とがっかりすることになるので、注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「AI」と「RPA」の関係・将来性

人工知能のイメージ

ここまでに、「AIとRPAの違い」についてご紹介してきましたが、2つのソフトウェアの違いが理解ができたところで、それぞれのソフトウェアの関係や、将来性についても少し解説しておきます。

 

「AI」と「RPA」の関係(連携して活用する事例もある)

「AIとRPAは違うソフト」とご紹介をしましたが、「この2つのソフトウェアは全く関係がないのか?」と聞かれると、そうでもありません。

 

no-img2
Shio
この2つのソフトウェアを「連携して活用する事例」も出てきています。

 

例えば、「手書きの文字や、印刷された文字をスキャナなどで自動読み取りする」「OCR(光学的文字認識)」という技術があります。

 

この「OCR(光学的文字認識)」の技術に「AIの技術による自動判別」と「RPAを使った定型業務の自動化」を組み合わせることで、「手作業で行っていた伝票入力作業・窓口の受付業務などを自動化する」といった試みが行われています。

 

no-img2
Shio
「AI」と「RPA」の技術を組み合わせることで、「これまで人間が行っていた様々な作業の自動化が進む」と期待が持たれています。

 

「AI」と「RPA」の将来性

「精度の高い自動化」という意味で「AI」に期待する人は多いです。

 

しかし、現在も様々な企業・研究機関で、開発や実験を繰り返している状況のため、「AI」が一般に普及するにはまだもう少し時間が必要となりそうです。

 

そのため、これからしばらくの間は、「単純作業の自動化」で業務負担を減らせる「RPAを主体とした自動化サービス」が展開されていくと考えられます。

 

特に、先ほどご紹介した「AI」と「RPA」を組み合わせた、より高度な自動化ソリューションに期待が持たれています。

 

no-img2
Shio
最近では「RPA」の有名ソフトに「AI」との連携機能が設けられたりと、「AI」と「RPA」を組み合わせたサービスが使いやすくなってきています。

 

こういった背景から、「AI」と「RPA」を活用した「自動化サービスの需要」は、今後も拡大していくと考えられます。

 

no-img2
Shio
「伝票の仕分け作業」や「窓口業務」、「メールの問い合せ対応」といった定型業務の大半は、将来的に「AI」と「RPA」の技術で自動化できるかもしれませんね。

 

 

まとめ

以上、今回は「AIとRPAの違い」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

「AI」=「RPA」みたいなイメージを持っている人がけっこういるみたいですが、「RPA」は「定型業務」「大量データ」「反復処理」といった、「単純作業の自動化」を得意としたツールということを覚えておきましょう!

 

no-img2
Shio

「RPA」とは、「単純な反復作業を、人間の代わりにやってくれるソフトウェア(業務のサポートツール)」くらいの位置づけで考えておくと良いかもしれないですね。

 

未経験からエンジニアを目指すなら!

「GEEK JOB」は、20代、第二新卒向けのプログラミングスクールです。

「プログラミングの勉強」だけでなく「転職サポート」もついているので、未経験からのキャリアチェンジでも安心のスクールです。

「エンジニアとしての就業」を目標としたサポートが充実しており、特に、20代を対象とした「無料サポート」が最大の魅力になっています。

文系、未経験からエンジニアを目指す方に、おすすめのスクールです。

\「無料体験・説明会」の詳細はこちら/

 

「GEEK JOB」の無料体験・説明会

 

IT業界の最新トレンドを学ぶならこの1冊!

「ITナビゲーター」は、IT業界の最新トレンドや技術について解説した書籍です。

IT業界の最新技術の詳細な解説とあわせて、業界内のトレンドや今後の展望といった情報を、実データの分析を含めて解説しています。

「IT業界の最新技術や用語に関する教科書」とも呼べる1冊で、IT業界の最新情報を学びたい方におすすめです。

最新の技術動向について
スポンサーリンク
アラサーのためのITエンジニア転職ネット
タイトルとURLをコピーしました